ロシアの科学者チームの発表によると、9月30日(ロシア時間)に前回、ロシアに落下し爆発した隕石と同じ大きさの隕石が地球に最接近し、ニアミスしたそうです。地上に落ちてこなくてよかったと思います。アイソン彗星も、今日か明日には火星を横切るそうです。ただ、アメリカで大量に目撃された火の玉が彗星の破片なのか、人工的に造られたプラズマ・オーブなのかは確認しようがありません。残念なことに、2人のアメリカ人が火の玉の落下で死亡したそうです。それにしても、地球の周辺も騒がしくなりました。人工的に創り出した火の玉或いは本当の火の玉や破片が落ちてきています。

ttp://en.rian.ru/science/20130930/183845808/Russian-Scientists-Report-Asteroid-Near-Miss.html
(概要)
9月30日付け:Russian Scientists Report Asteroid Near-Miss
Asteroid detected by Sternberg Astronomical Institute
© Photo Moscow State

・・・・・・・・・・・・・
さらに、アメリカのオハイオ州では火の玉が落下、爆発し、2人が犠牲となりました。
・・・・・・・・・・・・
さらには。。。

 (ビデオ 概要)

惑星Xの破片について:
惑星Xの位置は(0:20辺り~)、この通りです。
惑星Xが地球と太陽の間を通過するのは7月8日だと考えましたが、実際は7月15日に通過しました。
そして現在、小惑星帯の外側に移動しています。この秋、惑星Xの軌道に注意する必要があります。大量の破片が落下する可能性があります。現在、大量の火の玉がアメリカ上空で目撃され落下しています。さらに宇宙ステーションの一部か、サテライトの一部までが落下しています。今後、このような落下物が増える可能性があります。

(引用サイト)
http://beforeitsnews.com/space/2013/09/meteor-impact-fire-kills-2-in-ohio-2466632.html


http://beforeitsnews.com/space/2013/09/incoming-debris-from-planet-xs-wake-2466678.html