OPECがアメリカに戦争を仕掛けました。さっすがにサウジアラビアは、アラブ人に成りすましたユダヤ人王族が支配している国だけあって商売がうまいものです。誰よりも汚いやり方で相手を蹴落とします。
アメリカのシェール石油に関しては様々な環境問題が浮上しアメリカ国内で大きな問題となっています。アメリカの石油会社は各地でシェール石油を抽出し続けることでアメリカを世界最大の石油産出国にすることに成功しました。ただ。。。シェール石油はフラッキングにコストがかかりすぎるため、サウジアラビアなどの産油国ほどは儲からないようです。特にOPECが原油価格を下げ続けていますから、益々アメリカの石油会社の利益が損なわれています。ロシアの石油ビジネスよりもアメリカの石油ビジネスの方が危ないらしいのです。
このままでは多くの石油会社が倒産する危険性があるそうです。そうなると。。。アメリカの経済は完全に崩壊してしまいます。
アラブの産油国と共にロシア、中国、イランなどの国々がアメリカを追い詰めようとしているのかもしれません。
これらの国々の背後にいるのはもちろんイルミナティ(いくつかの派閥に分かれており現在内紛中でしょう)。。。

http://beforeitsnews.com/alternative/2014/11/guess-what-happened-the-last-time-the-price-of-oil-crashed-like-this-3070104.html
(概要)
11月30日付け:

Price Of Oil Causes A Junk Bond Crash - Public Domain
原油価格が6ヶ月間で40ドルも暴落したのは過去に1度しかありません。2008年後半です。
あの時、原油価格暴落の数ヶ月後に金融大崩壊が起きたのです。そして今、同じことが起きています。
原油価格が大暴落するということは経済活動が鈍化しているということです。 
その結果、金融市場にもかなりの打撃を与えることになります。現在、エネルギー会社はジャンクボンド市場の約20%を占めています。
そして通常、ジャンクボンドの内部破壊は相場の崩壊が迫っていることを示しています。 
今後、エネルギー関連のジャンクボンドの動きに注視してください。ジャンクボンドが崩壊すると、ウォール街の崩壊も近いのです。
シェール石油のブームが米経済を支えているとまでは言えませんが、シェール石油のおかげでアメリカは世界最大の石油産出国になったのです。

アメリカはサウジアラビアやロシアよりも多くの石油を産出しています。そして前回の不況以来、何百万もの雇用を創出し、多くのアメリカ人が安定的な職を得ることができました。

しかし残念ながら。。。OPECが原油価格を巡り米シェール石油会社に宣戦布告をしたため、シェール石油のブームは突然終わりを遂げるでしょう。
サウジアラビアやクウェートなどの国で石油をくみ出す方が、テキサスやノースダコタでシェール石油を抽出するよりも安くできます。従って原油価格が下がり続けると、多くの米シェール石油会社が利益が得られず破産する可能性があります。すると多くの人々が職を失うことになります。
しかし原油価格が安定しOPECはマーケットシェアを維持することになります。サウジアラビアは非常に無慈悲であり石油を巡る勝負の仕方を知っています。このようなシナリオは過去(ブッシュ政権時代)にも起きています。

1986年には原油価格が40ドルから10ドルまで暴落したのです。しかし近年ではエネルギーセクターのみがアメリカで唯一の明るい材料だったのです。もしエネルギーセクターが崩壊すると、米経済に大きなダメージを与えることになります。
エネルギー会社の業績が悪化すると高利回りの公債市場を通したデフォルトの波が押し寄せる可能性があります。さらに株価にも影響を与え大手銀行に大きなダメージを与えることになります。
なぜなら。。。エネルギー会社は全てのジャンクボンドの15%~20%を占めているからです。

中略

これから、原油価格、ジャンクボンド市場そして大手銀行がどう反応するかを注視していてください。