9月に何か大きなことが起きることを察知したビフォーイッツニュースの読者が送ってくれた情報です。
様々な情報を集めて、ジグソーパズルを1つの絵にして理解したこととは。。。

やはり、支配層は9月に何かが起こるためにその準備しているようです。CERNを使って、聖書の預言を具現化しようとしているのでしょうか。支配層は聖書の預言書通りのことを起こしています。聖書の預言で地球が崩壊すると書いてあれば、CERNを使って地球を破壊しようとするのでしょう。何しろ、支配層はサイコパスのキチ外ですから、どんな恐ろしい装置を使ってでも、地球を破壊したいのかもしれません。本当に。。。CERNは恐ろしい装置のようです。CERNがフル稼働するとどうなってしまうのでしょうか。今でも(CERNが稼働している)、気象変動が激化し噴火、地震があちこちで起きています。地球がまさに壊れているのではないかと思ってしまいます。
イルミナティ・カードにも、小惑星の地球衝突の絵が描いてありますが、カードの絵の通りに実演するためには、相当の事をしなければならなくなります。どこからそのようなイベントを起こすための資金を調達しているのでしょうか。世界中の人々が働いたお金を強奪して、自分達のアジェンダを実行しようとしているのでしょうか?
9月になにも起こらなければ彼らの計画が失敗したことになります。そうなってほしいものです。

http://beforeitsnews.com/paranormal/2015/06/the-period-of-22-28-september-2015-marks-the-start-of-something-major-for-civilization-2490358.html
(概要)
6月3日付け:
以下は、様々な情報のジグソーパズルを1つの絵にまとめた読者からの情報です。
2015年9月24日に、フランシスコ法王は、ローマ法王としては史上初めて米連邦議会で演説をすることになりました。
B4INREMOTE-aHR0cDovLzIuYnAuYmxvZ3Nwb3QuY29tLy1YSVBsWU1zWmNjRS9WVzU5QkQ2UDJWSS9BQUFBQUFBQU03MC9hZU8ycFlabjJ4dy9zMzIwLzIyLTI4JTJCU2VwdGVtYmVyJTJCMjAxNSUyQiUyNTI4NSUyNTI5LmpwZw==

フランシスコ法王は、2015年9月23日に訪米し、ホワイトハウスに立ち寄った後、24日に米連邦議会で演説をすることになっています。法王は一体何を話すのでしょうか。我々はその時、反キリストと偽の預言者について知ることになるのでしょうか。
9月25日には、法王はニューヨークで開催される総会に出席し、2015年以降の維持可能な開発アジェンダ=NWO計画についてのスピーチを行います。
法王は、世界の国々を統一し、全人類が統合し、貧困、飢餓をなくすための人道的計画を発表するのでしょう。いかにも素晴らしい計画のように見えますが。。。しかしその裏に隠れている大きなアジェンダを忘れてはいけません。
誰もがNWOについて知っていると思いますが、ここで言う素晴らしい計画とは、1つの組織が全人類を完全支配し世界を乗っ取るということなのです。
そして、G20は、富の平等のためにと。。。世界経済を統合しようとするでしょう。
つまり、世界の人々は彼らの協定に同意しなければならず、世界の大多数が同意すると、NWOの支配者に全ての権限を与えることになります。
NWOは我々の健康、食料、お金、資源を全て管理、支配し、我々は無力のまま彼らのやりたい放題であり、彼らの命令に従わなければならなくなります。
現在、戦争、経済、気象変動により世界中の人々が不安を抱いています。そんな中、世界の人々の前にフランシスコ法王が救世主として現れ、弱い立場の人々は彼らの計画に従わざるを得なくなるのです。

フランシスコ法王が最後の法王であるも言われています。もし本当にそうなら、1つの周期の終わりを意味します。なぜ法王はこの時期にアメリカを訪問するのでしょうか。しかも法王としては史上初めてのことです。

2015年にCERN (ハドロンコライダー) が6ヶ月間稼働 します。
フランスとスイスの国境沿いの地下深くに設置された円形の長いパイプがハドロンコライダーです。
興味深いことに、この巨大装置が9月に再稼働しますが、最大パワーで稼働することになります。
専門家らは、CERNが神のような粒子を創りだしビッグバンを起こそうとしているが、それがいかに危険であるかを警告してきました。地球よりも巨大なエネルギーを放出し、宇宙を爆発させる危険性があります。  

B4INREMOTE-aHR0cDovLzEuYnAuYmxvZ3Nwb3QuY29tLy1JQWxvX3B2UTVhQS9WVzU5S3EwWmNLSS9BQUFBQUFBQU03OC9BS2t5NzhGN1EyRS9zNjQwLzIyLTI4JTJCU2VwdGVtYmVyJTJCMjAxNS5qcGc=

CERNのロゴは666です。これは円の中にいる獣を意味しています。CERNのコライダーはイルミナティの全能の目或いはスターゲートのようにも見えます。破壊者であるシバ神の像が CERN施設の入口の外に設置されています。今年の4月にCERNのスタッフに巨大なLHCの鍵が手渡され、CERNシステムが始動しました。
聖書では天国から星が落下し底なし穴(地獄)の蓋を開けると書いてあります。

