バンディ一家の農場を巡る騒動に関して、アメリカの下院監視・政府改革委員会の会長である共和党のイッサ議員が、この事件に関与し指揮した当事者(オバマとレイド民主党議員)を捜査することに決定したそうです。もし、本気で誠意をもってイッサ議員が捜査をするなら。。。オバマとレイド民主党議員の関与、指揮が明らかになり、大騒動になることでしょう。ただ、アメリカの政界は賄賂や買収により腐敗していますから、下院監視・政府改革委員会も名ばかりの委員会であり、いい加減な捜査で終わってしまうなら、オバマやレイドは再び逃げ切ることができるでしょうね。逃げ切った方が勝ちです。それにしても、オバマ政権のやり方は本当に中国政府に良く似ています。国民の土地や財産を武力で強奪してしまおうとしているのですから。。。
http://beforeitsnews.com/alternative/2014/04/obamareid-caught-in-bundy-ranch-blm-land-grab-congressmen-issa-launches-investigation-2938844.html
(概要)
4月15日付け:
腐敗した現政権を揺るがす大きなニュースが飛び込んできました。
イッサ共和党議員は、この問題(バンディ一家の農場を巡るスキャンダル)を深刻に受け止めました。
このスキャンダルの詳細が公の場に明らかになると現政権を崩壊しかねません。現政権が関与したヘルスケアやベンガジ事件のスキャンダルが見劣るほどの大スキャンダルとなるでしょう。
オバマは繰り返し米憲法を侵害してきました。 土地管理局によるバンディ一家の憲法上の権利の侵害は、全てオバマの指示の下で行われていることが明らかになっています。このような騒動になった原因に、バンディ一家には国有地に家畜を放牧する自由が与えれれているという事実と、国有地に中国の政府系企業が太陽光発電施設を建設できるようにハリー・レイド民主党議員の息子が中国政府と協議をしたという事実があるということを米国民は直ちに理解しなければならないのです。
「我々はこの問題を追及できる決定的な証拠を持っているため召喚状を発することになるでしょう。さらに、このような問題を起こした当事者らは法廷で証言させられることになります。」
 

イッサ共和党議員の事務所からこのような発表を聴き、非常に喜んでいます。しかし、腐敗した米連邦政府がどのような行動に出るか。。。簡単に想像つきますから。。。このような発表は、土地管理局によるバンディ一家の農場の争奪行為とオバマの関与をうまく誤魔化すための策略なのかもしれません。Obama/Reid Caught In Bundy Ranch BLM Land Grab: Congressmen Issa launches investigation
イッサ議員は土地管理局によるバンディ農場の争奪とオバマの関与について連邦捜査を開始しました。
ネバダ州のクリベン・バンディ一家が何十年間も行ってきた国有地での家畜の放牧について、下院監視・政府改革委員会の会長である共和党のイッサ議員が、土地管理局による農場の争奪事件に関し、オバマ大統領とハリー・レイド民主党上院議員の連邦捜査を開始しました。
本日のフォックスニュースのインタビューで、イッサ議員は、この事件に関するオバマ大統領の関与を調べるために連邦捜査を開始したと伝えました。さらに、イッサ議員は、米国民の土地や財産を強制的に差し押さえる方法を記した、未公開の内部草案と題した2010年の覚書を読み上げました。
そこには、Antiquities Act(古代遺物法?)の下に国定史跡に指定するのに適したエリアがリストアップされています。しかし、国定史跡に指定するかどうかの最終決定は、国民と連邦議会の支持の下に、さらに詳しい評価を行う必要があると書いてあります。
Antiquities Actとは:
1906年6月8日に連邦議会で可決され、ルーズベルト大統領が署名したことで成立した法律です。この法律により、アメリカ合衆国の大統領は、大統領令を発令することで、米国民が特定の国有地を使用することを制限する権限が与えられます。
これまで何百回もこの法律が使われてきましたが、それにより大論争を巻き起こした時もあります。