舗装道路が溶けることってあるんですね。日中の気温が50℃以上にもなる国の舗装道路もこのように溶けることが多いのでしょうか?アスファルトが溶けてタール?が流れ出ているそうです。イエローストーンの地下で何が起きているのでしょうか?噴火が近いのでしょうか、それとも、まだまだ先のことなのでしょうか?これまでにないような変化が起きているそうです。

http://beforeitsnews.com/environment/2014/07/road-melts-at-yellowstone-national-park-2504950.html
(概要)
7月10日付け:
イエローストーン国立公園を訪れている観光客は、足元に気を付けるようにと注意が喚起されました。
以下のビデオの説明の通り、イエローストーン国立公園の舗装道路が溶けてしまっており進入禁止になりました。原因は、地面の温度が上昇しているからです。
現在、イエローストーンの地面から非常に大量のガスが噴出しています。
地球が変動する時期に突入したのでしょうか。それとも、イエローストーンの道路はこのように溶けることが多いのでしょうか。


(概要)
1ヶ月前にイエローストーンの地面の温度と地表面が上昇しているとお伝えしましたが、今回は、イエローストーンのロワーガイザーベースン内の舗装道路(グランド・ループ・ロードから分かれた風光明媚な道路)が溶けてしまっています。この道路は修復工事のために一時的に進入禁止となっています。
公園の関係者によると、周辺の地面の温度が急激に上昇しているために道路が溶けたそうです。
さらに溶けた道路の表面からドロドロとした石油のような液体(タール)が流れ出ているそうです。
現在は、観光客の姿もまばらです。



(概要)
専門家によると、イエローストーンのカルデラのサイズが元々考えられていたサイズよりも2倍も大きいことが分かったそうです。
さらに、イエローストーンの火山が一端噴火すると、数週間から数か月或いは数年間も続く可能性があるそうです。
★ビデオの0:35辺りからイエローストーンの火山の映像が流れます。1:21辺りからは、火山の下に溜まったマグマのプールを表示しています。火山の下に溜まっているマグマの量は元々考えられた量の2.5倍あるそうです。昨年の春にイエローストーンでM4.8地震が起きましたが、周辺のホテルが破損しました。
(↓ イエローストーンの舗装道路がこのように溶けてしまっています。)


Get FREE private and secure Email and Messaging click now!