エボラ感染が拡大している国の1つのリベリアで信じられない事が起きています。本当に信じられません!!
リベリアでは、エボラ感染の拡大を止めるために、各地の井戸に毒を混入させ、住民を殺害してしまおうという作戦が開始されたそうです。しかも井戸に毒を混入するために訓練を受けた男たち(兵士)がいるのです。
毒入りの井戸水を飲んだ犬が溶けて死んでしまいました。既に犠牲者も出ています。一体、リベリアで何が起きているのでしょうか。エボラ感染の拡大を止めるためにリベリア国民を大量虐殺しようとしています。一体、誰がこのような恐ろしいことを指揮しているのでしょうか。リベリア政府?軍?米政府とCIA?それともイルミナティのトップダウンの命令なのでしょうか。しかも、エボラの感染を拡大させているのは人口削減計画を推進しているNWOのエリートら(イルミの一部)なのでしょうか。
いくらアフリカの途上国だと言っても、これほど野蛮な事が行われているなんて。。信じられません。
そして、カリフォルニアでは馬の皮膚が剥がれ落ちる奇病が発生しているのが報告されていますが。。。これは福島原発からの放射能による影響であるわけがありません。すぐに異変が起きると福島のせいにするバカなアメリカ人がいるものです。
カリフォルニアでは、何等かの毒を撒かれたか、新種の病原菌を撒かれた可能性があります。
それと。。。どこかの国ではコレラの感染が拡大しているそうです。
本当に。。。。世界中であまりにも異様なことが起き過ぎています。

http://wwwwakeupamericans-spree.blogspot.jp/
(概要)
8月17日付け:
エボラの感染が拡大している西アフリカのリベリアで、信じられないほど恐ろしい事件が起きています。
リベリアでは、意図的に井戸に毒(生物兵器)を混入させ、住民を殺害しているのだそうです。
毒が混入した井戸の水を飲んだ犬が死んでしまいました。これまでに16人の住民が毒入りの水を飲んで死亡しています。リベリアでは、これ以上エボラの感染を拡大させないためとの口実で。。。エボラの感染が拡大している特定地域の井戸に毒を混ぜ、その地域の住民を殺害しています。
数人の容疑者が警察に逮捕されています。容疑者の1人は、250人の男たち(兵士)がリベリア中の井戸に毒を混ぜる訓練を受けたと自白しています。しかし彼の自白の信ぴょう性はまだ確認できていません。
以下は犠牲となった犬の写真です。この容疑者は、実験のためこにの犬に毒入りの井戸水を飲ませたのだそうです。すると犬の体がすぐに溶けてしまったそうです。
カリフォルニアでは馬の皮膚が剥がれ落ちる未知の病気が確認されていますが、これも福島の放射能が原因なのではないかと思っていましたが。。ひょっとしたら、カリフォルニアでも、国境を越えて流入してきた(毒を混入する訓練を受けた工作員)不法移民が何等かの病原菌を動物や住民に感染させているのではないかと思うようになりました。