CIA極秘マニュアル
H・キース・メルトン
創元社
2013-08-08



これは、たぶん、約10年前のビデオだと思いますが、当時から、アメリカ当局による大量殺人計画、米国民奴隷化計画が、スケジュールの遅れはありますが、着々と進行していたということが分かります。
ネットで報道されている今のアメリカの状況を考えれば、アメリカも世界も、やはりどこか異常だということが分かります。
この秋にCIAを介して大量虐殺計画が実行されるのでしょうか。米国民は正念場を迎えています。政府や権力者に立ち向かえるのか、それとも、彼らの奴隷と化すのか。。。そして、アメリカがNWO共産主義独裁国家に変わり果ててしまうのでしょうか。
アメリカがそのような状態になってしまえば、日本も世界も大きな影響を受けます。対岸の火事では済まされません。
邪悪な連中による、様々なNWO計画が頓挫するように願っています。その第一歩は、米国民が団結して立ち上がることでしょう。
http://beforeitsnews.com/conspiracy-theories/2013/08/cia-to-murder-200-million-americans-the-elite-have-plans-for-martial-law-in-america-2453992.html
(概要)
8月26日付け:
CIA は2億人ものアメリカ人を殺害しようとしているのでしょうか。エリート集団(イルミナティ)は、アメリカに戒厳令を敷こうとしているのでしょうか。
米軍兵士の治療をしていたビル・ディーグル博士(テロ、原子物理学、化学、医学、生物学のエキスパート、そして医師)のインタビューで、CIAの驚くべき計画が明かされました。今後、CIAは、アメリカで2億人以上、そして全世界で20億人もの人々を殺害する予定だそうです。オバマ政権が米国民から銃を奪おうとしているのはそのためなのでしょうか。米国民から銃を奪うことで政府は米国民からの攻撃を避けることができるからです。
非公開のCIA内部資料にCIAの計画が記載されていますが、これはほんの一部でしかありません。 
しかし2008年にマイケル・ジャクソンは全資料のコピーを手渡されました。そして次のように発言しました。「彼らは我々がどうなってもかまわないのだ。」と。
その通りです。9.11の時のように偽旗攻撃やテロ攻撃が実際に行われています。9.11では世界貿易センターやツインタワーを破壊し、ペンタゴンを爆撃したのです。FEMAの職員がニューヨーク市に配置された後、9・11偽旗テロ攻撃が実際に起こされました。様々な証拠から、9・11が完全に米政府の犯行であることは大勢の人々が知っています。しかし全メディアは偽報道を世界中に流し、全世界の人々を騙したのです。
金融マフィア、軍産複合体の戦争屋、そして精神異常者らが、人々の自由を消滅させ、大金持ちのエリート集団が一般の貧困層(奴隷)を支配する世界を創造しようとしているのです。エリート集団と一般人の奴隷との間にいるのが、道徳心のある知識豊富な人々なのです。
ディーグル博士の証言(概要):
CIAは米空軍機を利用して大量の麻薬を密輸しています(ディーグル博士自身が目撃しました)。米空軍機はコロラド州のピーターソン空軍基地に麻薬を運びました。また、ディーグル博士の友人ら(諜報部員)の情報によると、さらに、フロリダや他の港を経由して大量の麻薬がアメリカに密輸されているそうです。
CIAはアメリカ国内に核爆弾を投下しようとしています。しかし実際に核爆弾で米国民を攻撃するには、最初に実戦配備の偽旗イベントを実行しなければなりません。そして、そのイベントを各メディアが大々的に報道するのです。
今後の計画として、2つの主なシナリオが描かれています。
1つは、これは私も証拠を握っていますが。。。鳥インフルエンザを大流行させるということです。彼らは鳥インフルエンザを生物兵器として意図的に開発しました。1997年3月19日に行われた秘密会議の議事録を入手しましたが、この資料はWHOからこっそり持ち出されたものです。
彼らは1918年当時のインフルエンザ・ウイルスの20倍から50倍も猛毒で死に至らしめるウイルスを開発していたのです。これは推測によるものではありません。1918年当時のウイルスのDNAを操作して作り上げた非常に危険なウイルスであることを証明することができます。もし彼らがこのウイルスを放ち、ジクロニアン12疫病を世界に流行させたなら、20億人が死ぬことになります。彼らはこれを2,3年後に実行しようとしています(このインタビューはたぶん2003年辺りに行っています)。
しかし最も懸念すべきことは、数か月後にCIAはアメリカ国内に核爆弾を投下するということです。内部情報によると、彼らはアメリカ国内の主要都市を爆破する体制が整ったとのことです。2001年3月1日に、私はFBI長官(=バイオテロリズムの責任者)と疫病対策について話し合いました。
彼らはスーパーコンピューターを使って腺ペストを流行させた場合のシミュレーションやテストを行いましたが失敗しました。
彼らはカイロからオクラホマシティに腺ペストウイルスを運び込み、どのくらいの数のアメリカ人を死に至らしめるかのシミュレーションを行いました。
また、ニューオーリンズの実験施設には門に鎖の鍵がかかっているだけの粗末な施設なため、だれでも容易に侵入できますが、そこには史上最悪で最も危険な疫病ウイルスが保管されています。そのことを知っているのはほんの一部の人間です。
この猛毒のウイルスが地域に放たれたとしたら、一般市民や政府関係者はどうなってしまうのかを知っておく必要があります。
猛毒のウイルスが米国内に放たれた後、全米に戒厳令が敷かれます。国内には既に民間防衛キャンプが用意されています。各キャンプは10万人以上を収容することができます。最も大きいキャンプは一度に250万人を収容することができます。私も実際にいくつかのキャンプを見に行きましたが、モンタナのキャンプは50万人を収容することができます。私がこれらのキャンプに最後に訪れたのは1983年7月でした。20年以上も前のことです。
なぜ米国民をそのようなキャンプに収容するかというと、彼らの最終目的は米国民をキャンプに集め、彼ら一人ひとりにICチップを埋め込み、完全に支配したいからです。大量の人々を一度に支配するために、地域のいたるところ(建物やドアにも)に監視カメラや携帯電話用の通信タワーを設置されており、人々を監視しています。
私は特権を利用して、コロラド州の米軍基地にあるスーパーコンピューターのデータベースを入手することができます。ホワイトハウスと、イングランドや日本、その他の国とは、サテライトを介して情報が全て筒抜けです。
最後に、ディーグル博士は、FBIや米軍内部にも良識のある人々がおり、このような支配層の計画を阻止しようとしていると言っています。しかし支配層の計画を阻止するには、知識豊かな多くの武装市民の協力が必要であると訴えています。その結果、1世紀にもわたり罪を逃れてきた本当の犯罪者集団を逮捕することができるのです。
アメリカの民主党も共和党もブッシュもみな消滅させなければなりません。