日本の死亡率のトップがガンです。長寿国ですので高齢者のガン発生率が高いのも事実なのでしょうが。。。
それでも。。。働き盛りの人たちがガンにかかる率が他国と比べても多いのではないでしょうか。
ガンは医薬品業界、医療界、そして保険業界にとってウハウハするほどうまい汁なのです。ガン患者が増えれば増えるほど彼らは儲かります。世界は、人々の命や幸せを守るよりも、自分だけが得をして儲かることしか考えない、薄汚くて低レベルの爬虫類種に仕切られていますから、ガン患者の周辺にはそのような薄汚い利権団体が寄ってきます。
現在のガン治療法がいかに利益優先で身体に危険なものかということを人々は知るべきと思います。
大儲けをするためと、人口削減をするために、世界中の多くの人々をガンにかからせているのです。それが彼らのアジェンダです。
そのためにも。。。発がん性の物質を食品に添加するだけでなく、大気や大地や海、川を汚染しています。
しかも、彼らのガン治療法は患者を治すためではなく、患者を苦しませ、(しばらくの間、患者のガン治療で儲けながら。。。)徐々に死亡させるのです(もちろんその方法で治る方もいますが、ガンの再発が心配な方ばかりです)。何しろ、既存の治療法は身体の抵抗力や免疫力を衰えさせてしまいますから、徐々に自然回復力が弱くなってしまいます。彼らは、ガン患者を利用して大儲けをし、最後に早死させてしまうのです。
それでも既存のガン治療法を受けたいと思う方は仕方がないと思います。
それにしても。。。自分がたとえ頭が良い人間であったとしても(実際は違う)、医師にだけはなりたくないと思います。医師は、最も不健康な人たちです。お気の毒です。
以前から、このブログでお伝えしてきましたが、ビタミンCの効果やアルカリ性食品の重要性を知っていただきたいと思います。身体をアルカリ性にするためには、野菜や果物をたくさん食べるだけでなく、はちみつや重曹(ベーキングパウダー)やリンゴ酢などを定期的に飲むのも効果的です。
日本人、特に若者は、野菜不足だと思います。コンビニ弁当にも野菜があまり使われていません。一般的に、外食産業でも野菜が豊富なメニューを提供していません。非常に栄養的にアンバランスなメニューが殆どです。
日本では、戦後、GHQのプロパガンダのせいもあるのでしょうが。。。パン、麺類など、そして肉類を中心とした食生活が一般的になってしまったため、抵抗力が低下した病気になりやすい身体になってしまいした。
日頃から料理が面倒だと思う方は、様々な種類の野菜スティックをディップに付けて食べるのも良いでしょう。
昔の日本人は、野菜や魚中心の食生活をしていましたが、今の若者は肉と炭水化物を中心に食べています。
これでは健康的な人生を送ることはできません。仕事でストレスを溜めたり鬱病になるのも食生活に問題があるのではないかと思ってしまいます。食事の補助として天然サプリを飲むのも良いのではないでしょうか。
もちろん、軽い運動も必要です。特にマイナスイオンの森林散歩は最適です。
日本人を不健康にさせ、日本でガン患者を増やすことで、大儲けをしようとしている国内外の利権団体の企みが見えてきています。
http://beforeitsnews.com/alternative/2014/08/cancer-100-curable-in-1-2-months-doctors-silenced-3007238.html
(概要)
8月6日付け:
What we expect

 

これは非常に重要な情報です。ガンは完治できます。
しかし医療や薬品業界にとって、ガンは1兆ドルの利益を生むビジネスになっています。そのため、彼らは既存のガン治療法を手放すわけがありません。長い間、ガンは完治できていたのです。しかし気の狂ったアジェンダのために、何兆ドルものお金が無駄に使われ、何百万人のガン患者が死亡しています。
米食品医薬品局は、昔から人々に毒物を与えてきました。彼らは大儲けをするためにアメリカ人の毒を与え殺害してきたのです

