偶然の一致とは言えないような情報が入ってきました。
今回、ISISに襲撃され多くの犠牲者を出したバタグラン劇場はユダヤ人が所有していたのですが、2015年9月11日に売却されていたそうです。どうも怪しいです。この劇場を所有していたユダヤ人も間違いなくフリーメーソンであり、今回のテロ事件が劇場で起こされることを前もって知っていたのだと思います。しかも事件が起こる丁度2ヶ月前の9月11日に劇場を売却したのですから。。。。フリーメーソンがやりそうなことです。
フリーメーソンが組織的に大量の偽難民をアフリカ、西アジア、中東からヨーロッパに送り込んだのでしょうね。フリーメーソン=イルミナティ=ハザールマフィア=シオニスト。。。

今回の同時多発テロは13日の金曜日の夜に起きました。この日もフリーメーソンと関係しています。彼らは13という数字が好きです。また、劇場はフリーメーソンと深く繋がりがあるとのことです。劇場が完成した日やイベントが開催される日など、フリーメーソンと関係があるようです。
今回のテロ事件もフリーメーソンが背後で操っているのかもしれません。

今回の事件に関して、ロシアが興味深い情報を流しています。

ロシアの国防省は、13日にパリで起きた同時多発テロは、フリーメーソンの構成要員のカバラが指揮した組織的な犯罪であると伝えています。
ロシア国防省によると、フリーメーソンのカバラは米諜報機関(CIA)、フランスの諜報機関(DGSE)、イギリスの諜報機関(SIS・M16)、イスラエル軍の諜報機関(DMI)、バチカンを支配しており、彼らに指示を与えています。11月13日(金)に事件が起きましたが、その2週間前(10月27日)に今回のテロ事件が計画された可能性があります。今回のテロ事件を計画するための秘密会議がワシントンDCで開催されました。この秘密会議は、CIA-GW諜報カンファレンス(西側諸国にとっての中東の未来を決定する会議)と呼ばれるイベント終了後に、ジョン・バイデン米副大統領の自宅で各諜報機関(CIA、DGSE、M16、イスラエル軍諜報機関)のトップらが密会しテロ事件の計画について話し合ったのです。ジョン・バイデンはイエズス会のトップであり現在のアメリカの最大の権力者です。バイデンはブレナンCIA長官を指揮しています。ブレナンもまた、イエズス会に訓練された諜報アナリストであり、戦争しか頭にありません。彼らは第三次世界大戦を勃発させるためにパリで同時多発テロを起こしたそうです。
詳しくはこちらから:http://beforeitsnews.com/alternative/2015/11/russia-warns-friday-the-13th-paris-massacre-is-masonic-power-play-for-world-war-iii-3243088.html

<バタクイラン劇場を所有していたユダヤ人が2ヶ月前の9月11日に劇場を売却していました!>
http://beforeitsnews.com/economy/2015/11/jewish-family-sold-paris-isis-massacre-theater-on-91115-2775014.html
(概要)
11月14日付け

 11月13日(金)の夜に起きたISISによる同時多発テロにより80人以上の犠牲者を出したパリのバタクラン劇場(コンサート会場)に関して、この劇場を所有していたユダヤ人が2015年9月11日に劇場を売却していたことが分かりました。
劇場は常にフリーメーソンと繋がりがあります。劇場の完成日や虐殺が起きた日はフリーメーソンと関係があります。

フランスのLe Point誌によると、バタクラン劇場は何年も前からイスラム過激派(反シオニスト集団)の標的だったのです。なぜなら、バタクラン劇場を所有していたユダヤ・オーナーは常にイスラエルのためのイベントを開催していたからです。
2011年にイスラム過激派(イスラム陸軍)のメンバーはフランスのセキュリティ・サービスに対し、ユダヤ人が所有するバタクラン劇場を攻撃する予定だ、と伝えていました。