いよいよイタリア、シシリアのエトナ山が噴火開始しました。そのうち大爆発が起こる可能性があると言われています。高さが3300mもある火山が大噴火をすれば周辺への影響は相当なものになるでしょう。2010年にアイスランドの火山が噴火したことで、1週間以上、飛行機が飛べなくなりました。
エトナ山が噴火すると、連動して富士山が噴火しないことを祈るのみです。
http://theextinctionprotocol.wordpress.com/
(ビデオ)
2月20日付け:

19日の早朝にイタリアのエトナ山が溶岩を吐き出し、星に届くほどのガスを噴き出しました。2013年になって最初の大規模噴火です。有名なシシリアの火山が夜間に炎を空高く噴き出しながら大噴火を開始しました。そのドラマチックな光景は以下のビデオでご覧いただけます。
エトナ山は世界で最も活発な火山の一つで、数週間前から突発的に噴火が起こっています。1月22日にエトナ山南東部に新しくできた火口から溶岩が流れ、強い閃光があったのを麓からもはっきりと確認できました。このような現象は大爆発の前兆であり、短時間で激しい噴火が起きると予想されます。長年にわたりエトナ山の活動を観測してきた専門家によれば、ほんの少しの変化が大規模な噴火に繋がる恐れがあるとしています。ヨーロッパで最も高い火山であるエトナ山は継続的にガスや溶岩を噴出させています。今年初めにエトナ山のブッカヌオヴヴァ火口も同じように噴火しました。エトナ山の激しい噴火の様子が宇宙からも捉えることができます。