日本のマスコミ(特にテレ朝)は、昼も夜も英王室の赤ちゃん誕生について派手に報道していました。ああまたか、と呆れるほどでした。これも支配者のプロパガンダの一環なのでしょうが。。。
と言うわけで、以下の記事で王族の秘密が暴かれています。以前にも英王室は元々の英国人ではなくユダヤ人(ロスチャイルド)にいつのまにか乗っ取られていることをこのブログでお伝えしていますが。。。今回もウィリアムとケイト夫妻からユダヤ人の血の濃い赤ちゃんが生まれることになりました。しかもロスチャイルドの一族です。
ヨーロッパの王室や貴族社会では案外、頻繁に妾や乳母やメイドに子供を産ませたり、代理母を利用したりしていたようです。まあ、日本の皇族や貴族社会も歴史的に同じようなことをやってきましたが。。。
そして、今回もケイト・ミドルトンさんは、代理母を利用して子供を産ませることにしたようです。つまり、数日前に生まれた赤ちゃんは本当の赤ちゃんではなく、2か月後に代理母から生まれる赤ちゃんが本当の赤ちゃんだそうです。2か月の違いなら、大衆を誤魔化せますね。何しろ、ケイトさんは、しばらくは赤ちゃんと共に実家にいるということですから、少なくとも2か月は赤ちゃんを公の場に披露せずに済むわけです。
そして、これはあくまでも私個人が感じたことですが。。。出産後に登場したケイトさんの姿を見て、ちょっと違和感を感じました。ケイトさんは出産後にも関わらず、非常にスリムな身体をしていました。しかし、下腹部だけが不自然に大きく妊娠6ヶ月くらいのお腹をしていました。通常、あのようなスリムな身体を維持していたなら、下腹部があのように大きいままであるワケがありません。子供を産むと同時に、下腹部もぺっちゃんこになっているはずです。これは出産経験者なら誰でもわかることです。
どうやら、ロスチャイルド家も英王族も、出産に関してまでも、大衆に嘘をつく人たちなのです。世界の富と権力を握った連中は、私達から隠れて何でも好きな事ができるのです。
<英王族もケイト・ミドルトンも、皆、ユダヤ人>
http://the-tap.blogspot.jp/2013/07/kates-fake-pregnancy-mums-word.html
(概要)
7月22日付け:
ケイト・ミドルトンもウィリアム王子も彼等の赤ちゃんも、皆、ユダヤ人です!!
ケイト・ミドルトンの赤ちゃんはユダヤ系の病院で生まれました。
この病院は、当時、非常に裕福なユダヤ人(ロンドンで最も有名なセファルディ一族)のフランク・チャールズ・リンドにちなんで名づけられました。ケイト・ミドルトンもセファルディー系ユダヤ人です。この病院は貧しいユダヤ人のために建設されました。1982年に、ウィリアム王子も同じ病院で生まれました。
メディアが彼等について大々的に報道しているのは、強制的にイギリスをユダヤ人の君主国にさせるためのプロパガンダの一環です。
そして、約500兆ドルもの世界の富を独占するロスチャイルド家の計画として、ウォール街の親族やパペットを使うことで、世界金融崩壊を企てています。その目的とは。。意図的に西洋諸国を永遠に不景気な状態にさせておいて、地上に世界統一通貨、世界統一銀行、新世界秩序(ニューワールド・オーダー)を創り出すことです。

