ベテランズ・トゥデーのチームがシリアの反テロリズム会議にアメリカ代表として出席したそうです。
そして会議の出席者の前でテロの実態と米政府の実態を伝え、会議に出席したシリア人らに衝撃を与えたそうです。
ベテランズ・トゥデーは民間の諜報機関として様々な秘密情報を掴んでいます。(日本には民間諜報機関があるのでしょうか?ひょっとして青山さんが?それでも日本では日本を支配している連中に関する秘密情報が国民に公開されることはあまりないようです。)
英語版のサイト上に公開された様々な秘密情報もこのような人たちの活動や内部告発者のリークによるものです。
今回の会議で、中東諸国の人々がアメリカの支配者らによる偽旗テロ攻撃を知ることで二度と騙されないようになることを願います。
このような情報が公の場で伝えられてしまったのですから。。。もはや。。。アメリカもイスラエルも身動きが取れない状態ではないでしょうか。

ただし。。。昨日もお伝えしましたように、世界を支配しているのはイルミナティを創ったイエズス会の奥ノ院のイタリア人の家系(10の家系)だと伝えられました。これが本当なら。。。ユダヤ人コミュニティは彼らに利用されているということです。恐ろしきイタリア人!!世界規模の犯罪組織の頂点にはこのような家系の連中が君臨しているようです。イタリアのシシリア島からマフィアが誕生したのも関係があるのでしょうか??
ローマ帝国の中心だったローマ(バチカンのイエズス会)の悪魔崇拝者たちは、嘗ての偉大なローマ帝国(恐怖政治を行った悪魔の帝国)の復権を夢見ているのでしょうか。彼らはヨーロッパだけでなく世界中をローマ帝国の支配下に置こうとしているのかもしれません。それがNWOなのかもしれません。実際、バチカンは世界の宗教を統一しようとしているようですし。。。

イスラエルやユダヤ支配のアメリカが崩壊しても、イエズス会の奥ノ院が世界に露呈されない限り、彼らによる次の手が世界中に実行されるだけでしょう。彼らはイルミナティが支配の道具として使っている左翼の共産主義・社会主義思想そして統一宗教による世界独裁統治のNWOの確立させたいのでしょうね。(実際、新自由主義もグローバリズムも左翼思想です。)
彼らはアホなユダヤ人を使い捨てにし、今度はBRICSの代表者である中国人やロシア人を歩兵として使うつもりでしょうか??分かりませんが。。。。
奥ノ院の10家系はギガ兆ドルもの富を独占しているそうです。彼らは、世界規模の壮大な犯罪を組織的に行うことで、世界中の国々の富や資源、世界中の人々の富を奪い取ってきた結果、宇宙規模の富と権力を得たのです。

日本にも、独自にデータを集めて日本の陰謀をネット上で明かす人たちがいるようです。しかし、残念ながら、彼らはアメリカ、イスラエル、ユダヤ人の組織犯罪は良く分かっていても、イルミナティのトップがユダヤ人でないということを知らないのかもしれません。また、ロシアや中国は反イルミ、反ユダヤ金融資本だと一方的に信じているようです。確かにロシアと中国は、世界の通貨戦争などを見ても、反米、反イスラエルで行動を共にしているようですが、ロシアのプーチンはバチカンのローマ法王と仲良く2ショットしていますし、中国もイエズス会の影響下にあるようです。欧米(ババリア)イルミナティはユダヤ人が支配しているのではないということを知るべきかと思います。
さらに、日本で運営される陰謀サイトの記事にはとんでもない内容が書いてあったりします。その一部は真実であるとしても全てが真実とは思えません。しかし彼らは自分が流している秘密情報がたとえ推測の領域を超えていなくても(実際に現場に行って調査を行わずに)、全てが事実であるかのごとく伝えている場合もあるようです。そのようなサイトを目にして驚いていますが。。。彼らの多くが嫌米で親中の左翼思想に偏っているようですし、背後に中国の洗脳もあるのかもしれません。
もちろん一部は真実を伝えているとは思いますが。。。洗脳と思い込みもあるのだと思います。
マスコミが流す情報はデタラメが多いのですが、ネットで流される情報にも気を付けたいものです。特に英語版サイトから流れる情報はイルミナティが操作している場合もあるため、ネット上の情報には冷静な判断が必要かと思います。このブログ内でお伝えする(私が独自に選んだ)英語版サイトの記事や私のコメントに関しても、ご判断は読者のみな様にお任せします。

http://beforeitsnews.com/alternative/2014/12/gordon-duff-destroys-the-fake-news-at-syria-conference-3075482.html
(概要)
12月10日付け:
 

Glenn Canady

 

ベテランズ・トゥデーのゴードン・ダフ氏と彼のチームはシリアで開催された反テロリズム会議にて主要メディアが流し続けた偽情報を粉砕しました。
ダフ氏と彼のチームはアメリカ代表としてこの会議に出席し、会議の出席者の前でテロやアメリカの真実を伝えました。アメリカは犯罪組織によって運営された国であり、この犯罪組織は、世界中のメディア、企業、政府を牛耳る世界規模の犯罪組織の傘下にあります。
ダフ氏はISISを結成させ、彼らの活動を指揮している米軍大佐らや特定議員を名指ししました。シリアの人々にこれほどの真実が伝えられたのは初めてのことです。

 (↑ ゴードン・ダフ氏がシリアで開催された反テロリズム会議で世界やアメリカの支配者について出席者に真実を伝えています。) 


