以下の記事では北朝鮮の脅威について警告を発しています。
北朝鮮は世界の最貧国とまで言われていましたが、実際はイルミナティ(どの派閥かは分かりません)が、アメリカを破壊するために北朝鮮にアメリカを攻撃させようとしているようです。そのため、イルミナティが北朝鮮に多額の資金や軍事技術を提供している可能性もあります。
そうでないと、最貧国の北朝鮮が核ミサイル、地下軍事施設、トンネルを造ることなどできません。
ただ、北朝鮮のミサイルはまだ完ぺきな状態ではないようです。
北朝鮮が先週、発射したミサイルがどうやら空中爆発で失敗に終わったようですから。。。しかし北朝鮮は成功したと発表しています。
金正恩は精神錯乱状態だと言われていますが、どうやらミサイルの出来も錯乱状態のようです。
かえってその方が危険かもしれません。どっちに飛んでいくかも判らないのですから。。。日本からしてみれば、こっち見るな、と言いたいです。

http://beforeitsnews.com/self-sufficiency/2016/02/final-warning-illuminati-north-korea-invasion-to-the-america-2016-2500322.html
(概要)
2月5日付け:

North Korea
エド・デイムズ少佐と彼の遠隔透視チームによれば:
北朝鮮が激怒しアメリカに対し核兵器を使う可能性もあります。金正恩は激怒しています。そして彼の力量を示そうとしています。中国でさえも北朝鮮の動きに懸念を示しています。
しかし戦争が勃発すれば、中国は北朝鮮を支援するでしょう。
イルミナティの内部告発者によれば、イルミナティの承認なしに重大な出来事が起こされることは絶対にありません。なぜなら、世界で起きている重大な出来事は全てイルミナティが念入りに計画したものだからです。

では、イルミナティは一体何を計画し、実行しようとしているのでしょうか。
私の推測では、ゆっくりとあるいは急速に、ハルマゲドンの脚本と呼ばれているイルミナティの計画が実行に移されることになると思います。ハルマゲドンの脚本では、世界各地に紛争を一斉に勃発させ、第三次世界大戦につなげるというものです。
彼らの計画では、北朝鮮が韓国に攻撃を仕掛け、それに便乗する形で中国が台湾を攻撃します。
次に、中東で戦争が始まり、アメリカは中東で戦っている同盟国或いは親米武装集団を助ける形で戦争に参加することになります。
イルミナティがアメリカを破壊させたいなら、エゼキエル書38/39の戦争通りに最終的にアメリカを滅ぼすことになります。

イルミナティがアメリカを滅ぼそうとしているのは確かです。この目的を達成させる方法の1つが戦争です。
もう1つの方法が経済崩壊です。この2つの方法にてアメリカを完全に破壊するかもしれません。アメリカが北朝鮮と実際に戦争をするなら中国は北朝鮮に手を貸します。

今後は北朝鮮が決め手となります。北朝鮮が何をやるかは誰も予測できません。北朝鮮はミサイル発射実験と言いながら、実際にアメリカに向けてミサイルを撃ち込むかもしれません。
北朝鮮には地下深くに秘密トンネルがあります。そして地下に核爆弾が大量に保管されており、それらを使ってアメリカを攻撃するかもしれません。
今回、米政府は北朝鮮の脅威を真剣に受け止めています。
BlackoutUSA
つい最近、北朝鮮はサテライトを打ち上げました。しかしその目的が何なのか誰もわかっていません。北朝鮮のミサイルがどのようなものなのかもわかっていません。
北朝鮮がいつミサイルをアメリカに向けて発射するかも分からない状態です。金正恩は、戦争が近い、と言っているくらいです。


北朝鮮のサテライトにはEMP兵器が搭載されているのでしょうか?
ホピの預言では、アメリカのハイテク装置を破壊する方法はEMP攻撃しかないと伝えています。
日本政府は北朝鮮の脅威に対抗するために日本海に迎撃ミサイルを搭載したイージス艦を配備しました。

金正恩は精神錯乱状態であるため、北朝鮮が発射したミサイルを迎撃すれば、金正恩はさらに激怒し、そのことを戦争行為とみなし、北朝鮮が保有するあらゆる兵器で応戦するでしょう。

金正恩は、北朝鮮の軍部や民衆に自分が弱腰であると思わせたくないため、自分を追い込むことになります。彼は北朝鮮国内だけでなく世界的にも危険な状況下にあります。
一体、彼はイルミナティからどのような命令を受け、どのような報酬をもらうことになっているのでしょうか。



火曜日に、北朝鮮は、在韓外国人に対し、朝鮮半島で有事が起こった場合に備えて身を守るためにシェルターを確保するか避難するようにと警告しました。
北朝鮮がこのような警告を発したのは、日本がミサイル迎撃の準備をした後のことです。同時に、韓国と北朝鮮が合同で運営している工業団地に北朝鮮の従業員が姿を現さなくなりました。
また、北朝鮮のアジア太平洋平和委員会はアメリカと韓国が北朝鮮を挑発していると非難しました。
そして、彼らは、戦争が勃発すれば全面戦争になると警告しました。

金正恩は、長期的に見ればアメリカを破壊することができると考えています。このようなことを考えている彼は気が狂っているかのように見えますが、実際に北朝鮮が保有している兵器を使えばアメリカを破壊することは可能です。
 
北朝鮮ではそれほど大規模な軍事増強が行われていないかのように見えますが、実際は、地下には韓国まで到達する巨大なトンネル網が造られている恐れがあります。そして金正恩の指揮下で大規模な軍隊がトンネルを通って韓国側に進攻し突然地上に現れるかもしれません。このようなトンネル網が世界中に伸びている可能性があります。

北朝鮮がどのような兵器を持っているかについて誰も詳しいことはわかっていません。
イランがアメリカを嫌っているように北朝鮮もアメリカを酷く嫌っています。
米諜報機関の予測は常に間違っています。
アメリカの情報アナリストによると、北朝鮮が大量に保有する兵器で、韓国の首都ソウルだけでなくソウル周辺及び北南を分けている非武装地帯の在韓米軍基地も破壊されるかもしれません。
韓国軍は北朝鮮の攻撃のサインを読み取ることができますが、北朝鮮が地下深くに掘ったトンネルから攻めてくる場合は韓国がいつ攻撃されるかを読み取ることはできません。
最悪のシナリオとして、3万人もの北朝鮮特殊部隊が秘密トンネルを通って韓国側に到達し韓国を攻撃するということです。

TLW

 

 By. MyDailyInformer