悪者がパニックに陥ると何をするか分かりません。
彼らが恐怖を感じると、手当り次第に人々を殺害していきます。彼らは人間の被り物を身にまとった獣です。
獣が世界を支配しているのですから。。。
アメリカでは次々に重要人物の変死体が発見されることになるのでしょうか。

何しろ、彼らの秘密計画(暗殺、偽旗攻撃事件など)がネット上で次々と暴かれているのですから、彼らも相当焦っているようです。何をやってもバレてしまうのですから堪らないでしょう。一昔前は彼らのやり放題だったのが、彼らの存在を知る人が増えれば増えるほど、そして、彼らのやり方に反発する人々が増えれば増えるほど、ネット上で次々と彼らの秘密計画が暴露されます。これまでは彼らの下で働いていた人たちも彼らに刃向うようになっています。
イルミナティのメンバー(イルミナティの血統を引く人たち)の中にも上層部のやり方に反発し、イルミナティから離れて行く人も多いようです。彼らもまたイルミナティの内部情報を暴露しています。

最近ではネット上で拡散される情報を監視することすらできなくなっているようです。アメリカでは情報統制や監視が強化されたと言われていますが、あまりにも大量の情報が流れているため、監視も十分にできないのでしょうね。

ところで。。。最近、日本の法務省がヘイトスピーチ動画の削除要請をしたと報道されましたが。。。
単なる、反日の在日集団に向けたパーフォーマンスでしょう。きっと、法務省に在日集団がヘイトスピーチ動画について凸したのでしょう。法務省はこれから何千回、何万回もの動画を削除要請するのでしょうか。随分と忙しくなりますねえ。益々残業が増えますねえ、在日集団のご機嫌とりのために。
法務省も、日本人に対する在日集団のヘイトスピーチに関しては寛容のようです。日本の省庁は国民のために働いているのではないようです。

http://beforeitsnews.com/power-elite/2016/02/the-elite-are-in-a-panic-theyve-moved-into-killing-opposition-media-judges-patriots-christians-whos-next-2450874.html
(ビデオ)
2月17日付け

エリート集団がパニックに陥っています。彼らは次々と敵対者(オルターナティブメディアのジャーナリスト、判事、愛国者、キリスト教徒)を(これまで以上に)殺害し始めました。

(概要)
世界を支配しているグローバル・エリート(エリート中のエリートたち)集団がパニックに陥っています。
彼らはとてもビクビクしています。
なぜなら、アメリカの愛国者、保守派、銃所持者、キリスト教徒を含む我々一般国民が情報戦争に勝利しつつあるからです。
彼らの策略やアジェンダが次々とリークされています。そのため彼らは我々に対する攻撃を強めています。しかし我々側の人々(反グローバル・エリート)の数が増え続けています。彼らの攻撃が激化すればするほど、彼らに敵対する人々が増えていくのです。
益々多くの人々がYoutubeを介して秘密情報をリークし、益々多くの人々がリークされた情報を目にするようになりました。

私は、米政府を管理しているエスタブリッシュメント(グローバル・エリート=支配者集団)に本当にうんざりしています。
彼らは情報戦争に敗北しつつある中で、彼らの敵対者を次々に殺害しています。もちろん何年も前から敵対者を次々と殺害してきましたが、今ほど多くの人々が殺害されることはありませんでした。

例えば、最高裁のスカリア判事も彼らによって殺害されたことは確実です。スカリア判事は他の判事よりも保守的な考えを持つ人物でした。
彼らはスカリア判事を殺害することで、彼らのアジェンダ(アメリカをイスラム過激派を使って破壊し、アメリカを共産主義独裁国家=NWOにすること)の邪魔をする人々は全て殺害するというメッセージを我々に送っているのです。
彼らが保守派のスカリア判事を殺害した理由は、彼に代わって革新的リベラル派の判事を任命したいからです。

彼らは秘密情報をリークした人々を全員殺害しようとしています。
アレックス・ジョーンズ氏のYoutube番組に出演し内部情報をリークした人物も、その直後に黒いスポーツカーが彼の車を自宅に到着するまで尾行したそうです。
ヒラリー・クリントンも彼女の秘密情報が次々とリークされ、かなり怯えています。ヒラリーが大統領にならないことを願うばかりです。彼女は完全に悪女です。この国がどうなりつつあるのかを考えると恐ろしいです。

特に、バーニー・サンダース、ヒラリー・クリントン、ジェブ・ブッシュ、マーコ・ルビオなどが大統領になってしまったら我々は窮地に立ちます。ドナルド・トランプはエスタブリッシュメント側の人間ではありません。
そのため、メディアによる彼への攻撃(非難)が激化しています。

アメリカのキリスト教教会の多くが腐敗しています。教会の牧師らが支配者集団と繋がりを持ち、教会内で様々なイベントを行いながら、彼らのアジェンダを促進しています。
中国でも同様の事が起きています。教会と政府が癒着しており、多くの信者が身を隠しています。中国の教会は政府を神として崇めています。

アメリカでも同じであり、多くの教会が政府と癒着しています。

アメリカの支配者集団が今後も多くのジャーナリストを殺害しなければよいのですが。。
彼らのアジェンダが明らかになる日がもうじきやってきます。食料、医薬品、水などを大量に備蓄してその日のための準備を行ってください。
実際にどのようなことが起こるかは分かりません。どのようなことが起きても大丈夫なように準備をしておいてください。