ロシアの空港でドバイ発の旅客機が墜落しましたが。。。これも単なる事故ではなさそうです。
飛行機の墜落事故はめったに起こるモノではないと思っています。しかし最近ではあまりにも多くの旅客機が墜落しています。そして必ずと言っていいほど、墜落した旅客機には重要な人たちが乗っていたりします。今回も意図的に墜落させたのではないかと思います。
何か。。。テロリスト資金が絡んでいるようです。

http://beforeitsnews.com/alternative/2016/03/top-cia-official-killed-in-russia-aboard-dubai-plane-carrying-millions-of-us-dollars-3322605.html
(概要)
3月19日付け

ロシアの空港で着陸時に墜落した旅客機にはCIA幹部が乗っていただけでなく2700万ドルもの現金が入ったケースが積まれていました。

今朝、ロシア連邦保安庁が報告した内容によると、ロシアで墜落したドバイ発の旅客機(FZ981便)の乗客リストにアメリカのCIA幹部が含まれていたことが分かりました。この人物は、ラりザ・アレンと名乗る偽造パスポート(イギリスのパスポート)を所持していました。また旅客機は2700万ドルもの現金を運んでいたことが分かりました。 

 

2016年3月19日、墜落したフライドバイの旅客機の破片がロストフ空港の滑走路に散乱していました。
 

ドバイを発った旅客機(ボーイング737-800)はモスクワ時間の今朝、ロストフ空港で着陸時に墜落し乗客55人とクルー全員が犠牲となりました。
ドバイ⇔ロシアの便はかなり多く、ドバイは若いロシア人女性がダンサー(売春婦)として働くのに最も人気な都市です。
ロシア人のダンサーを取りまとめているのがロシアのマフィアであり、ドバイは、テロリストへの資金提供、マネーロンダリング、マフィアキャッシュ(マフィアが現金を集める場所?)のためのグローバル・センターとなっています。
CIAは、テロリストの資金がロシアに流れていったのではないかと恐れています。なぜなら、ロシアの高官もこの旅客機に乗っていたからです。約2700万ドルもの現金がアルミニウム・ケースに入れられ貨物として機内に積み込まれていましたが、ロシア当局は、墜落した旅客機を操縦していたキプロス人のパイロットがこれに関与していたのではないかと疑っています。随分前からキプロス銀行とロシアのマフィアとの繋がりが取りざたされてきました。
ロシア航空委員会は、今回の墜落事故の捜査を指揮すると公式に発表しました。
今回の墜落事故では旅客機に乗っていたCIA幹部が死亡しただけでなく2700万ドルもの現金が運ばれていたことが分かり、プーチン大統領は弔意を表すとともに、米、仏、ドバイの諜報機関も捜査に加わることを許可しました。