イエレンFRB議長が10日の議会証言で、最近の市場での混乱に伴う影響を認め、追加利上げを遅らす可能性を示唆したこともあって、ドイツ銀行の株価が上昇したようです。ただ、長くは続かないでしょうね。
一方、円高が続いています。日銀のマイナス金利導入は、ダボス会議か何かでヨーロッパの政策に従うように命令されたか、それとも、単に日銀(黒田総裁)がユダヤ金融資本のパペットであり無能だということを示しているのかもしれません。マイナス金利が成功するとは思えません。中央銀行は、マイナス金利を導入することで市中(地方)銀行をつぶし、金融を独占したいと考えているようですが。。。最も潰さなければならないのが中央銀行です。何しろ、彼らのやることなすことが全て裏目に出ています。金融犯罪をの首謀者の中央銀行の存在自体が悪ですから。
日経は今日休みでなければ崩壊していたそうです。明日の日経株価は暴落でしょうか?
いよいよ。。。。金融崩壊が目に見える形で起きています。

http://beforeitsnews.com/banksters/2016/02/jim-willie-if-deutsche-bank-goes-under-it-will-be-lehman-times-five-2-2435792.html
(概要)
2月10日付け

 
ホンコンのトレーダーが休暇から戻ってきました。

1ドル113円を切る円高が進む中で、金が1年前にように1200ドルまで高騰しています。 
ジャネット・イエレンの議会証言がもとになり、今日のドイツ銀行の株価が高騰しましたが、米市場は低迷したままです
中国のトレーダーは春節によりロックアウト中です。一方、日本は幸い祝日(11日)で一休みしています。なぜこの日が休みで幸いしたかというと、この日、日経は崩壊していたはずだからです。 
ホンコンのトレーダーが仕事に就くと、世界的な株価大暴落が起きていました。最も重要なことは、彼らは、中国、アメリカ、日本の間で、arbedエクスポージャー(意味が分かりません??)をヘッジすることができなくなっています。
そのため、彼らには選択肢があまり残されておらず、中央銀行の信用が失われたことを示す事につながるアセットを購入しています。彼らのこのような動きは、日本銀行の政策は完全に失敗したということを鮮明に伝えています。
日銀がマイナス金利を導入してから、円高が進んでいます。

金の価格が1200ドルまで高騰しています。

QE3が終了した当時のレベルまで金が高騰しています。

なぜ、金がこれほど高騰しているかは不明ですが、何かが起きていることは確かです。
金の価格が高騰する中で、ドルに対して円が2014年以来初めて130円を切りました。このまま110円まで円高が進むと思います。円が110円になれば、黒田総裁の政策とアベノミクスが完全に崩壊したことになります。
金の価格はこのままずっと上昇し続けるとは思えません。国際決済銀行で金市場とFXを担当している我々の親友、Benoit Gilsonは、このような状況下で間もなく警戒態勢に入るでしょう。
通貨だけでなく、WTI (ウェスト・テキサス・インターメディエイト=アメリカで生産されている代表的原油)が26ドルまで暴落しています。

アジアの株式市場も崩壊中です。
ead More @ ZeroHedge.com