今回の大統領選ではヒラリー陣営の不正選挙が失敗に終わったため、トランプ氏が勝利することになりました。
ヒラリー陣営は複数の州の投票機をハッキングしトランプ票を大量に盗もうとしました。しかし勇敢な海軍将官らがCIAの活動部屋に足を踏み入れハッキングを中止させました。
これまで、ヒラリー陣営(パパブッシュも)はジョージ・ソロスと結託して投票機を操作し、絶対にヒラリーが勝利するようしっかりと準備をしていたのですが、トランプ氏を支持する海軍将官らがヒラリーを支持するCIAのハッキング行為を阻止したため、ヒラリーの不正選挙が失敗に終わり、選挙に負けてしまったとのことです。
彼等のカウンター・クーデターが成功したことでトランプ氏が勝利したのです。

http://beforeitsnews.com/alternative/2016/11/flag-officers-stopped-hillarys-steal-election-night-3441607.html
(概要)
11月21日付け 

https://youtu.be/AjzHAzn_-f4


こちらはリークされたビデオです。大統領選当日の夜にヒラリーが家族と勝利を祝っています。

https://youtu.be/NKhGEeZSQs0


スチュー・ウェブ氏によると、
今回の大統領選で、ヒラリー陣営による票数の改ざんを阻止するために水面下ではスパイ戦争が起きていました。
トランプ氏を支持する米海軍将官らが、11月9日の早朝にヒラリー陣営がハッキングで票数を改ざんしようとしていたのに気が付き自らの手でそれを阻止しました。

投票日に全ての開票手続きが一時停まってしまった時、重要な州の投票結果がわかるのは翌朝だとフォックスニュースが報道していたのを覚えていますか。
この時、ヒラリー陣営がトランプ票を盗もうとしていたのです。ねつ造報道を行っている主要メディアのアナウンサーらはヒラリー陣営が票数の改ざんを行って勝利することになっていたのを知っていました。
しかしそうはならなかったのです。フォックス・ニュースが翌朝でないと投票結果はまだわからないと伝えたとき、各局のアナウンサーはかなりのショックを受けたのです。

米海軍将官らはバージニア州でCIAに対する宣戦布告をしました。彼等はCIAエージェントに対して、直ちにハッキングを止めコンピューターの接続を絶たないとCIAを空爆するぞと脅したのです。
カウンター・クーデターを行った勇気ある米海軍将官らが誰なのかはわかりません。しかし彼等によってヒラリー陣営の票数の改ざんが阻止されたのです。
今や、邪悪な連中は絶望的な状況です。彼等はヒラリーが一般投票で勝利したと嘘をつくための最後の手段として、人種間戦争、警察の殺害、偽旗テロ事件、選挙委員会に関するねつ造報道などを行おうとしています。


ヒラリーは、投票日の夜、CIAのハンドラーのパパブッシュに電話をかけ、悪魔崇拝者でレズビアンのヒラリーのために、5つの州の投票機をハッキングし票数の改ざんをしてくださいとお願いしました。パパブッシュは2000年の大統領選でも、悪魔崇拝者でホモ息子のジョージ・ブッシュに勝利させるため、ハッキングをして票数の改ざんを行うというクーデターを実行しました。
今回の大統領選では、小児性愛犯罪者のパパブッシュが投票機をハッキングするようCIAに命じたすぐあとに米海軍将官らが足を踏み入れ彼等のハッキングを止めさせ、同じくトランプ氏の票数を盗もうとしていたコロラド州のEシステムズ・ウェストスター・サテライトとイスラエルのVIA Sat サテライトの電源を切りました。