英王室の内部告発者によると、移民で構成された精神的に不安定な英王族は英国民に対して何の信頼もしていません。彼等は常に、イギリスの移民や外国人、そして自分達の仲間である世界一裕福で権力のあるユダヤ一族に対してのみ親近感を持って接しているのです。エリザベス女王とエジンバラ公は、ユダヤ支配のニューワールドオーダーの実現を目指すユダヤ一族の地位が向上し、永遠に安泰となることを約束しています。つまり、その時、英王族はユダヤ一族となるのです。
なぜ、一般人のケイト・ミドルトンがウィリアム王子と結婚できたのかについて、多くの人々が不思議に思っているのは確かです。しかし、ユダヤ人が支配する主要メディアやユダヤ人社会は我々一般人から真実を隠し続けているのです。
ケイト・ミドルトンの母親の家系は、中流階級のセファルディー・ユダヤ人(純粋なイスラエルの子孫であり途中から改宗したアシュケナージではない。)の家系です。1656年に、彼女の先祖等は、フリーメーソンのオリバー・クロムウェルの援助によりイギリスに移住してきました。オリバー・クロムウェルは、ユダヤ人等をイギリスに移住させた見返りとして、ヨーロッパで最も資金力があったアムステルダムのユダヤ人銀行家の援助を受け、当時のイングランド王を追放したのです。
1290年に、エドワード1世はユダヤ人等を様々な罪でイギリスから追放していました。
(ユダヤ人は西暦240年以降、84ヶ国から109回も追放されています。)
ケイト・ミドルトンの母親の旧姓はゴールドスミス(ユダヤ人の名前)です。彼女の母方の先祖は皆ユダヤ人女性でした。ユダヤとしてのアイデンティティは母系で継承されます。
また、ユダヤ教の法則では、ダイアナ妃(ロスチャイルド系)の長男のウイリアム王子も正式にユダヤ人と見なされています。以下のサイトを参考。
http://endzog.wordpress.com/2012/04/16/the-great-kate-middleton-scam-shes-a-jew/

ダイアナは、実際は、ジェームス・ゴールドスミス卿(フランス系ロスチャイルド家)の娘です。彼は国民投票党のリーダーで、世界統一政府の敵対者でした。
ビクトリア女王は非嫡出子であり、ネウサン・メイヤー・ロスチャイルドの娘であったと伝えられています。エリザベス女王もエジンバラ公もどちらもビクトリア女王のひ孫です。

<ケイト・ミドルトンの妊娠は偽装?>
http://the-tap.blogspot.jp/2013/07/kates-fake-pregnancy-mums-word.html
(概要)
7月8日付け:
このウェブサイト(http://www.helpfreetheearth.com/)によると。。。
多くの芸能人がやっているように、ケイト・ミドルトンも同様に、つわり、体重増加、足首のむくみ、胸のふくらみ、膀胱の違和感、出産の苦痛、お腹に出来る妊娠線を嫌い、自分の子供を作るのに代理母を利用したのです。彼女は、ファッショナブルな王族のライフスタイルを維持するために身体の線を気にして体重増加を避けるために代理母出産を選んだのです。
また、ケイトは2012年12月3日~6日にかけてつわりの治療のために病院に入院しました。しかし、その時、メディアが伝えた通りの理由(つわりのため)で入院したのではなかったのです。つわりであれば、王室専用の医師団が容易につわりの症状を緩和できたはずです。彼女が入院した理由は、卵子抽出手術を行い、人工授精をするためだったのです。そしてケイトの卵子とウィリアムの精子の受精卵(胎芽)が彼等が雇った代理母の子宮に移植されました。
代理母を利用するというスキャンダルを隠ぺいするために、ケイトはシリコン製の妊婦腹(3ヶ月用、6ヶ月用、そして9か月用)をお腹に巻いていたのです。
また、ケイトが病院に入院していた時、その病院の看護師の自殺が報道されました。しかし実際は看護師は自殺ではなく殺害されたのです。彼女は、ケイトが妊娠していないこと知ったために狙われたのです。
妊娠の兆候?
妊娠後期とされる時期に撮られたケイトのハイヒール姿の写真を良く見ると、顔がむくんだり、胸が膨らんだり、足がむくんだりしている様子は一切ありません。彼女は以前と全く変わらず、とてもスリムであり、ハイヒールでも楽に立っていることができています。通常の場合、医師は妊婦に対して、妊娠中はバランスを崩しやすいのでハイヒールを履かないようにと忠告します。しかし、彼女は、お腹だけが非常に大きいだけでハイヒールを履いても何の問題もありません。
本物と偽物の出産予定日
もしケイトとウィリアムの赤ちゃんが、12月3日~6日にかけて行われた人工受精により代理母から生まれる赤ちゃんだとしたら。。。日にちが合いません。その場合は、出産予定日は9月初めになるはずです。ケイトがつわりの治療のために入院したと言われた時、ケイトは妊娠4週間~8週間だったようですから、そうすると、彼女の出産予定日は7月であることが分かります。しかし7月の出産は演出であり、本物の赤ちゃんが代理母から生まれるまでは、代わりの赤ちゃんが使われる可能性があります。