以下は12月8日の記事ですが、新年にふさわしい記事だと思いましたので今年最初の記事としてご紹介させていただきます。
いつもの。。。エコノミスト誌の表紙に関してです。エコノミスト誌はロスチャイルドが所有しているそうです。
2016年版が出たようですが、表紙のデザインは2016年に何が起こるかを暗示していると言われています。
ロスチャイルドはエコノミスト誌の表紙を通して彼らの策略を世界に伝えています。
エコノミスト誌の表紙通りになるのか、それともエリートたちの思惑は実現しないのか。。。今年も世界の動向を注視していきましょう!

今年もどうぞよろしくお願いします。

http://beforeitsnews.com/alternative/2015/12/cover-art-prophecy-suggests-huge-2016-predictions-rothschild-owned-magazine-the-economist-says-it-all-3254332.html?currentSplittedPage=0
12月8日付け

Screen Shot 2015-12-08 at 7.43.45 AM

 エコノミスト誌(2016年版)の表紙は何を暗示しているのでしょうか。CVGYpU3XIAAV10w

CosmicConvergence.orgによれば:

(概略)

エコノミスト誌(2016年版)の表紙が意味するものとは。。。

まず、中国暦(十二支)では2016年は火の猿の年です。この年は世界中で様々な出来事が起こるとされています。
2016年は時間や物事がさらに加速します。非常に重大な事件が次々と起こりますから注意しましょう。
ユダヤ暦のスーパー・シュミータが2016年10月3日に終わります。11月には米大統領選がありますが、超大国アメリカが突然不意に激変することになります。
特に、2024年まで冥王星がやぎ座を通過していくため、アメリカでは金融・経済的な激変が起こるでしょう。2016年は2015年と比べても、より頻繁に仰天動地の大事件が起こります。

エコノミスト誌の表紙は2016年に何が起こるかを暗示しています。
uPdww6f

↓ そして特に表紙のこの部分に注目しました。Screen Shot 2015-12-08 at 7.43.45 AM

この部分に最も重要なメッセージが隠されています。
世界のリーダーたちが対称的に並んでいるというのが注目すべき点です。

つまり、現在、世界中で展開しているチェスゲームが熱狂を帯びていますが、このチェスゲームでは3人の主な対局者が主導権を握っています。それらはアメリカ、ロシア、ドイツです。
これらの対局者(3ヶ国)は現在の地球文明の運命を決定づけます。
他の6人の対局者もまた地球の運命に於いて重要な役割を果たします。表紙の中で、其々のリーダーがどの位置にいるかということが重要です。

メルケル首相は、文字通り、比喩的にも、女王の位置にいます。第一次、第二次世界大戦時と同じように、ドイツは最終的にタイタンの戦争に於ける勝者と敗者を決定づけます。

オバマ大統領はまさしく世界を舞台にしたゲーム・オブ・スローンズ(王座を争うゲーム)のポーン(歩兵)であり、アメリカが破綻し世界から孤立し完全に落ちぶれた中で大統領として活動しています。もはやアメリカは嘗てのような信頼できる自由と正義の国ではありません。

プーチン大統領はチェス・マスターの密集軍で回りを固めた真のキングです。ロシアは、不当な対露制裁、金融テロ、経済的破壊行為などを受けて弱体化しているかのように見えますが、そのおかげでロシアはこれまで以上に独立した超大国となっています。
表紙のプーチンの顔の色をご覧ください。白黒ではありません。また、プーチンの顔は、希望、期待、強さ、粘り強さであふれています。

メルケル首相の顔もずいぶん楽天的に見えます。まるでドイツがやがて正義の国ロシアのリーダーシップの後についていくことを予期しているかのようです。
白黒でくすんだ顔のオバマは常に屈強な男を演じていますが、実際は口だけの無能な大統領です。
メルケルとプーチンそしてメルケルとオバマが等距離に並んでいます。第三次世界大戦の冷戦がこれらの3ヶ国を中心に展開しています。戦争が具現化していも、これらの3ヶ国が中心となります。3人が対照的な位置にいるということは、戦争後にどのような結果になるかを物語っています。

他の6人のリーダーも同じように動きの速いチェスボードで重要な位置(世界の未来を決める立場)を占めています。


•  2008年にグリーンスパン議長が金融崩壊を仕掛けジョージ・W・ブッシュをつぶし大統領選でオバマに勝利させたのと同様に、FRBのイェレン議長はオバマが誇示すれば短時間で惜しみなく援助の手を差し伸べるでしょう。
•  大統領候補のヒラリー・クリントン(彼女もチェスゲームのポーン)が大統領に選ばれたなら、アメリカで最も危機的な時期にアメリカの運命のかじ取りをすることになります。ヒラリーは女王(メルケル)と親しい仲です。オバマとは大分距離がありますが、オバマのように彼女の政策も失敗するでしょう。
•インドのモディ首相と習近平はBRICSにとってなくてはならないメンバーであり、他のリーダーたちよりもドイツのメルケルとより親しい関係にあります。モディと習(ルーク)は、偽のキングのオバマを拘束する(?)手助けをする可能性があります。
•  キャメロン英首相と安倍首相は英米枢軸の協力者です。彼らはメルケル女王から最も遠いところにいますが、英米枢軸から離脱する予感がします。
彼らのようなナイトがいれば、誰も敵にしたくありません。  
•  オバマ、ヒラリー、キャメロンの顔には不安と動揺が見え隠れしています。モディ首相と習近平は問題が解決し先見の明のある明るい顔つきをしています。イェレンはいつもの通りかなり困惑した顔をしています。
イェレンはイエズス会の法王からの命令に従っているだけです。
表紙には法王が後方に配置されています。これは法王が陰で操っている真の権力者だということを示しています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さらに。。。reddit.comによると:

・表紙の下部中央にユーラシアとアフリカの人口チャートがあります。世界人口と人口統計が最終的に国連によって言及されました。その結果、主要メディアもニュースで取り上げ、あちこちで世界人口の井戸端会議が行われています。
・表紙の右上には米国債のチャートがあります。11月に非常に重要な大統領選があります。金融危機は債券市場から始まります。これは2008年の金融危機の時と同じです。イェレンが表紙の中で目立った位置にいるということは米国債チャートに関連するということです。
・ビル&ヒラリー・クリントンも表紙の中で目立った位置にいますが、これはヒラリーが大統領選で勝利することを示唆しているような気がします。
・オバマは日本と中国のリーダーの間にいます。これは2016年にオバマが日本と中国に戦争をさせないように何等かの手をうつことを示唆しているのでしょう。その結果、中国を激怒されるでしょう。
安倍首相の顔は笑っていますが、オバマと習近平はしかめっ面をしています。日本は予想通り物事がうまくいき、中国がわが物にしたい東シナ海の尖閣諸島を管理下に置き続けるでしょう。
・表紙の右下には山羊の脚と角を持つ悪魔のようなビジネスマンがいます。これは2016年に銀行家やビジネスマンが危機的な状況になることが考えられます。
・表紙の右上にはアルバニアの国旗を掲げて抗議をしている男性がいます。2016年にアルバニアで何等かの理由で色の革命が起こる可能性があります。
・インドのモディ首相とプーチン大統領が笑いながら並んでいます。これは2016年にインドとロシアの両国に非常に良いことが起こることを示唆していると思います。国連の投票に関係するのかもしれません。
・IMF専務理事のクリスティーヌ・ラガルドも登場していますので、2016年はIMFにとって非常に忙しい年となるでしょう。