ワクチンと言えば、ビル・ゲイツです。ワクチン開発に巨額の資金を投入しています。ウイルスの感染が拡大するたびにマスコミはワクチンの開発の必要性を唱えます。新型ウイルスも開発され世界中にばら撒かれていますから、その都度、新しいワクチンが開発され人々に接種されますから、益々多くの人々がワクチンの副作用で病気になってしまいます。

今回初めて、アメリカの医師がハグマン&ハグマン・リポートという番組でワクチンに何が含まれているかを公表しました。

専門用語で日本語訳はできませんが、どうやら体内のビタミンDを消滅させ、ガン細胞を作らせたり自閉症を誘発させる酵素タンパク質(NAGALASE)がワクチンには含まれているようです。どのワクチンも同じようにこの物質が含まれているのかどうかは分かりませんが、少なくとも、アメリカの小学校などで接種が義務付けられているワクチンには必ず含まれているようです。
日本の子供たちは大丈夫でしょうか?
とりあえず、子供たちはインフルエンザワクチンは避けた方が良さそうです。
私はワクチンは絶対に避けますね。

http://tapnewswire.com/2016/02/big-pharma-is-injecting-us-with-cancer-enzymes-doctors-who-made-the-discovery-found-murdered/
(概要)
2月24日付け

ビッグファーマ(大手製薬会社)は癌酵素が混入しているワクチンを子供たちに接種させています。このことを発見した医師が次々に殺害されました。


専門家の間ではワクチンの中にはNAGALASE酵素タンパク質が含まれてることが知られています。
NAGALASEは、癌細胞を消滅させるビタミンDが体内で生成されるのを阻止します。そのため体内のビタミンDが不足してしまいます。
NAGALASEは癌細胞によって生成されるタンパク質です。また、NAGALASEは自閉症の子供の体内に非常に多く存在しています。
彼らはこのような有毒物質をワクチンに混入しているのです

つまり、NAGALASEが混入したワクチンを接種すると、体内のビタミンDが不足することで癌細胞ができたり、自閉症になりやすくなります。NAGALASEは免疫システムの働きを阻止します。さらに2型糖尿病を誘発させます。
このようなワクチンを開発・供給している人たちは、癌を完治する方法を発見した医師や自閉症の治療に成功した医師を殺害しています。
なぜなら、これらの医師は、大切な子供たちに接種するワクチンの中に癌や自閉症の原因であるNAGALASEが含まれていることを知っているからです。
もちろん彼らは意図的にこのような物質をワクチンに混入させています。彼らが殺害した医師らはワクチンに何が含まれているかを公表しようとしていたのです。
彼らは世界の人口削減のためにこのような有毒物質をワクチンに混入させています。
しかし学校に通う子供たちはみな義務的にワクチンを接種させられます。ワクチンはゆっくりと人々を殺害する毒薬です。
彼らは最も優秀で健康的な遺伝子を持つ者たちしか生き残ってはいけないと考えています。
このような危険なワクチンを開発し子供たちに与えている連中は人間の魂を持っていません。

テッド・ブロア医師は、ハグマン&ハグマン・リポートという番組に登場し電話を介してワクチンの実態をついに暴露しました。番組の途中で何回も電話が切れたりサーバーがダウンしたりしました。彼らの妨害にあいました。


このような妨害を受けながらもブロア医師はなんとかワクチンの実態を伝えることができました。彼が番組で冒頭に語ったことは、私は全く自暴自棄に陥ってはいない、でした。医師は1時間にわたり非常に慎重に神経質に事実を語ってくれました。
以下のビデオでご覧頂けます。特に最初の10分間は重要な情報が伝えられています。

 

Source: http://humansarefree.com/2016/02/big-pharma-is-injecting-us-with-cancer.html?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+HumansAreFree+%28Humans+Are+Free%29