撃墜されたマレーシア航空機(MH17)についての情報です。
ゼロヘッジの情報によると、今回、米政府が公開した証拠画像は米民間機関が提供したものだそうです。なぜ政府機関ではなく民間機関からの画像なのでしょうか。つまり民間機関が画像処理をしたのです。
また、これらの証拠画像を公開した責任者は米国家情報機関の長官だそうです。この国家情報機関は、シオニスト配下のNSAと情報を共有しているそうですから。。。彼らが何をやっているかが分かります。
以下の記事の通り、米政府が公開した証拠画像(ロシア側がマレーシア航空機を撃墜したとするもの)は全て偽物であることが分かります。今では素人でも画像をいくらでも編集することができます。ですから、このような偽の証拠画像を作るのは簡単だということです。ただ。。。プロが編集したにしては、あまりにもザツ過ぎます。日本のプロならそんなことはないでしょうが。。。
一般人でさえ、証拠画像の矛盾点が分かってしまうのですから。。。米諜報機関も偽旗攻撃を隠蔽する能力が落ちてきましたねえ。シオニスト支配の米政府は、嘘を嘘で塗り固めるのに必死です。
私はロシアもBRICSも支持していません。しかし、欧米シオニストのやり方はあまりにも汚すぎます。
どうやら、日本政府も米政府の圧力に屈して、ロシアに対する追加制裁に踏み切ったようです。
まさか。。。日本政府までが、米政府が公開した証拠画像が真実であると信じているのでしょうか。そんなに日本政府(日本版NSCができても。。。)は低能なのでしょうか?いや、全てわかってやっているのでしょうね。米シオニストの戦争ゲームに嫌々付き合わされているだけなのでしょう。何しろ日本は今でもアメリカの支配下にありますから。。。これで、北方領土返還のチャンスは当分、なくなったのかもしれません。
日本は、いつまでG7やアメリカと歩調を合わせなければならないのでしょうか。まあ、アメリカ以外のG7諸国はみな、嫌々付き合わされているのかもしれませんが。。。
このようなアホ過ぎる(強欲の塊の)戦争ゲームに付き合わされて。。。。得をするのはシオニスト犯罪集団だけなのです。いつまで彼らをむさぼらせておくのでしょうか。しかも。。。ウクライナや中東地域で大規模な戦争が起こると(シオニスト犯罪団体はテロを使って中東地域をめちゃくちゃにし、大規模な戦争を勃発させることで、シオニストの中央銀行は中東を乗っ取ろうとしています。)、日本は石油が手に入らなくなる可能性すらあり。。。大打撃をこうむります。それでもアメリカの戦争ゲームに付き合い続けるなんて。。。日本政府はあまりにもアメリカに寄りすぎます。
シリアや他のアラブ中東諸国と同じように、シオニスト犯罪集団は、ウクライナからロシアを追放し、ウクライナのガス田を完全に奪い、BRICSの新たな金融政策を破壊するまで、ロシアを貶めることでしょう。

http://beforeitsnews.com/global-unrest/2014/07/us-releases-questionable-satellite-images-as-evidence-against-russia-2460052.html
(概要)
7月27日付け:

(概要)
 マレーシア航空機(MH17)がロシアのミサイルによって撃墜されたと主張している米政府は、その証拠画像を公開しました。
しかし彼らが公開した画像はみな、滑稽であり、疑問点が沢山あります。 もちろんプーチンもロシアも天使のような存在ではありません。今後、ロシアがどのように出てくるかは分かりません。ロシアがクリミアの親露派に武器を提供していることも、何千人もの軍隊がクリミアの境界線沿いに配備されているも全て明らかになっています。
米政府が公開した証拠画像は、ロシアからミサイルが発射された跡と、ミサイルがウクライナに着地したことを示すものだそうです。もちろん、ウクライナと戦争状態にあるロシアはウクライナ軍に向けてミサイルを発射するのは当然でしょう。しかしロシアはウクライナの住民を攻撃する目的でミサイルを発射したことはないのです。これが重要な点です。ウクライナの住民を攻撃しているのはウクライナ軍なのです。彼らはウクライナで大量殺人を行っています。しかし欧米メディアはその事実を一切報道していません。これが実態なのです。
さて、米政府が公開した証拠画像についていくつかの疑問点を指摘したいと思います。
(1:18~)この画像をご覧ください。ズームイン画像で詳細が分かりますが、米政府が説明する、ロシアから発射されたミサイルの発射場所には何も映っていません。枠の中には、ミサイル発射場所をズームインした画像が映っています。周辺の地形はもともとの画像と一致していますが、肝心のミサイル発射の跡はもともとの画像には一切写っていません。ズームイン画像はウクライナのミサイル発射場所の画像を映したものなのです。このように彼らはフォトショップで画像を編集しました。
このように米政府が公開した画像にはどれも細部まで詳細に映されていますが。。。ミサイル発射場所だけがズームイン画像と一致しません。
(2:28~)この2枚の画像をご覧ください。小さな枠で囲んである部分がミサイル発射場所だそうですが。。。その左上にはそこをズームインした画像が添付されています。この画像が彼らの説明と一致しないことが分かるでしょう。ズームイン画像では、ロシアのミサイルが配備されているのが分かりますが、ミサイルが発射された形跡は一切ありません。
それにしても、なぜ米政府が添付したズームイン画像はどれもほんの一部しか映っていないのでしょうか。しかも、右下の小さな枠内の画像を注意深く見ると、道路も何も映っていないのが分かります。そこには何もありません。それなのに、ズームイン画像には兵器が映っています。
他のズームイン画像はもともとの画像とマッチしていますが、ミサイルが発射された形跡は一切存在しません。つまり、米政府が公開した画像を見ても、ロシアがマレーシア航空機(MH17)に向けてミサイルを発射したとされる形跡が一切ないことが分かったのです。プーチンは天使でもなんでもありません。ただ、ロシアは自衛のためと、大量殺人を行っているウクライナ軍からウクライナ人を守るために戦っているのです。
世界中がマレーシア航空機(MH17)を撃墜したのはロシア側だと信じています。なぜなら、偽旗攻撃を行っている連中が欧米メディアを支配し、彼らの都合の良い情報を次々に世界に発信しているからです。
ロシアは、今、マレーシア航空機が撃墜された瞬間をとらえたレーダー画像を発信しています。その画像を見ると、マレーシア航空機の後ろからウクライナの戦闘機(複数)が追尾しているのが分かります。
このように。。。。米政府が公開した証拠画像は疑問だらけだということが分かります。
公開された画像は事実と一致しないのですから、ここに新しい証拠は何もありません。
我々は、誰が背後にいるのかを知っています。真実を明らかにするには知識が全てです。彼らのやり方を全て暴いて世の中を変えるしかありません。
 


Get FREE private and secure Email and Messaging click now!