現在、国際宇宙ステーションへの物資輸送を担っているのがスペースXとオービタル・サイエンシズの米民間宇宙開発企業2社とロシア宇宙局だそうですが。。。2年前にオービタル・サイエンシズの無人(物資輸送の)ロケットが打ち上げ後に爆発してしまいました。そして昨年6月にもスペースXの(物資輸送の)ロケットが打ち上げ後に爆発しました。アメリカのロケットがダメならと、今年はロシアが無人ロケットで物資を運ぶことに。。。しかし12月1日付けのニュースでは、このロケットも打ち上げ直後に通信が途絶え消息を絶ってしまったそうです。ロシアのトゥーバ上空で大爆発が目撃されたそうです。これも爆発してしまったのでしょうか。
国際宇宙ステーションに物資を運ぶロケットは呪われているのでしょうか?事故が多すぎますね。

http://beforeitsnews.com/alternative/2016/12/developing-story-explosion-over-russia-video-3445954.html
(概要)
12月1日付け


From BP Earthwatch


ロシア連邦宇宙局とNASAによると、国際宇宙ステーションに物資を運んでいたロシアの無人ロケットが突然消息をたちました。詳細はまだわかっていません。
ロケットが打ち上げられた後、誤作動が起き382秒間通信が途絶え消息が途絶えました。爆発前に軌道に乗っていたのかどうかも明らかになっていません。
ロケットが消息を絶った丁度そのとき、ロシアのトゥーバ上空で大きな爆発が目撃されました。このロケットは国際宇宙ステーションに5300ポンド(約2400kg)の物資(食料、水、プロペラ、他)を運んでいたのですが、トゥーバ上空で爆発してしまったのでしょうか。

しかし来週と来年早々、再びロケットを発射させ国際宇宙ステーションに物資を運ぶ予定になっており、宇宙ステーションにいる宇宙飛行士らの安全は保たれています。

以下省略