アメリカのDHS国土安全保障省は、金融エリート(シオニスト)が組織化した機関ですが、DHSが恐ろしい機関だということは既に知られています。
DHSを退職しようとしている人が秘密情報を暴露しました。
ただ、その内容は以前から伝えられてきた内容そのものであり、今回、DHSの職員の内部告発により、改めて、これまで伝えられてきた情報が真実であることが分かりました。
やはり。。。米国民は政府(政府の背後にいる金融エリート)に狙われているようです。今後、米経済が完全に崩壊するとなると、ギリシャよりも危険な状態になるのかもしれません。
中国とアメリカはまさにシンクロしています。

http://beforeitsnews.com/alternative/2015/08/dhs-insider-everyone-seems-to-be-waiting-3197662.html
(概要)
8月11日付け

DHS国土安全保障省の内部告発者によると:
DHS内部は密告者だらけであり、まるで刑務所のようである。内部情報を漏らす職員は必ず捜査される。
DHS職員は脅迫されている。職員や職員の家族の命が危険にさらされているため常に怯えている。
(この内部告発者は他の多くの職員と共にDHSを退職しようとしている。)

DHSや他の政府機関は大統領執務室の私的な軍隊となってしまった。

DHS内部文書によると:
アメリカに未曾有の経済危機が迫っていることをホワイトハウスも司法省も認識している。DHSはその時に対応するための準備を完了した。
米経済が崩壊すると、DHSは、オバマの指揮下で米国民を殺害することになる。
殆どの米国民は認識していないが、実際に、米経済は崩壊している。
ゴールドやシルバーの貴金属の価格が急落した時が経済崩壊の始まりである。
経済崩壊の影響は雪だるま式に徐々に大きくなる。

米経済の崩壊は米政府が仕組んだのではなく、ウォール街の金融エリートらが仕組んだものである。
アメリカでは、ある日突然、銀行口座を利用できなくなるだろう。キャッシュカードでATMからお金を引き出すこともできなくなるだろう。
米国民の個人年金や他の資産が押収されるだろう。
経済崩壊と共にサイバー攻撃やテロ攻撃などの偽旗事件が起こるだろう。 

その結果、米国民の移動、ビジネス、生活範囲が厳しく制限されるだろう。
つまり戒厳令が敷かれることになる。

DHSの文書には、アメリカに大変な事件が起き、米政府の指揮下で軍が米国民を弾圧すると記されているが、実際はそのようなことが起こるとは思えない。その代わりに無能な指導者が斬首される事になるかもしれない。

ゴールドやシルバーなどの貴金属は、ネズミ講の不換紙幣とは違い、本物の貨幣であり、非常に重要である。アメリカはゴールドの在庫がない。そのため、物的資産のゴールドを空売りさせるためにゴールドの価格を操作し低く設定している。
中国はゴールドを買いあさっている。貴金属の価格を操作している人たちは価格を低く設定することで貴金属を安く大量に購入することができている。米ドルが紙屑になった時、ゴールドを安い価格で買いあさっていた人たちが大金持ちになる。
誰がゴールドの価格を抑えながら、ゴールドを買いあさっているかは特定できていない。

2001年9月10日に、元国防長官のラムズフェルドは、ペンタゴンの国防予算のうちの23兆ドルの使途不明金が判明したと発表したが、9.11テロ事件の直前のことであり、9.11事件が自作自演であったことが分かる。
DHSと各行政機関の関係がかなり危機的である。現在、DHSはイスラム過激派によって運営されている
DHSも他の政府機関も大統領執務室の私的な軍隊となった。

NSAも大統領執務室の命令に従っている。国税庁も大統領執務室の配下にある。大統領執務室といってもオバマだけが命令を下しているのではなく、オバマの背後にいる連中(グローバリスト)が主に命令を下している。彼らはオバマ政権を操っている。彼らとはオバマを大統領にした連中である。オバマが大統領になることは何十年も前から計画されていた。
オバマはグローバリストに協力している米諜報機関が仕立てあげた大統領である。グローバリストらはオバマを使って彼らの思う通りの外交を行っている。アメリカは彼らに占領されている。アメリカの嘘は計り知れないほど大きい。人々がそれに気が付いた時はもう遅すぎるかもしれない。
情報元: CANADAFREEPRESS.COM NESARA- Restore America – Galactic News