ある情報によると、カナダでエボラ・ワクチンが開発され実験段階に移ったそうです。いよいよ忌まわしいエボラ・ワクチンが人々に接種されようとしているのでしょうか。アメリカではナノサイズのICチップを混入させたエボラ・ワクチンを人々に接種させようとしているそうです。
なんだかとても恐ろしいことが起きようとしています。本当に世界中がおかしな方向に向かっていることが分かります。日本にも1人でもエボラ感染者が確認されたら。。。日本人もエボラ・ワクチンが義務付けられてしまうかもしれません。そのようなことがないように政府にワクチンの危険性を訴え続けなければならないと思います。

http://beforeitsnews.com/prophecy/2014/10/cdc-whistleblower-exposes-ebola-vaccinations-containing-rfid-chips-2464846.html
(概要)
10月17日付け:
CDC米疾病対策予防センターの内部告発者が米政府が行おうとしている極悪非道な計画を暴露しました。
米政府は、迫りくるエボラ・パンデミックを利用してアメリカの人々にエボラ・ワクチンの接種を強要し、ICチップ(無線ICタグカード)をインプラントしようとしています。
CDCの内部告発者、ブレント・ホプキンスさん(CDCの元請負職員)によると、マイクロ無線ICタグを混入させたエボラ・ワクチンをアメリカの人々に注射する準備をしているとのことです。
12月1日までにCDCは20万世帯を対象にワクチンを接種させようとしています。
さらに他の米国民も近くのドラッグストアでエボラ・ワクチンを購入することができるようになります。 
ワクチンに混入させたマイクロ無線ICタグにより、ワクチンを接種した国民と接種していない国民の見分けが付きやすくなります。ワクチン接種を拒む米国民は、就職活動、外出、医療サービスを受けることが非常に難しくなります。そればかりか刑務所に送られることになる可能性もあります。
米政府はアメリカに住む全ての人々(子供や女性にも)に無線ICタグをインプラントしたいのです。
米政府はエボラ・パンデミックの恐怖を煽り、ワクチンを接種させようとしています。その結果、アメリカの人々はエボラの恐怖とワクチンの恐怖のどちらかの選択を迫られることになります。
CDCは米政府と連携してこのような方法を実行することで戒厳令を敷こうとしています。アレックス・ジョーンズ氏はエボラウイルスは意図的にアメリカ国内でまき散らされたと恐怖を煽ることで米政府が全国民を統制しやすくさせるのです。米政府の最終ゴールは、特定税率等級以下の人々を奴隷化することです。そのためにエボラが利用されています。