追記:民兵が既に農場に到着しました。以前から、連邦政府や企業がバンディ一家の農場を欲しがっていたのです。それは絶滅危惧種の亀を守るためではありません。バンディ一家の農場には水資源や鉱山があります。さらに企業は農場にパイプラインを通したいのです。そのため、バンディ一家を追い出そうとしているのです。

アメリカでは、連邦政府のやり方に我慢ができなくなった複数の州からの民兵が武装してネバダ州バンカービルの農場に向かっています。土地管理局に農場や家畜を強奪されようとしているバンディ一家を救出するために、5000人の民兵が政府側と戦おうとしています。本当にすごいことになりました。5000人もの人々が呼び掛けに手を挙げたのです。こういうところはすごいですね、アメリカ人は。
オバマ政権のやり方はあまりにもひどすぎます。
この動きは、オバマ政権が地域ごとに戒厳令を敷きたいがために農場主や地域住民を武力で弾圧しているとしか言いようがありません。このやり方は独裁中国と全く同じです。中国とアメリカは益々一卵性双子のような国になってきました。
今日、明日と、現地の動きに目が離せません。アメリカ中の人々がバンディ一家に対する政府のやり方に憤っているのですから、現地で民兵と政府側が武力衝突したなら。。。政府に対する抗議運動が全米に広がる可能性もあります。5月16日を待たずに全米で反政府運動が勃発する可能性もあるのではないかと思ってしまいます。アメリカがこのような状況なのですから、自国民にも嫌われている厄病神のオバマは日本に来なくていいです。韓国にだけ行ってください。どうぜ、日本に数兆円を要求し、TPPの妥結を急がせるだけなのですから。。。
いい加減、日本政府も気が付かないのですかね。くだらないTPPや大量移民政策なんかを相手にしている暇などないのです。
http://beforeitsnews.com/gold-and-precious-metals/2014/04/shtfplan-update-up-to-5000-armed-militia-members-will-be-arriving-in-bunkerville-nevada-today-2586268.html
(一部のみ)
4月10日付け:
最新情報:
本日、ネバダ州で、当局に包囲された農場主バンディ一家を救出するために、武装した5000人の民兵がバンカービルの農場に到着します。
連邦政府は、バンディ一家の農場に侵入し、彼らの土地、財産、家畜を勝手に奪い去ることができると考えているようです。しかし政府が思ってもみなかったことが起きています。それは。。。アメリカ中の人々が政府のこのようなやり方に激しく抗議しているということです。現在、この問題は次の段階に進みつづあります。
ネバダ州だけでなく複数の州から大勢の武装民兵がネバダ州に向かっています。
しかし政府に立ち向かおうとしているのは州の民兵だけではありません。ネバダ州知事も連邦政府のこのようなやり方について正式に非難し、州法の下に何等かの対応をするかもしれません。アリゾナ州ギルバートの保安官も連邦政府のやり方はテロと同じだと非難しています。
様々な政府機関から約200人以上の武装係官が農場に送り込まれ農場や国有地が包囲されています。しかし、何千人もの武装民兵が彼らと戦うためにもうじき農場に到着するでしょう。
これに対し、連邦政府は警備を一層強化するでしょう。連邦政府は、農場主が牛などの家畜に国有地の雑草を食べさせたという理由(犯罪)でこのような厳しい処罰(100年以上、守りぬいた彼らの農場や家畜を奪い取ること)を実施しているのです。今後、オバマ大統領は現地の混乱を恐れ、武装した国家警備隊を現地に送り込み、政府側の武装を強化することになるでしょう。これは、米憲法修正第一項の国民の権利、表現、宗教の自由条項を破壊する戒厳令が敷かれたことを示します。何千人もの人々を巻き込んだ非常に深刻な対決が起きる寸前の状態です。民兵もみな武装しています。状況次第ではただちに流血の戦いになる可能性があります。American-Standoff---2014

(テキサス、モンタナ、ユタ、ニューハンプシャー、フロリダの武装民兵がバンディ一家の味方となり政府(土地管理局)と戦うために現地に向かっています。)

現地の映像をご覧ください。