ガン患者に強い味方がまた現れました。今度は最強です!!それは。。。ナマコです。
ナマコは気持ち悪いですし、簡単に手に入るものではないので、これまで一度も食べたことがありません。
しか~~し、もしガンになってしまったら。。。。ぜひ、ナマコを食べてください。漢方薬として粉末状のナマコが売れれているそうですので、そちらを飲む方が手っ取りばやいと思います。
ガンになると化学療法や手術を受けさせられ、身体がずたずたになってしまいます。免疫力も低下し、副作用も多く。。。苦しむ事が多いのが実情です。以前、ビタミンCを大量に投与するとガンが治りやすくなり、副作用も抑えられるという情報をお伝えしましたが、今回の情報は、薬の代わりにナマコを飲むことで、ガン細胞の殆どが消滅するというものです。もちろん、患者の免疫力やガンの進行具合にもよるのでしょうが。。。一度は試してみるのも良いのではないかと思います。
普段からナマコを好んで食べている人はガンになりにくいのではないでしょうか。その点、日本は恵まれています。欧米ではナマコ料理など皆無ですが、日本にはありますから。伊勢志摩産の乾燥ナマコというのもあるようです。ただ、値段はかなり高いようですが。。。
今後、西洋医学だけでなく、漢方薬や新たな自然療法を取り入れる病院が続々進出してくれば良いと思います。その結果、健康保険が適用されることになるでしょうし。。。西洋医学とその他の治療法を自由に選べるようになる日が来るかもしれません。さらに、ナマコなどの養殖や漢方薬やハーブの栽培が日本でも盛んになるかもしれません。手術や化学療法だけに頼るのでは病苦を味わうだけになってしまうかもしれませんね。

http://beforeitsnews.com/health/2013/11/sea-cucumber-found-to-kill-95-of-cancer-cells-shrink-tumors-2510680.html  
(概要)
11月4日付け:
sea cucumber cancer 263x164 Sea Cucumber Found to Kill 95% of Cancer Cells, Shrink Tumors
中国では、何百年も前から漢方薬としてナマコが使われてきました。しかしアメリカではナマコという生き物はあまり知られていません。しかし、ナマコが癌細胞を消滅させ、免疫システムを活性化することが証明された今、アメリカでもナマコが良く知られるようになるでしょう。
Eden Prescription(エデン処方箋)という本の著者のイーサン・エバンズさんは、これまでの研究結果により、ナマコが、肺ガン、乳ガン、前立腺ガン、皮膚ガン、大腸ガン、肝臓ガンのガン細胞を消滅させる力があることが分かりました。さらに白血病や神経膠芽細胞腫のガン細胞まで消滅させることが分かりました。今回、ナマコも、抗癌性食品の1つにリストアップすることができそうです。

専門家はナマコに含まれるフロンドサイド(?)と呼ばれる重要成分がガン細胞を消滅させると考えています。フロンドサイトAは、植物の精油や含油樹脂に含まれる多様な有機化合物であるトリテルペノイドを指します。
最近の研究により、フロンドサイドがいかに強力な成分かが分かりました。なぜなら、乳ガンのガン細胞の95%、肝臓ガンのガン細胞の95%、メラノーマのガン細胞の90%、肺ガン(3種類)のガン細胞の85%から88%を消滅させることが分かったからです。
しかしこの成分は、ただ単にガン細胞を消滅させるだけでなく、癌細胞があったエリアに血液を送り込む新たな血管を形成させてくれるのです。しかも、ガン細胞の転移や増殖を防いでくれるだけでなく、ガン患者の免疫システムを活性化させ、ナチュラルキラー細胞にガン細胞を攻撃させるよう働きかけます。特に乳ガンにおいては非常に効果的に作用しました。もちろん、ガン細部に直接攻撃するのではなく免疫システムを活性化するため、他のあらゆるガン細胞についても同様の結果が出ました。ネズミの実験でも、フロンドサイドAを10日間与えた結果、化学療法と同じような効果をもたらし、肺ガンの癌細胞が40%小さくなりました。化学療法では癌細胞が47%小さくなりましたが、副作用のリスクが高いため、化学療法よりも、フロンドサイドAの方がはるかに効果的です。フロンドサイドAの副作用は一切報告されていません。しかも、成人男性(約85kg)でも、わずか1ミルグラムのフロンドサイドAを投与するだけでこのような効果が現れます。粉末状のナマコが漢方薬として販売されています。消炎剤としての特質があるため関節炎用の薬として健康食品店で一般的に売られています。