最近、Youtubeではすぐに観れなくなってしまうビデオが増えましたね。
権力者らに都合の悪いビデオや記事はすぐに削除されます。それは日本でも同じだと思いますが。。。特に先進国の中では、アメリカが酷いようです。オバマ政権の情報統制は共産主義国家としか言えないほど徹底しています。ビフォーイッツニュースサイトも頻繁に検閲されているようですが、それでも、新しい情報がどんどん紹介されています。たぶん、当局が検閲する以上に大勢の人々が真実の情報を盛んに流しているということなのでしょう。自由を失ったアメリカでも、まだ、ジャーナリズムが健在です。Youtubeでアカウントが無効になったり、すぐに削除されたり、視聴できなくなってしまったビデオこそ、本当のことを伝えているのだということが分かります。
http://beforeitsnews.com/alternative/2013/09/free-speech-dead-press-tvs-youtube-again-disabled-video-2765768.html
(概要)
9月17日付け:

オバマ政権は、自分たちがやっている犯罪や不正行為を隠蔽するために、暴露しようとしている人たちを徹底的に黙らせたいのです。オバマ政権下で、ネット情報の検閲が全面的に強化され、例えば、プレスTVのYoutubeアカウントが無効にされていました。
政治分野のサイトで人々が真実の情報を発信すると、情報を監視しているサイコパスの権力者たちにより徹底的に検閲され、彼らにとって都合の悪いYoutubeのビデオなどが無効にされ、何も発信できなくなります。今や人々はただ屋根の上から叫ばなければならなくなりました。これはオルターナティブ・チャンネルの言論の自由を侵害するものです。
プレスTVの責任者によると、彼らのYoutubeアカウントは7月25日以来、4度も(何の説明もなく)無効にされてしまったそうです。オバマ政権は国際規範の点でも、言論や表現の自由を完全に侵害しています。今回、プレスTVが狙われた背景には、イルミのシオニストらが、Youtubeなどのビデオサイト運営会社に対し、彼らの都合の悪いビデオをブロックするように命令しているからです。Youtubeアカウントが無効になってしまうと、新しいビデオがアップできなくなります。

ニューヨークタイムズ紙の記事には、プレスTVのビデオ投稿を阻止したのは、シオニストのプロパガンダ・グループによるものだと書かれています。 アメリカをシリア戦争に巻き込もうとしたのは、同じシオニスト・グループなのです。アメリカは長い間、シオニストらによって人質として囚われていました。
米国民の血税がイスラエルの権力者に渡り、その資金で無防備なパレスチナの子供たちを虐殺させているのです。。。。


追記:
アメリカでは、今度はFEMA専用バスまで登場しています。彼らの準備が着々と進んでいるようです。一体アメリカ政府は何を隠しているのでしょうか。FEMA収容所が全米に用意され、大量の棺や毛布の保管、食糧備蓄、大量の武器や銃弾などの調達。。。そして今度はFEMA専用バスです。これに乗せてFEMAキャンプに送ろうとしているのでしょうか。ただ、大災害の場合はバスですら道路を走る余裕もなくなるのでは?ということは偽旗攻撃が起こされるのでしょうか。
http://beforeitsnews.com/alternative/2013/09/loads-of-fema-buses-in-texas-2763646.html
(概要)
9月15日付け:Loads Of FEMA Buses In Texas?! What Are They Preparing For This Time?
GodlikeProductionsのサイトで今朝から以下の情報が拡散されています。
記事の投稿者は会議に出席するためにテキサス州アマリロに行ったようです。そこで彼が目撃したものは。。。駐車上に何台ものFEMA専用バスが駐車されていました。なぜ、こんなに多くのFEMA専用バスが準備されているのでしょうか。アイソン彗星の衝突による大災害の準備でしょうか。それとも、米政府は全米で停電に備えた災害訓練を行いますが、何等かの災害の準備でしょうか。テキサス州から核爆弾が持ち出されているのを知っている人はいないでしょう。FEMA専用のバスには側面に窓がありません。全部で6台の大きなバスを確認しました。


アメリカの東海岸エリアでは大規模な災害訓練が行われています。また、テキサス州から核爆弾が持ち出されています。
11月にはパワーグリッド訓練(大停電が起きた場合を想定して)も計画されています。またもや偽旗攻撃が起きるのでしょうか。国土安全保障省は、20億個もの銃弾を保管しています。