以下の2つのビデオをご覧ください。とても興味深い映像です。
最初の方は、沈む夕陽の周辺が変なのです。夕陽が沈んで行くときに輪郭が歪むのは変でしょう。
さらに2番目のビデオでは、太陽の傍に明らかにもう1つ、丸い物体が浮いています。これは何でしょうか??
このような異常現象を隠すためにNASAはSOHOの機能を一時停止しているのでしょうか。
そういえば、12月7日~8日に太陽のポールシフトが起きたそうです。これは約11年周期で起きるので大したことはないでしょうが。
追記:アメリカでは日曜日にNASAがアイソン彗星について何等かの発表があると言われています。
<夕陽の異常現象>
http://beforeitsnews.com/alternative/2013/12/must-watch-strangest-sunset-video-ever-2843374.html
(概要)
12月8日付け:

最近、異様な夕陽が目撃されました。このような夕陽を見たのは初めてです。↑映像をじっくりご覧ください。
(太陽が沈んで行くときに、太陽の輪郭がばらばらにへこんで行く様子をご覧ください。)
太陽の周りで何かが起きているとしか考えられません。特に朝陽と夕陽の周辺で異様な現象が起きています。このような現象が起きるのは太陽が2つ、いや、3つも出現しているということなのかもしれません。
それに。。。数日前からNASAがSOHOの映像が閉鎖されているのも非常に疑問です。さらに。。。アイソン彗星に関しても、大きな破片が地球に向かってくる可能性があります。
2つの巨大物体(ニビル惑星とアイソン彗星)が地球に接近しているとするなら。。。地球上の生きとし生けるものに影響する可能性があります。 


<太陽の近くに現れた丸い物体・・・二ビル?> 

http://indianinthemachine.wordpress.com/2013/12/07/%ef%bb%bfwe-told-you-nibru-was-in-the-solar-system-you-called-us-crazy-dont-shit-your-pants-watching-this-video/ 


↑映像を注意深くご覧ください。太陽の近くに丸い物体が存在しているのが分かります。赤い矢印で示しています。これは二ビル惑星なのでしょうか。