ゴードン・ダフ氏が会議で伝えた内容:
あまりにも多くの人々が真実を暴露したために死んでしまいました。我々が皆さんにお伝えしてきた様々な情報(機密情報もあればそうでない情報もある)が真実であることを証明する出来事が世界中で起きています。
我々がお伝えする情報は、民間の諜報機関として我々が現場で調査を行いながら得た確かな情報です。我々は単なる推測に基づいてこのような情報を伝えているのではありません。確かな証拠をつかんでいます。
アメリカだけでなく世界を牛耳っている組織は世界規模の犯罪組織です。ほんの一握りの人たちが自分達の富を増やすために、あなた方の領土(中東地域)に潜入し、産業、資源、資産そして人々の命を奪っています。これは警察が捜査すべき犯罪なのです。皆さんが多大な被害を受けている中東におけるテロリズムは彼らによる世界規模の犯罪の一環です。
過去には、これほど酷い犯罪は存在しませんでした。

私の話をお聞きくださった皆さんの誠意ある声明に感謝します。
しかしまだ誤解されている部分があると思います。
それは。。。中東に大きな問題を引き起こしているアメリカの政治的干渉です。イスラエルが支配するアメリカの政治によって中東に何が起きているかを理解することはそう簡単ではないかもしれません。
それがどういうことかをこれから皆さんにご説明します。

2005年に米最高裁はシチズンズ・ユナイテッドと呼ばれるケースに対する判決を下しました。最高裁の判決により、企業や団体は政治家などに無制限に賄賂を渡すことが可能になったのです。
企業や犯罪組織は、米連邦議員に巨額の賄賂を贈ることで米連邦議会を支配し始めました。特に人身売買犯罪組織、麻薬密売犯罪組織そしてアメリカの最高権力者であるギャンブルの帝王のシェルドン・エールソン(イスラエルからアメリカに逃亡した後マカオに在住のイスラエル国籍のユダヤ人)は、巨額の賄賂を渡すことで米連邦議会の実権を握るようになりました。エールソンは、今回の中間選挙で10億ドル以上もの賄賂を候補者らに渡し、連邦議会の両党を買いならしています。
ジョン・マケイン共和党議員はアルブースラ?とISISの父なのです。彼が今後、アメリカの軍事政策を決めることになるでしょう。
心理作戦のスペシャリストである米軍の大将(マッキナリー大佐やポールハロイ?大佐など)はISISを結成させました。彼らは中東諸国を度々訪れており、ジョン・マケイン議員も中東を訪問しアメリカの心理戦のスペシャリストや諜報機関が結成させたアルカイダやテロ組織と会談しています。
1週間前に、ヘーゲル国防長官が辞任しました。
ヘーゲル国務長官は米軍によるシリア空爆を止めさせた人物です。アメリカはシリアのアレッポ郊外にある天然ガス施設に偽旗空爆を行いました。我々がヘーゲル国防長官に情報を伝達し空爆を止めさせたのです。
我々はこの機会にシリアと他の中東諸国が連絡を密にとれるシステムを構築することを提案します。そしてイスラエルや犯罪組織がアメリカを支配していることや米政府が世界規模の犯罪集団の手下であるということを中東諸国のみなさんに理解してもらいたいと思います。

http://beforeitsnews.com/alternative/2014/12/veterans-today-almost-taken-out-by-planted-heroin-in-lebanon-3075292.html
(概要)
12月10日付け:

ベテランズ・トゥデーはレバノン滞在中に麻薬で嵌められ危機一髪で逃げ出しました。
ベテランズ・トゥデーのゴードン・ダフ氏とマイク・ハリス氏(及びベテランズ・トゥデーの一団)は、反テロリズム会議が開催されたシリアとレバノンを訪れました。彼らはシリア政府からアメリカの代表者として反テロリズム会議に招かれたのです。
ゴードン・ダフ氏は会議中にアメリカやISISを支配・運営している闇の存在など、これまで隠されてきた真実を出席者らに伝えることに成功しました。シリアでこれほどの真実が伝えられたのは今回が初めてです。

ベテランズ・トゥデーの一団はシリアで開催された反テロリズム会議で彼らの目的を完璧に果たすことができました。しかし。。。その後レバノンを訪れた時、彼らは麻薬で嵌めら、危機一髪で逃げ出しました。

彼らが滞在することになっていたレバノンのホテルの部屋に到着後、マイク・ハリス氏が部屋の安全点検を行ったところ、部屋の中に1kgのヘロインが採れるケシが置いてあるのが分かりました。
彼らは、ホテルに置いてあったケシを証拠映像として撮影した後、急いでホテルから逃げだし空港に向かいました。
ハリス氏は、部屋に置いてあったケシを発見した際、急いで部屋から逃げ出さないと、ドアのカギが壊され彼ら全員が部屋に閉じ込められ、麻薬所持の疑いでレバノンの刑務所に投獄されて殺害されることになると察知しました。
まさに危機一髪で逃げ出したのです。さらにベテランズ・トゥデーのメンバーのうち、少なくとも3人はレバノンで毒を盛られました。また、売春婦をあてがわれそうになりました。
ベテランズ・トゥデーが小児性愛犯罪と児童の人身売買組織について明らかにしたため、現在、これらの犯罪の捜査が行われているのです。
ベテランズ・トゥデーは反テロリズム会議の出席者全員に、アメリカだけでなく世界を支配しているのは誰なのかを暴露しました。
詳しくは以下のビデオをご覧ください。

 

 


Get FREE private and secure Email and Messaging click now!