2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、経済産業省は公共施設などで使 われる案内用の図記号を外国人にも分かりやすくすることにしました。
いくらオリンピック、パラリンピックがあるからと言って、これほど外国人観光客に媚びる必要はないと思います。外国人が見てわかりにくいからと言って何でもかんでも変更する経済産業省のメンタリティーは恥以外の何物でもありません。外国人が日本ではわかりにくいマークがあると文句を言うなら、前もって調べておけばいいだけです。他国にも外国人にはわかりにくいマークがたくさんあります。
政府は外国人に親切過ぎませんかね。外国人観光客にへらへらと笑顔を振りまく日本であってはなりません。威厳を失った卑屈な低級国になってしまったのでしょうか。
在日に対するヘイトスピーチ対策法などはそれを象徴しています。これは典型的な反日本人、親外国人であり、日本は日本人に住みにくく外国人に住みやすい国になりつつあるのかもしれません。そうなる前に外国人労働者を雇うのを止めロボットを普及させなさいと言いたいです。

新しい温泉マークは、温泉にゆっくりつかっているというよりも、五右衛門風呂で釜茹での刑に処されているように見えるのですが。。。
すっきりしないマークです。元も温泉マークの何が悪いの?コーヒーと間違える無知な外国人の方が悪いでしょう。

http://news.2chblog.jp/archives/51898503.html

新温泉マークが大不評… 温泉業界「頼むから変えないでくれ」

新温泉マーク、評価割れる 36自治体「今の方がいい」

現在の温泉マーク



新しい温泉マーク案



温泉を示すマークのうち、湯気が3本立つ現在の分と人の姿を加えた国の新しい案について、大分県別府市が温泉のある自治体に聞いたところ、
回答した57自治体のうち「現在の方が良い」は36自治体、「新しい方が良い」は16自治体と反応が割れる結果に。

県内の温泉関係者らは現在のマークの存続を国に求める予定だ。

http://www.asahi.com/articles/ASJCP73Q6JCPTPJB017.html