http://beforeitsnews.com/alternative/2013/10/if-this-is-true-we-are-in-deep-trouble-2792796.html
(概要)
10月12日付け:
もし、この情報が真実なら、我々アメリカ人は深刻な事態に陥っています。
数時間前に、ビル・ウェルド博士により、極秘文書(DARPAのブラック・プロジェクト)の情報がリークされました。リークしたことによりウェルド博士の家族の生命が脅かされています。しかし彼はこの情報を拡散してほしいと言っています。彼が投稿した複数のビデオを添付します。

http://youtu.be/8C8s9EU-rUM

またウェルド博士のブログも読んでください。
http://billhweld.blogspot.com/2013/10/classified-docs-on-nano-domestic-quell.html
ウェルド博士に連絡することもできます。billhweld@yahoo.com

この情報は、現在、アメリカから逃亡しようとしている米軍高官がリークした情報です。
DARPA配下の国防総省の極秘文書に書かれていた情報です。彼らはNWOアジェンダを実行するために、アメリカ人を大量殺害する計画です。
10月11日に、アメリカ人に対する殺害スイッチに関する極秘文書のうちの2ページが公開されています。http://www.scribd.com/doc/175484321/Top-Secret-DARPA-Black-Project-Nano-Domestic-Quell


<ウェルド博士が投稿したビデオの1つです。>
なんだかすごい情報を見つけました。この情報が真実なのかどうかを確認することはできませんが、この情報を流したことで政府に命を狙われているそうですから。。。リークする方も命がけですね。
もしこれが真実であるなら、アメリカには絶対に行きたくはありません。行く計画もありませんが。。。
アメリカでは多くの食品や水が汚染されています。中国や韓国と同じようにアメリカも汚染大国です。アメリカのボトル水も有毒な化学薬品が大量に混入していると聞いていますので、アメリカから輸入されたボトル水は飲まない方が無難かと思います。(南アルプス天然水はいかがですか?)
今後、アメリカから大量の食品が日本に入ってくる可能性があります。アメリカでは乳製品が汚染されていると言われています。しかしすでにアメリカ産の牛肉、野菜、果物だけでなく、チーズも店頭に並んでいます。
今回、リークされたと言われる情報が真実かどうかはわかりません。1つの可能性として、これは当局による偽旗情報(作り話)の場合もあります。このような情報を流し、人々を脅かし、マインドコントロールをして病気にさせようとしているのかもしれません。
ただ、DARPAはエリアン・テクノロジーを入手していますから、一般のテクノロジーよりも遥かに先を行っています。アメリカとは何とも恐ろしい国です。アメリカの権力者、支配者らには悪魔エリアンが乗り移っているのでしょう。特に、米軍内部には恐ろしい組織が存在しており、エリアンと共同作業をしているのです。
米軍は中国軍とも手を組み、NWO世界支配に動いているのかもしれません。そんな米軍の配下にいる自衛隊はどうなってしまうのでしょう。
日本の政界もどの党が政権を取ろうと、NWOに向かっているのが良くわかります。民主党政権は日本を破壊しようとしていましたが、現自民党政権もアメリカの配下でNWOを推進しているように見えます。

一応、以下のような情報がアメリカのネット上で拡散されていることをお伝えします。

http://www.youtube.com/watch?v=0Ho2InyMnCU
(ビデオ 概要)
現在、命が狙われているため、アメリカから逃亡しようとしている米軍高官がリークした情報です。
ビデオ投稿者は内部告発の知人であり弁護士です。
DARPA及びCIAの極秘情報によると:
1995年に、米政府は、(ケムトレイルの噴霧も含む)米国内の上下水道にマイクロプロセッサーや受信機が内蔵されたナノテクノロジーの電子デバイス(砂2粒ほどの大きさ)を混入させるDARPAのプロジェクトを承認しました。
ナノ・テクノロジーは何十年も前から開発が進められ、今は既にテストが済み実用できる状態です。米軍の推定では、現在、米国内の87%の人々の体内には、水道水や食物を介して、このナノ・デバイスが入り込んでいるとのことです。或いはそれに感染していると言った方がよいでしょう。
非常に小さな装置なので肉眼では見えにくく、それを体内から除去するのは困難です。アメリカの人々は、この装置が体内に入り込んだことすら、全く気が付いていません。
ではなぜ米軍はこのようなプロジェクトを実行したかったのでしょうか。彼らはアメリカに住む人々全員にナノ・デバイスを感染させたいのです。アメリカの人々を大量に殺害する目的があるからです。
体内に侵入したナノ・デバイスは、当局が送信する特定周波数の無線シグナルを受信することができます。アメリカ各地に携帯電話基地局、ラジオ無線塔、そして、米軍が占有する無線塔の設置が完了したことで、アメリカ全域に特定周波数を送受信することが可能になりました。
彼らは広範囲ではなく、狭い範囲に住む地域住民を狙っています。特定周波数を住民に送信することで、体内のナノ・デバイスを反応させ、住民の体内に抗毒素を発生させます。すると感染者は10日~12日以内に死亡することになります。
ナノ・デバイスの感染者が特定周波数を送信すると、体内に抗毒素が発生し、殆どの人が死亡してしまいます。しかしそのうちの2%は、デバイスがうまく機能しないために、体調が回復します。特に大都市では、携帯電話基地局からすでに特定周波数のシグナルが送信されています。多くの人々がインフルエンザに感染し多様になり、症状が重くなるでしょう。また、肺に水が溜ります。
ナノ・デバイスは脳内にも侵入し、自己免疫の反応に影響を与え、インフルエンザの症状を発生させます。すると身体は核分裂連鎖反応により完全にメルトダウンを起こしてしまいます。非常に感染力が強いのです。
ナノ・デバイスを作動させるのはCIA、他の政府組織、或いは、オバマ政権かもしれません。
彼らはいつでもドローンや送受信塔を使ってナノ・デバイスを作動させることが可能なのです。