前回の総選挙では、国会議員の中に帰化人が多く入り込んでいることを国民の殆どが知らなかったのではないでしょうか。この3年間で、帰化人の情報がネットで出回り、大分、周知されているように思われます。
以下が帰化人国会議員(元国会議員も含む)のリストです。ただリストに入っていない帰化人国会議員が他にもいると思います。これまで国会では多くの帰化人議員が日本人に成り済まして売国法案を作成し日本の国民をだましてきました。彼等は日本や日本の国民のために働いていません。このような反日帰化人に国政を任すと、国民は虐げられ国は反日の在日外国人(帰化人)に乗っ取られます。国会議員になった帰化人の多くは、祖国や日本国内の在日同胞の利益と権利のために活動をしています。今度こそ、売国帰化人の国会議員を確認した上で、だれに投票するかを考えた方がよいと思います。地元選挙区の立候補者をネットで調べると帰化人かどうかが分るかもしれません。

参考サイト
http://ochimusya.at.webry.info/201205/article_2.html
(帰化人の国会議員或いは元国会議員)
小沢一郎(実父が済州島出身、実母は在日朝鮮人)、
菅直人(実母が済州島出身)

土井たか子(本名・李高順)、千葉景子、近藤昭一。

野田総理(在日3世)、岩國哲人、土肥隆一、金田誠一、岡崎トミ子、
簗瀬進、山下八洲夫、中川正春、横路孝弘、
神本美恵子、鉢呂吉雄、今野東、松野信夫、平岡秀夫、
赤松広隆、小宮山洋子、
鳩山由紀夫(実父威一朗が結婚前に韓国人に生ませた子、妻の幸は在日韓国人)、
横光克彦、松岡徹、水岡俊一、群和子、犬塚直史、
佐藤泰介、谷博之、藤田幸久、増子輝彦、江田五月、
高木義明、中嶋良充、円より子、中村哲治、藤谷光信、
室井邦彦、横峯良郎、白真勲、奥村展三、
小沢鋭仁、川端達夫、佐々木隆博、末松義規、
西村智奈美、細川律夫、家西悟、小川敏夫、津田弥太郎、
ツルネン・マルティ、那谷屋正義、内藤正光、福山哲郎、
峰崎直樹、郡司彰、小川勝也諸氏ら五十六人。
蓮舫

福島瑞穂(本名・趙春花、昭和六十一年二月十五日帰化)
辻元清美、保坂展人、
照屋寛徳、日森文尋、近藤正道、又市征治。

東順治、上田勇。

山崎拓、河野太郎、加藤紘一、衛藤征士郎、
河村建夫、中川秀直、犬村秀章、野田毅、
太田誠一、二階俊博、大野功統、馳浩。

追記:自民党の公約が出ましたが、まあ、常識的なのではないでしょうか。TPPと原発も間違いのない判断を!
ただ消費税は上げるべきではありませんね。消費税を上げて上手く行った国など全くありません。
早速、マスコミは安倍総裁の経済政策批判を始めました。マスコミは安倍総裁の言葉を歪曲的に解説して批判しており、それを知らずに観ている視聴者は既にマスコミに洗脳されています。ただ、金利上昇だけは頂けませんが。
ただ、世界の支配者イルミを潰さない限り、日本の政治も誰がリーダーになっても操られてしまうだけです。その繰り返しです。日本はこれからは対外的に非常にシタタカにならないと生き残れません。
呆れるのは、あの民主党が盛んに自民党の日銀政策を批判しています。安住とかいうおバカ大臣には二度とテレビに出てもらいたくないですね。野田とかいう、ずる賢い総理も売国しかできないくせに何を批判しているのですかね。自分がやった唯一のGood Job!は解散宣言じゃないですか。