アイソン彗星やニビルが地球に接近していると騒いでいたのもつかの間、今度は巨大な磁気球体が太陽系内に侵入したそうです。太陽系はまるで花火大会のようにお祭り騒ぎです。次から次へと惑星や彗星がハヤブサのように飛んできています。二ビル又はアイソン彗星は地球にニアミスした感がありますが、でも、まだ破片が宇宙に漂っているらしく、その一部が大気圏に突入しています。日本の上空でも大きな火の玉が目撃されたようです。
以下のビデオで伝えられている巨大な磁気球体は、現在、太陽に接近し、地球に向かって来るそうです。
何しろ真っ黒な球体だそうで、以下のYoutubeサイトで確認できますが、2012年3月にUPされた暗黒球体が太陽に接近した様子を映した映像を思い出してしまいました。この球体と今回の磁気球体は同一のものなのでしょうか?それとも違うものなのでしょうか?分かりませんが。。。地球めがけて様々な球体がやってきています。宇宙には色々なものが存在しているものです。
これも、太陽系が現在、銀河系の中心部に突入しているからなのでしょうか??
http://www.youtube.com/watch?v=8ulqsAgrlYI


<磁気球体が地球に接近中>

http://beforeitsnews.com/space/2014/01/much-going-on-in-space-ball-of-energy-approaching-earth-from-the-south-video-2473774.html
(概要)
1月12日付け:
エネルギーの球体が地球の南側から接近しています。これは重大な関心事でしょうか、それともどうでもよいことなのでしょうか?何が地球に接近しているのか、分かりますか?我々が直面しているのは。。大気圏や地球上に起きていること。。米政府によって起こされていること。。。今度は巨大な磁気球体が地球に接近していることです。政府は、何等かの影響が出ない限り、このことを隠蔽し続けるでしょう。何しろ、対策として政府ができることは何もないからです。地球に最接近したときには大きな衝撃を受けるでしょう。以下のビデオをご覧いただき何が起こるのかを知っていてください


(概要)
途中から・・・
人々が警戒を怠っていると突然災害がやってきます。リラックスしている人々を襲いかかります。今、宇宙で何が起きているか無視されています。地球が膨張し、大気が圧縮されることも無視されています。そのうち、上空で稲妻が走り、ガスが充満した稲妻ボールが現れるでしょう。昨年の夏、地球に接近している物体による海への影響、大気の放射能汚染、巨大な放電について再データ化をしました。
分析の結果、分かったことは。。。巨大な磁気球体が太陽系内に侵入すると、惑星から惑星へと巨大な放電が発生するということです。この磁気球体は、すでに太陽に接近しています。水星よりも大きく100%磁気でできている球体です。地球では、何等かの影響を受けない限り、上空で磁気球体を確認することはできません。深刻な影響が出そうになったときに初めて磁気球体の報道がされることになります。その時、人々は一体何を信じてよいのか分からなくなってしまいます。
この磁気球体は固体ですが、暗黒の球体のため、目には見えません。アマチュア天文学者がこの球体を目視するのは難しいでしょう。赤外線の影響でぼんやりと映るでしょう。
このような球体が地球に接近しても我々は何もできないのです。NASAは信用できません。欧州宇宙機構のウェブサイトの情報を基に、現在、宇宙で何が起きているのかを確認するしか方法はありません。誰も知らないでしょうが、欧州宇宙機構はエレニン彗星に向けて巨大なミサイルを発射していたのです。その後、何が報道されたかというと。。。エレニン彗星が粉々に破壊されたということだけです。実際は、そのミサイルがエレニン彗星を破壊したのです。しかしその破片は木星よりも遠くに散っていませんので太陽系内に浮遊している状態です。