西アフリカの人々はなぜエボラが感染拡大したか分かってしまいました。いつもの連中の仕業なのです。
アフリカやインドなどの途上国の貧困層の人々は、国連や欧米エリートらの人口削減計画の実験台となっています。ワクチン(実際はウイルス)を強制的に摂取され、何が起きているのかもわからないままに病気になって死んでしまいます。
今回の西アフリカのエボラ感染拡大も全て欧米のエリートの仕業であることがアフリカ人に知れ渡りました。今や、感染国は大混乱しており、暴動まで起きています。
ただ、エリートらは世界中がカオス状態になることを望んでいますから、どのように展開しても彼らの意のままになっているのでしょうね。ただし。。。世界中の人々が真実に気が付き始めていますから、彼らの思う通りにはいかないと思います。
エボラの感染が世界中に拡大することを望んでいるのでしょうが。。。その前に何等かの形で封じ込められるような気がします。アメリカではこれまでの政治が変わらなければどうなるか分かりませんが。。。

http://beforeitsnews.com/global-unrest/2014/10/major-alert-us-bio-weapons-african-source-lab-exposed-2460996.html

(概要)
10月14日付け
米政府は、アフリカで大量虐殺を行うためにバイオテロを実行したということが明らかになりました。その理由は、エボラ感染が拡大しているシエラレオーネにあるアメリカの生物兵器研究所が突然閉鎖されたからです。ジャーナリストのヨイチ・シマツ(シマズ ヨウイチではないでしょうか?) 氏がエボラに関する記事を掲載しました。
記事によると:
西アフリカでエボラ感染者が確認された今年の2月に、元フランス領のギニアでは国連によるワクチン接種の大々的なキャンペーンが始まったのです。当時、ギニアではフィロウイルスの感染が拡大しており、ギニアの人々は3種類のウイルスのワクチンを接種されていました。実際は、医薬品会社は住民らに何も知らせずにザイール型エボラウイルス(フィラウイルス科)を意図的に注射し解毒作用に関する人体実験を行ったことが分かります。
その後、ギニアの国境を越え隣国のシエラレオーネやリベリアにエボラウイルスの感染が拡大したのです。エボラ感染は過去にも起きており、その時は今回のように感染が拡大するようなことはありませんでした。
このようなことから、今回のエボラが自然に発生したものではないことが分かります。
以前はこのような感染病は周囲の人たちにしか移らず国境を越えてまで拡大することはありませんでした。
つまり、大勢の人々にワクチン(エボラウイルス)を接種させたために感染が急速に拡大していったのです。
しかも非常に離れたところでも感染者が確認されているのです。これは自然発生の感染病ではありえません。ワクチンを受けた人々の周辺で感染が拡大していきました。

今では西アフリカの人々は病院から逃げだし政府に抗議をしています。彼らは何が起きているのかを知ったのです。感染国では暴動まで起きています。なぜ米政府は米軍を感染国に派遣したのでしょうか。このようなことは前例がありません。
ビル・ゲイツによるワクチン接種のプロセスは常に同じです。
フランス出身のユダヤ人男性が中心となってワクチンの謀略を実行しているのが明らかになっています。ビル・ゲイツがパートナーとして資金を提供している複数の団体(医薬品会社など)が特定地域に病原菌をまき散らし、多くのアフリカ人に承諾なしにワクチンや薬を注射し人体実験を行っているのです。彼らは巨額の富を得るためと人口削減のために常にこのような策略を繰り返してきました。
エボラの感染病拡大とワクチン接種を成功させるために彼らは何か月も前から準備をしてきたのです。AIDSの感染も彼らの仕業です。エボラウイルスも、AIDSと同じように、感染者が完治しても、エボラウイルスはその後長い間精液に生存すると言われています。 
従って、男性たちは感染したことに気づかなかったり、エボラが完治しても、性行為を通してエボラウイルスを女性たちに感染させているのです。そして女性たちは子供たちにエボラウイルスを移しています。
このウイルスは性行為によっても感染するように開発されました。過去に、彼らはAIDSウイルスでアフリカ人に同じことを試してみましたがうまく行きませんでした。そのため、今回はエボラウイルスを使って性行為により感染を拡大させているのです。
今回のウイルスを拡散する策略を実行に移したフランス出身のユダヤ人はフランス政府と深い繋がりがありますから、フランス政府も今回の事件に関わっているのは確かです。西アフリカの感染国はフランス領でもあったのです。そこではフランス語が使われフランス軍も駐留しています。さらに国連や欧米諸国もこの事件に関与しています。国連や欧米諸国はアフリカの非常に高価な鉱物が欲しくてたまりません。彼らはアフリカを占領し巨額の富を得たいのと同時に、彼らはアフリカ人は生産性の無い人種だと考えており、アフリカの人口を何百万人も削減しようとしています。彼らは世界人口を削減したいのです。その手始めにアフリカの人口を削減しようとしています。
アフリカでエボラ感染が拡大した後に世界中に感染を拡大させたいのです。ウォールストリートジャーナルも突然、エボラがパンデミックになることを警告しはじめました。(過去においてはエボラ感染はアフリカ内で収まっていました。)
アフリカ人は何千年も前から同じ生活習慣を続けてきました。それなのに最近になり、突然、新しい感染病が発症したのです。
ビルゲイツやフランス系ユダヤ人が所有する医薬品会社や国連、欧米政府の支援により、このようなウイルスが作られ、最初にアフリカ人がその被害者となったのです。
エボラウイルスの感染者がギニアの国境を越え隣国のシエラレオネやリベリアに広がったことは違法に行われた秘密実験が大失敗だったことが分かります。ただ、実際のところは、鉱物が非常に豊かな西アフリカを乗っ取るために生物兵器としてエボラウイルスを拡散させ、アフリカを破壊しようとしているのです。

 

今年の初めに西アフリカの感染国の住民が外国資本の医療プログラムとされるワクチンの接種を受けました。しかしエボラ感染が隠蔽されていたことが分かった現地の住民は国際的な支援プログラムは彼らを大量虐殺するためのものだと噂を耳にし、治療を受けるのを恐れるようになりました。
欧米諸国の小児性愛者達の被害を受け続けた西アフリカの住民らは、エボラウイルスが精液に長い間生き続けることを知り集団ヒステリー状態となりました。このように社会を不安定化するのも彼らのアジェンダの一環なのでしょう。

西アフリカで意図的にばら撒かれたエボラの感染が始まると同時にシエラレオネ政府はエボラと闘い始めました。しかし米保険局は、米チューレーン大学にエボラの研究(米軍医療研究所の配下)を中止するように命じたのです。さらに、シエラレオネの住民が激怒していることから、ケネマにある米生物兵器研究所(シエラレオネでエボラの研究をしている唯一の研究所であり彼らの実験により非常に多くの犠牲者が出ています。)も閉鎖することを決定しました。