追記:どうやらオバマ政権下でも、ホワイトハウスや他の政府機関の重要な地位は多くのユダヤ人が独占しているようです。

以下はフランスの現状を訴えた記事ですが。。。EUができて以来、西ヨーロッパは移民が増え続け、社会全体が崩壊しています。そして元々の国民が自国内で窮地に立たされています。移民人口が増える中で、元々の国民よりも移民らの権力が増大しています。そして伝統的な国のあり方が消え、国自体も滅んでいきます。
現在、特に西ヨーロッパでは、イルミナティ(フリーメーソン)のアジェンダにより、大量の移民が東ヨーロッパやイスラム諸国からなだれ込んでいます。しかも、彼らの中には犯罪者やテロリストが多く含まれています。イルミナティの目的は国境を破壊し、国家を破壊し、世界中を混乱させ、世界統一独裁政府を樹立させてNWOの世界支配を完成させることですから。。。その第一段階として、移民を増やし、その国の社会、秩序、文化、教育、法律などを破壊させるのです。イルミナティのアジェンダの一環であるEUの政策には移民を増やすことが含まれています。フランスを含む西ヨーロッパの現状は日本人にとっても対岸の火事ではないはずです。
民主党政権下でも自民党政権下でも移民受け入れを緩和しようとしています。日本の朝鮮系政治家を使って、着々と日本破壊工作が進んでいます。フランス、イギリス、ドイツを含め、ヨーロッパ諸国はアメリカと同様にユダヤ組織の支配下にあります。何をするにも、どのような組織でも、トップにはユダヤ人が君臨しています。
そして日本は、ユダヤ組織が操る南北朝鮮人(中国人工作員も)が様々な組織のトップに君臨し、この国を支配してきました。日本の政府機関にも彼らは入り込んでいます。朝鮮系の創価学会や統一教会、在日団体を介して、日本はイルミナティ(フリーメーソン)に支配され、汚染されています。
政界もメディアも教育界も法曹界も何もかも全てが、特に南北朝鮮系の勢力に握られています。彼らはイルミナティの歩兵なのです。そのことに気付き、嫌気がさした日本人は、反在日及び反南北朝鮮人のデモ活動を始めました。しかしその裏にいるイルミナティについても気が付いているのでしょうか。
南北朝鮮系勢力をイルミナティが操り、カルト教団を利用して、様々な洗脳を行います。日本の政界にも多くの在日帰化人の政治家を送りこんでいるのです。たぶん、選挙の票も案外、操作されているのかもしれません。
フランスやイギリスの現状が、日本の未来となる可能性があります。現在、政府は、移民の受け入れを緩和しようとしていますが、絶対に許してはなりませんね。大量移民が流入する先には日本のNWOがあるからです。

http://henrymakow.com/
(概要)
10月18日付け:
フランス人が礼儀知らずなのはオカルトに攻撃されているからでしょうか。フランス人は全般的に礼儀知らずです。それは。。。我々フランス人は攻撃を受けているからです。

フランスでは、殆どの人たちが自分の持つ攻撃性に苦しんでおり、自分の行動をコントロールすることもできません。
我々フランス人は、フランスを支配しているフリーメーソンのカバラ・ユダヤ人からオカルトの攻撃を受け続けています。
殆どのフランス人はこのことに気が付いていません。我々は、概して、メディア、政治そして文化により悪魔の世界に入ってしまいました。
キリスト教徒としてのフランス人は消滅し、フランスには倫理も道徳も教育もコミュニケーションも何も存在していません。そして我々フランス人は見境のないマニアック民族に仕立て上げられたのです。
我々は他の人々と仲良く交流を図ることすらできなくなっています。なぜなら、毎日のように我々は、悪魔に抑え込まれているからです。その結果、道徳的なものに関して非常に不快に感じ、精神的に不安定になってしまいました。その上、フリーメーソンのカバラ・ユダヤ人が推し進める移民政策により大量の移民が流れ込んでいる中で、フランス人は、日々、恐怖に怯えているのです。
このような恐怖心から、我々は礼儀を忘れ、攻撃的になってしまいました。最近、ゲイ同士の結婚を許す法律が成立しましたが、これもフリーメーソンのカバラ・ユダヤ人の政策です。殆どのフランス人はこの法律に反対しているにも関わらず、このような法律が通ってしまいました。もはや民主主義は通用しません。

