カザフスタンの研究者らの研究成果により、人類は進化したエイリアンによってDNAを操作された結果生まれたことが分かりました。人間のDNAって、宇宙そのものだと思います!
これは従来の進化論を否定するものです。これまでもネット上で、ホモサピエンスはDNA操作により生まれたことが伝えられてきました。どうやら。。。ネット上で伝えられている様々な裏情報が本当だということが次第に証明されているような気がします。世界を支配するエリート集団は一般の人々に対しメディアや教育機関を介して嘘ばかりを教えてきました。宇宙についてもNASAの嘘がバレていますし。。。ネットの普及のおかげにより隠された真実が次々に明らかになっています。

http://tapnewswire.com/2016/01/human-dna-contains-a-message-from-extraterrestrials/
(概要)
1月1日付け

prometheus-movie-image

 

2人の研究者(カザフスタンAPHI研究所)による最新の研究成果によると:
人間のDNAには太古の昔に地球にやってきた古代エイリアンが使っていた宇宙シグナルがコード化された状態で組み込まれていることが分かりました。
DNAに地球外生命体の数学的コードが組み込まれているということは従来の進化論では説明がつきません。

この研究成果は、古代エイリアン(宇宙飛行士)が地球にやってきたとする説や人類のDNAは進化したエイリアンによって操作されたという説がほぼ間違っていないことを証明しています。
カザフスタンの研究者らによると:
エイリアンのコードがDNA内に組み込まれると、宇宙学的なタイムスケールでそのままDNA内に残ります。これは最も永続的な構造体です。ですから非常に信頼の於ける古代の情報がDNAに保管されているということです。
ゲノムが書き換えられると、特色のある新たなコードが細胞内に凍結され時空を超えて子孫に受け継がれます。
人間のDNAは非常に精密にデザインされており、算数や表意文字で表された記号言語のアンサンブルが組み込まれているのです。
つまり、数十億年前に太陽系外から地球にやってきたエイリアンによって人類は遺伝子操作されたということが分かりました。
これは地球に残された古代資料の記録内容(人類創造と創造神について)を裏付けることになります。
しかし地球の生物は、宇宙から生物の素粒子が彗星や隕石によって地球にもたらされたとも考えられます。彗星や隕石が素粒子を運ぶ巨大な飛行物体の役割を果たし異なる惑星に生命体を誕生させたというものです。
これは従来の進化論とは違います。我々人類は無作為に進化したのではなく、ある目的のために遺伝子操作され地球に送り込まれた可能性があります。
もしこの論説が正しいなら、人類は、太古の昔、宇宙の別の惑星で我々よりも遥かに進化したエイリアンによって創られた生命体であり、何等かの目的に地球に定住させられたのです。
しかし、地球生物の起源として、外宇宙の微生物或いは化学的前駆体が地球にもたらされ適切な環境下で生物を生んだとする胚種広布説も否定できません。
ただし進化したエイリアンによって地球の生物が創造されたという説が有力です。今後数年以内に(隠された)人類の起源が徐々に明らかになるでしょう。。