大阪地裁は在日に乗っ取られているのでしょうか。
以下の犯罪でたった懲役5年なんてありえません。
タクシー運転手がこのように自分のお客を引き殺しても軽犯罪で始末されるなら。。。
殺人鬼はタクシーを運転したくなるでしょう。
犯人は80才です。どうせ先が短いのですから何も刑務所から出す必要もないのでは?
こんな殺人鬼の老人が街をうろうろしていたらたまったものではありません。
この判決は絶対に司法の在日特権だと思うのですが。日本は日本人のためにあるのではなく
在日民主主義国家です。

http://blog.livedoor.jp/misopan_news/archives/52028669.html

ひき逃げ死の元タクシー運転手 殺意認めず懲役5年 地裁判決
産経新聞 3月23日 8時48分配信

高齢女性をタクシーで2回はねて死亡させたとして、殺人と道交法違反(ひき逃げ)の罪に問われた韓国籍の元タクシー運転手、黄金出被告(80)の裁判員裁判の判決公判が22日、大阪地裁で開かれた。
橋本一裁判長は「殺意があったとは認定できない」として殺人罪の成立を認めず、傷害致死罪を適用して懲役5年(求刑懲役8年)を言い渡した。

判決によると、黄被告は昨年3月31日、豊中市日出町の路上で、タクシーを運転。
乗客の無職女性=当時(71)=を降ろして車を発進させた際、この女性をはねた。
いったん停車して車体の下で女性が倒れているのを確認したが、再び後輪でひいて死亡させ、逃走した。

公判で黄被告は「人をひいてパニック状態だった」と殺意を否認。
判決理由で橋本裁判長は、再発進させれば女性が死亡するとまでは認識しておらず、殺意は認められないと判断した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160323-00000507-san-soci

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1458718184