我々フランス人が無礼なのは、我々が極めて苦しい立場に追いやられているからです。
フランスはユダヤ支配を受け入れました。

フランスの経済、教育システム、マスメディアは全てユダヤ組織によって支配されています。その証拠に、これらの分野はユダヤ組織によって支配されているなどと、少しでも発言する人がいると、その人はメディアから永久的に追放され、ジャーナリストとしての職も奪われます。さらに企業では取締役に任命されることはなく、どの政党にも所属できず、国会議員にもなれません。ミス・フランスを競い合うことすらできません。そうです、ユダヤ組織はミス・フランスまで選んでいます。
彼らは、フランス国民からあらゆる権利をはく奪するだけでなく、ネイティブのフランス人の人口を絶滅させるという長期計画を立てています。従って、人類が進化する過程の一環として、人工中絶や異人種間結婚を推奨する大規模なプロパガンダが全メディアを介して行われているのです。
白系フランス人を根絶するという執念により、自国に住みながら、フランス人のあらゆる権利をはく奪し、世界中から強制的に移民を受け入れさせているのです。これは全てユダヤ組織の仕業なのです。

(反EU,反移民の)右翼の国民戦線党の初代党首ジャンマリー・ルぺンさんはフリーメーソンの手によりフランスから追放されてしまいました。彼はフリーメーソンに負けてしまいました。しかし、彼の勇気ある行動により、勇気ある一部のフランス人が、様々な嘘を暴き、フランスの政界の茶番劇や裏切りを暴いているのです。

国家主義者 対 グローバリスト の戦いが始まりました。

もやはこの戦いは左翼と右翼の戦いではなくなっています。政界に居座りたいがためにグローバル・アジェンダを支持する売国奴の連中と、グローバリストの支配から脱却し、独立した自由な国家を取り戻したいと思っている人々との戦いが始まっています。
国民戦線党の活動は成功するのでしょうか。
彼らは、何百万人ものフランス人を代表して訴えてはいますが、 成功するチャンスは少ないでしょう。なぜなら、EUがそれを許可しないからです。さらに、ユーロ通貨の負債から逃れられなくなっているため、フランス独自の政策を打ち出すことができなくなっているのです。

(↓LePen.jpg現在、ジャンマリー・ルパン氏の娘のマリヌ・ルパンが党首)

金融、財政的な相互依存の体制を築くことが戦略的に行われてきました。その結果、フランスは政治的に何もできなくなってしまいました。
ただ1つだけ言えることがあります。それは。。。国民戦線党にも、すでにフリーメーソンが入り込んでいるのです。例えば、フリーメーソンの弁護士のギルバート・コラード氏は国民戦線党のメンバーになり、マリヌ・ルペン党首と行動を共にしています。彼は国会議員になっています。
しかし選挙の票もフリーメーソンが操作していますので、国民戦線党の候補者に対する国民の票が20%以上もあったのにもかかわらず、当選したのはわずか2人でした。これがフリーメーソンによる独裁統治なのです。
一方、フランスの刑務所の囚人の80%以上が外国人なのです(その殆どがイスラム教徒)。寛容な移民政策により益々多くの移民がフランスになだれ込んでいます。毎年、20万人以上もの移民が永住ビザや国籍を取得しています。移民の子供たちは学費が無料です。そして親たちは児童手当をもらい医療費などが無料です。これらの費用は全てフランス人の労働者が支払った税金でまかなっています。しかしフランス人の労働者には何の見返りもありません。その結果、彼らは怒りで攻撃的になり犯罪に走るようになってしまいます。
我々フランス人は魂までも取り換えられてしまいました。国境を開放したことで、犯罪率が過去最高となってしまいました。フランスは現在、特に地方では、東欧のマフィアギャングにより、非常に多くの貴金属店や個人の住宅が襲撃されています。このような犯罪が増えることで、予算が削減され人員が減ったフランスの警察は彼らの犯罪にかかりっきりになっています。
フランスの支配者、フリーメーソンはこの国をカオス状態にしたいのです。この国はそうなりつつあります。彼らは国を混乱させ、社会を完全に変革させ、反テロリストを防止するキャンペーンを促進しているのです

フランスの大都市近郊に、フランス人が誰も入れなくなっています。そこでは、移民による民兵が組織されており、彼らによる麻薬密売を保護しているからです。このような状況下で、フランス全土がドブに捨てられることになります。
しかしメディアは常に右翼の国民戦線党が全てのトラブルの根源であると報道しています。もし状況がこれほど深刻でないなら、これは単なるジョークと受け止められるのでしょうが。。。
つまり、現在、悪魔によるフランス破壊計画が進行中なのです。

その手法とは。。。大量移民の受け入れ、膨れ上がる負債総額、EUによる国家主権の束縛、ゲイ同士の結婚などです。
これらは無知な国民の目にも明白に見えてきています。しかし本当の犯人は決して表に出てきません。勇敢にも、一体誰が、フランス人の敵を名指すことができるでしょうか。そんなことをしたなら、彼は職を失い、へたをすると命まで失うことになります。