2015年は光(ルシファー)の年と言われています。これに関連して国連は法王と何かを設定しました。
国連が使う今年(光の年)のロゴがCERNのコライダーと同じ全能の目です。

9月に起きること。。。9月13日はトランペットの祝祭
9月28日は契約の箱の祝祭であり、4度目の赤い月(皆既月食)が欧米諸国で見られます。

9月25日はポスト2015年の開発アジェンダを導入するための国連サミットが開催されます。
たぶん、この時、小惑星が地球に衝突し、世界中に大被害をもたらすかもしれません。その後、強制的にNWOが始動します。
軍隊は兵器、銃弾、食料を大量に調達し保管しています。さらに地下には巨大な掩蔽壕があるとも言われています。そしてアメリカのジェイドヘルムのように、世界中で軍事演習が行われます。
ヘブライのShemitahでは、9月は何かが崩壊する月だと伝えられています。
 

B4INREMOTE-aHR0cDovLzMuYnAuYmxvZ3Nwb3QuY29tLy1yTWxiclZyLXlQby9WVzU5dVFCNkpkSS9BQUFBQUFBQU04VS83QV95UUgyVGRtay9zMjAwLzIyLTI4JTJCU2VwdGVtYmVyJTJCMjAxNSUyQiUyNTI4MyUyNTI5LmpwZw==

地球が激変することで我々の生存が危ぶまれています。気候変動が激化しており、2014年5月の協議会ではこのままいけば地球は500日後に破壊するとまで言われました。
映画、テレビ番組、CMなどで2015年9月22日から28日の期間に関することが取り上げられています。
最近の映画やゲームは、CERN、異次元トラベル、パラレルワールド、ポータル、スターゲートなどを題材にしたものが増えています。また大きな出来事がもうじき起こることを人々に受け入れさせるために、サブリミナルメッセージを使った映画も放映されています。
 (Tomorrowland, Mission Impossible, Call of Duty Black Ops III, Mad Maxなどがそうです。) 

LEGOブロックでも、CERNの組み立て用ブロックが販売されています。そしてLEGOのCMは、2015年9月に異次元のポータルが開くと伝えています。聖書では2015年9月に最初の携挙が起き、地獄の蓋が開くと記されています。

なぜFRBはニューヨークからシカゴに移転するのでしょうか。
1914年にニューヨークでFRBが創設されて以来、FRBは一度も自然災害の被害に遭っていません。それなのに一定期間、FRBを閉鎖してまで、ニューヨークからシカゴに移転するのです。
FRBが閉鎖されるほどの大災害が起きようとしているのでしょうか。金利の上昇と共に、ニューヨークのFRBは閉鎖されることになるのでしょうか。どのような自然災害が起きようとしているのでしょうか。

同時にペンタゴンもシャイアンの山間部に引っ越します。 

B4INREMOTE-aHR0cDovLzMuYnAuYmxvZ3Nwb3QuY29tLy1nN1UxelRRSTNtUS9WVzUtRzhDYk8zSS9BQUFBQUFBQU04ay9JUHR1b0l4ODQxay9zMzIwLzIyLTI4JTJCU2VwdGVtYmVyJTJCMjAxNSUyQiUyNTI4NyUyNTI5LmpwZw==

シャイアン山の巨大な地下掩蔽壕が10年前に放棄されました。しかし今週、ペンタゴンはシャイアン山に最先端の追跡、通信設備を再び移設すると発表しました。
コロラド州のシャイアン山の基地は、司令部の高感度センサーやサーバーをEMP攻撃から保護してくれます。

一方、125人の科学者と76人の銀行家が不審死を遂げています。

さらに謎なのは、中国政府が建設した中国国内とアフリカのゴーストタウンです。 

B4INREMOTE-aHR0cDovLzIuYnAuYmxvZ3Nwb3QuY29tLy1KNm1xQnl5Z0ROby9WVzUtUFl2R0ptSS9BQUFBQUFBQU04cy9jbXJ1dkVjSFZkUS9zMzIwLzIyLTI4JTJCU2VwdGVtYmVyJTJCMjAxNSUyQiUyNTI4NCUyNTI5LmpwZw==

中国の内モンゴルでは100万人が暮らせるOrdos?の街が造られました。砂漠の真ん中に未来的な建物がそびえているのです。さらにアフリカのアンゴラの砂漠地帯にも新たな都市(50万人が暮らせる)ができましたがそこには誰も住んでいません。
中国はなぜ誰も住まない巨大な街を造っているのでしょうか。
ロシアも急いでロシア国民が避難できる地下施設をあちこちに建設しました。アメリカでは米国民ではなくエリートのみが避難できる地下施設を建設しました。
このようなことからも、9月に何かとんでもないことが起きる可能性があるのではないでしょうか。
この記事は、読者に恐怖を煽ったり、聖書の終末論の考えを押し付けるものではありません。