時々、かたまってしまいますが、何とか海外の記事をご紹介させていただきます。かたまってしまうのは、私の古いパソコンだけではないようです。ヒラリーの意識もかたまってしまうようです。

数週間前に、FBI長官は、ヒラリーを訴追しないと宣言しましたが。。。FBIは気が変わったのでしょうか?今になり、ヒラリーの占拠キャンペーン事務所(複数)を捜査し、資料やコンピュータを押収したそうです。
FBI長官はエリート側の人ですから、ヒラリーを訴追することなどできないのでしょうけど。。。いよいよヒラリーに危機感を感じ始めたのでしょうか?
それにしても。。。ヒラリーの健康状態は決して良くありませんね。脳に損傷があるようですし、性病にもかかっています。階段も一人で上れないほど病状が悪化しているのに、それでも、悪魔に憑依された彼女は気が狂った状態で大統領になろうとしています。
こんな人が大統領になったら、アメリカだけでなく日本も大きな被害を受けますし、世界が今以上に混乱してしまいますね。

http://beforeitsnews.com/blogging-citizen-journalism/2016/08/fbi-raiding-hillary-campaign-headquarters-the-wicked-witch-going-down-2544847.html
(概要)
8月8日付け

FBIがついにヒラリー・クリントンの選挙キャンペーンの事務所の捜査を開始しました。もはやヒラリーはこれまでとなるのでしょうか。
実際に、ヒラリーは民主党大会で大統領候補の地位をサンダース氏から盗み取ったのです。
このようなことが許されるわけがありません。米国民も気が付き始めています。ヒラリーがつぶれれば、彼女のハンドラーたちは豚のように逃げ回るでしょう。上院、下院議員も同様です。次はあなたたちの番です。
一部の愛国者が承人台の立つことにしました。
FBIが、この週末に、フィラデルフィアやニュージャージー州南部にあるヒラリーの選挙キャンペーンの事務所(複数)を捜査しはじめました。

FBIは事務所から大量の資料やコンピューター(ノートパソコンも含む)、銀行の通帳、インボイス、クレジットカードの記録、納税申告書、その他を押収しトラックに積んで持っていきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<ヒラリー・クリントンの健康状態が益々悪化していることを伝えるビデオニュース>

こちらは、つい最近、ヒラリーが演説中に咳が出て止まらなくなった様子を映しています。

https://www.youtube.com/watch?v=9C12ZvOJNfs

しかし、こちらの映像の通り、ヒラリーは2008年から咳が止まらなくなる症状が出ていました。
https://www.youtube.com/watch?v=5o7FIsd8XGw

こちらは、ヒラリーが階段も一人で上れないほど深刻な病に侵されていることを伝えています。
彼女のシークレットサービス(医師)は常に彼女のそばにおり、彼女が発作を起こしたときに薬を投与できるよう特殊な注射器を持ち歩いています。
https://www.youtube.com/watch?v=eGCoBp6g0pQ

↓ ヒラリーの横にいるのがシークレットサービス(医師)です。



(0:08からご覧ください)8月4日に、民主党大会でヒラリーは、演説の最中に突然、言葉を失い凍り付いたようになってしまいました。すると、ヒラリーのシークレット・サービス(医師)がヒラリーのもとに駆け寄りヒラリーに話しかけていました。その後、彼女の意識が戻ったようです。