Dr.コールドウェルのガン治療法は米政府に妨害されました
これまで35000人のガン患者を治療し、合計220万人の人々が私のセミナーに参加してくれました。
私のニュースレターや情報を7百万人が読んでくれています。
私ははっきりと断言します。90%以上のガンは数週間のうちに完治します。ガンを治すのに、手術も放射線治療も化学療法も必要ありません。
しかし法律や患者を苦しめ殺害して何兆ドルもの利益を得ているガンの利権団体はこのような治療法でガンを治している私を妨害しています。法的にも私の治療法を公表することができない状態です。ガンの利権団体(医薬品業界や医療界)は何兆ドルもの利益を生む利権を守ろうとしています。
彼らは人々を病気にして殺害しながらも政治家に圧力を加え彼らの利権を守る法律を作らせます。彼らが治療をすることで病気が悪化し病人が増えています。医療界は有毒で危険な治療法により殺人行為を行っています。
Dr,ゴールドウェル:「私の母の7人の兄弟がガンで亡くなりました。さらに私の父、継父もガンで亡くなっています。彼らは誰も私のガン治療法を施されていません。私の家族の息子と祖父から始まり親戚の人々までがガンで亡くなっています。

 (概要)

Dr.レオナード・コールドウェル曰く:
医者としての経験に基づくと。。。。どの種類のガンも、2週間から16週間で完治します。それどころか、すぐに治るガンもあるのです。20年以上の経験を積んだ医師は誰もがガンが一瞬のうちに治るケースを知っています。

ガンを治すには、身体の解毒が必要です。次に、身体をアルカリ性に保つことです。そして、緑色の葉や野菜に含まれるクロロフィルの効果で酸素を多く体内に取り入れることです。身体をアルカリ性に保つにはカルシウムや他の微量元素ミネラルのサプリメントなどを飲むのが効果的です。これで数週間後にはガンが消えてしまいます。
ガンを治すには、身体をアルカリ性に保ち、自己治癒力(アルカリPhレベル→7.5以上に)を高める必要があります(これはアルカリ度がかなり高い状態です)。
ドイツのある医師は、ガン患者に酸素治療を行っています。ガン患者の血液を抜き取り、血液にマイナスイオン?の酸素を注入してから患者に輸血します。すると、患者の身体は新生児のように蘇ります。ガン患者の血液は酸素不足により黒っぽい色をしていますが、酸素を注入することでピンク色に変わります。これは法的に認められたドーピングのようなものです。輸血した途端に患者はエネルギッシュになります。
さらに、(特に)私が行った治療は。。。大量のビタミンC(1日に100cc、1週間に3回以上の割合で)を血液に注入しました。そうすると、ガンは2日以内に消えてしまいます。心臓病を患っている人もビタミンCの大量摂取でで完治します。
さらに、ビタミンEは高血圧を改善します。しかし人工的に作られたビタミンでは効き目はありません。天然のビタミンでないと効き目がありません。自然界の問題は自然界が解決するのです。
さらにガン患者が自分でガンを治したいと思うなら。。。未加工の食品だけを食べる完全菜食主義者(ローフードダイエット)になることです。
さらに、腎臓に疾患の無い方は、1日に1ガロンの水(小さじ1/2の海塩を入れる)を飲みます。人間の身体がうまく機能するには身体に電気を流す必要があります。電気を発するには塩が必要なのです。そのため、体内の塩分が不足すると高血圧になります。ただ、食卓塩(精製塩)を摂ると、塩の結晶が血管の膜を傷つけ血管内部が出血します。そして、出血を止めるためにコレステロールが傷ついた部分を覆うため、結果的にコレステロールで血管が狭くなり高血圧になります。塩は食卓塩ではなく海塩を使ってください。
コレステロールに関しては多くの誤解があります。コレステロールが不足すると死に至りますが、高コレステロールで死亡する人はいません。高コレステロール(600)でも病気にならずに健康的に暮らしている人がいます。コレステロールは、壊れた細胞を新しい細胞に再生してくれます。生まれ変わった細胞の80%がコレステロールの働きによるものです。従って誰もが250の複合?コレステロール値を保つべきです。しかしLDLやHDLを善玉や悪玉と呼んでいますが。。。これらはコレステロールではないのです。これらはコレステロールを運ぶタンパク質なのです。このように医療界ではバカバカしい検査しています。
一般的に医師の平均寿命は世界一短い、56才です。彼らはアルコール依存率や麻薬常習率が他の業種に比べ最も高いのです。さらに自殺率も最も高いのです(特に精神科医の自殺率が高い。)。
患者は、病気を治してもらい健康的で幸せな暮らしをしたいと願いながら、このような病んだ医師たちに診察、治療してもらおうとしているのです。