日本の政界でも。。特定政治家の周辺で次々に人が死亡しているという話を聴きますが。。。
アメリカでは都合の悪い人物は簡単に殺害されてしまうようです。
アメリカだけでなく中国や北朝鮮などの独裁国家では、みな同じようなことが行われています。。。

それにしても、これは酷い!ヒラリー・クリントンの周辺では関係者が次々に不審死を遂げています。90人以上の関係者が死亡しているそうですから、驚きです。しかも現在のヒラリー・クリントンは3人目で、クローンだそうです。
もちろんヒラリーの背後で操っている人物或いは集団がヒラリーに殺害を命令するか、自分達で次々と殺害しているのでしょうけど。。。。
ヒラリーは人間の魂を持っていない人物だということが分かります。人を殺害しても何とも思わないのですから。。。ヒラリーはレズだとも言われています。犯罪一家のクリントンと結婚した理由は、カネと権力のためだったのでしょう。或いはヒラリーはロボットのように支配者の命令に従っているだけなのかもしれません。オバマとミッシェル夫人もゲイ同士の政略結婚だったのでしょうし。彼らの結婚は見せかけです。アメリカの支配者は、嘘、偽、騙し、詐欺、殺人、破壊、ねつ造、クローンが好きなのです。

このような似非人間(クローン)は道徳心も感情も何も持っていないので、簡単に大勢の人々を殺害してしまうのです。
このような似非人間がアメリカの政治(及び他の独裁国家の政治)をリードしているかと思うとぞーっとします。まさに政治は闇です。
いかに世界が悪者達に支配されているかがわかります。

http://beforeitsnews.com/politics/2015/07/whatover-90-of-the-clintons-asociates-dead-with-friends-like-that-you-know-the-rest-2729354.html
(概要)
7月25日付け


ヒラリー・クリントンが次期大統領になったなら。。。考えるだけでもぞーっとします。

メナ空港の建設には納税者の税金が使われました。この空港は、コカインと引き換えにテロリストらに銃を供給するために使われていました。
その事実を証言しようとしていたパイロットの1人が殺害されました。彼のポケットにはパパブッシュの電話番号が書いてある紙が入っていました。
また、コカインが(飛行機から?)落下したところを目撃した2人の少年がのちに殺害されました。

ベンガジの米大使館襲撃事件で4人の職員が殺害されたことに関して質問を受けたヒラリーは、別にかまわないじゃないの、と答えたのです。非常に冷酷な人物でないとこのようなことは言えません。
ヒラリーにとってビル・クリントンとの結婚は政治的に好都合だったのです。彼女はウェブ・バベルとの間に非嫡子をもうけています。これも気がかりな事です。

ヒラリーは先物(豚肉)で1000ドルを投資し10万ドルに資金を増やしました。 
リンダ・トリップスは、ヒラリーの事務所の(ヒラリー専用の)椅子の上にメモが置いてあったのに気が付きました。そのメモには、自殺、他殺、病気による突然死の死人のリストが書いてあったのです。

ジェームズ・マックドゥーガル氏はホワイトウォーターの土地取引の件で情報を提供する予定だったのですが、その前に独房監禁され心臓麻痺で死亡しました。

メアリー・マホニーさんは1997年のホワイトハウスでのセクハラ事件に関して証言をするはずたったのですが、その直前にスターバックスの外で殺害されました。
ビンス・フォスター氏はワシントン公園で裸のまま死体で発見されました。彼は左利きですが右手に銃を持っていました。彼は公園で殺害されたのではなく、室内でカーペットに巻かれて殺害された後に公園に放置されたのです。彼女もヒラリーの恋人でした。

商務長官のロン・ブラウン氏は、空軍機の事故で死亡したと言われていますが、彼の頭部には銃弾の跡がありました。彼は殺害される前に、検察官と取引中でした。
ビクター&モンゴメリー・レイザー夫妻は、自家用飛行機の墜落事故で死亡しました。彼らはクリントン夫妻の資金集めをしていました。

中略

2番目のヒラリーがこれらの被害者について知らないのではと考えるのは間違いです。
彼らは人々を簡単に殺害することができます。
面白いことに、現在のヒラリーは3番目のクローンだそうです。