もし以下の情報が本当なら。。。の話ですが。。。
ロシア国防省によると、ヌランド米国務次官補が奇妙な行動をとっているそうです。
まるで邪悪な支配者のマインドコントロール下で気が狂ってしまったような感じです。
オバマがハワイで休暇中にオバマを護衛していたヘリが墜落した事件に関して、オバマは自分の身の危険を感じたのでしょう。そのため、同じ政権内の反オバマ勢力を一掃しようとしているのでしょうか?そしてヌランドも命を狙われているのでしょうか?良く分かりませんが。。。
なぜ、アメリカの政府高官が乗った米軍機がロシアの軍事基地に緊急着陸し、彼女はプーチンと個人的に面会したいと言ったのでしょうねえ。。。米政府内部の人間がパニックに陥っているということは。。。今年の大統領選で何かが起こるのでしょうか?
ヌランドはヒラリー・クリントンの忠実な臣下だそうですが、ヒラリー・クリントンは数々の犯罪を行いました。またアル中でかなり酷い状態ですから、ヒラリーが政治生命をたたれれば、彼女はアメリカにはいられなくなるのでしょうか。
そして、彼女は第三次世界大戦が近いと叫んでいたそうです。
何だかよく分かりませんが。。。米政府内部はかなり混乱しているのでしょうね。

http://www.whatdoesitmean.com/index1983.htm
(概要)
1月15日付け


ロシア国防省から驚くべき情報が伝えられました。
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外務相とアメリカのケリー国務長官が1月20日にチューリッヒにて会談を行うことに合意した直後(24時間以内)に、ケリーの部下の一人を乗せた米軍機がロシア領空に接近し、バルト海沿岸のカリニングラード州にあるロシアの秘密軍事基地に緊急着陸させてほしいとロシア側に要請しました。


ヨーロッパとユーラシア外交担当のビクトリア・ヌランド米国務次官補が、リトアニアのコマネスク外務相と会談後に米軍機に乗り、次の行き先であるベルリンに向けてリトアニアのビルニウス国際空港を出発しました。しかし空港を離陸した直後に奇想天外な行動をとったのです。
ロシア国防省の諜報機関は、ヌランド米国務次官補の突発的な行動はまるでヒットラー政権下のルドルフ・ヘス(ヒットラー代理)がとった行動のようだったと伝えています。
1941年5月10日にヘスは飛行機でスコットランドに行き、第二次世界大戦を阻止するためにイギリスとの和平に同意しようとしました。しかしヌランドの場合はひねくれた意図が見え隠れしていました。   



ヌランドが乗った米軍機は、ロシア軍事基地に緊急着陸を要請するだけでなく、ヌランドがプーチンと個人的に会いたがっているとロシア側に伝えました。しかしロシア側は、ヌランドはオバマの臣下ではなく、ヒラリー・クリントンの忠実な臣下であるため(彼女はビル・クリントン大統領の側近だった)、彼女の要請を断りました。
しかしプーチンは彼の側近のスルコフ大統領補佐官をカニングラード州に派遣し、ヌランドと面会させました。ヌランドが乗った米軍機は、カリニングラード州のロシア軍事基地に着陸が許されました。今後、同州のピオネールスキー市にある大統領の別荘にてスルコフと密会することになっています。
プーチンと別荘を護衛している特殊部隊のエージェントによると、ヌランドはロシア軍事基地に着陸後、精神が錯乱したように非常に興奮した状態で、罵り言葉を使って「戦争が始まる、戦争が始まる。ロシアが約束を破ったから全世界が大変なことになる。」と叫びました。

ロシアが何の約束を破ったのかは定かではありませんが、どうやらヌランド自身も何の約束だったのか分からないようです。彼女はプーチンを正しい称号で呼ばずに、ファッ○ング皇帝と呼びました。
ロシアの特殊部隊のエージェントに囲まれた中で、ヌランドは、「オバマ大統領はわが身をかばうためにハウスクリーニングを開始した。ハワイで起きたことはその手始めであり、私が次に狙われる。」と言いました。
詳細は不明ですが、ヌランドはどうやらハワイで起きた事件(ヌランドがタジキスタンのチャカロフスクに到着直後に、ハワイで休暇中のオバマを護衛していた2機の米海軍ヘリがハワイ沖に墜落した事件)に関してかなり恐れているようです。


ヌランドはヒラリー・クリントンのカバラの重要メンバーであり、ヒラリーと共に、陰のCIAである米警備会社のStratfor社を使ってウクライナを破壊しました。また、彼女はヨーロッパ諸国の懸念を無視し、「まさに、ファッ○ ザ・EU」と罵って、ウクライナに新たなネオナチ政権を誕生させようとしました。