有名な木村氏の自然農法によりバクテリアが放射線物質を食べてくれています。自然とはなんと素晴らしいのでしょうか。神が与えてくれた自然を大切にすることで人類は救われるのです。宇宙=自然。自然の原理に逆らわない生き方をすることで放射能も無能化できるかもしれません。日本がこのように放射能汚染の被害に遭っているということは、日本は放射能汚染を解決する役割があるのかもしれませんね。
光軍の戦士たちさんのサイトから:
http://ameblo.jp/64152966/entry-11405502782.html
(転載)

福島の放射能を食べる奇跡のバクテリアの正体が判明!

木村農法による田んぼとおコメ~1ベクレルも検出されず

郡山市の日干しダイコンが1キロ3421ベクレルと

放射能を食べるバクテリア

http://ameblo.jp/64152966/entry-11398435583.html


一部引用

奇跡のりんごで知られる木村秋則氏。彼の木村農法で育てられた

りんごは、切っておいても 色も変わらずなんとよい香りを残したまま 

くさることもなくドライフルーツの様になっていくまさに「奇跡のりんご」

である。
そして、今回フクシマのこの木村農法・自然栽培の「 田んぼ 」で

なぞの おどろくべき現象が、報告されている



「百姓が地球を救う」 詳細









この木村氏の著書によると

自然栽培の木村農法で育てられた米に関して「同位体研究所で

福島と宮城の自然栽培米を分析したところ、

1ベクレルも 検出されなかったのです。(0以上1ベクレル未満)」

と書かれている。さらには、「 特に福島県産のお米は1メートル離れた 

あぜみちで高い数値がでていたにもかかわらずわたしが 

指導する 田んぼ では検出されませんでした。」とまで書いてある! 
これには 驚き! である。木村氏の自然栽培の田んぼからは、

放射線 が検出されないとのことである!
これは「奇跡」といえる出来事である。どうでしょうか?

木村氏はこの原因は はっきりとは解らないが、

一般の 田んぼ よりも 何倍も 多く住む バクテリア が 関係している 

かもと話している。とにもかくにも この様な 奇跡的な出来事が、

フクシマ の 田んぼで実際に起きていると言うのである。

http://blogs.yahoo.co.jp/gogotamae2004/36881339.html  ~より


東電でも、原子力保安院でも、大学の研究室でも、どこでもいいから
放射能を分解するバクテリアを、しらみつぶしに探して
汚染地帯にばらまいてくれたら・・・と、願います