以下は長い記事の1部を抜粋したものです。
閲覧注意の写真を添付していますので、ご了承ください。この写真に写っている死体が本物かどうかは私にはわかりませんが、被害者から送られてきた証拠写真として紹介されています。
もし本物の死体だとしたら。。。。身の毛がよだつような犯罪です。
犠牲者は生きながら調理されてしまったのでしょうか。
しかし、私達が知らないところで、このようなおぞましい犯罪がごく普通に行われているのです。
ロスチャイルド、ロックフェラーを含むイルミの13家系、そしてその配下のエリートたちは、世界中の赤ん坊、幼児、少年少女を拉致・監禁し、人身売買し、強姦し、生贄儀式に使ったり、吸血したり、調理して食べたりしています。彼等がやっていることは、単に子供たちを強姦するだけではありません。

世界はこのようなイルミのキチ害たちに支配されています。
小児性愛犯罪は世界的な犯罪です。アメリカだけでなく、世界中にネットワークが広がっています。イルミの大元の組織はスコットランドにあるようです。スコットランドには古代からオカルトのペイガンがいます。イルミのトップ(悪魔との取次役)もスコットランド人と聴いたことがあります。一般のスコットランド人は一切関係ありません。

英王室も、ヨーロッパの王族もみな小児性愛犯罪者です。彼等は森林地帯に子供たちを放ち、子供たちを追いかけて強姦するというゲームを楽しんでいます。

日本では想像もつかないようなことが海外では行われています。
とは言っても日本でも多くの子供たちが拉致され行方不明となっています。犯罪組織が彼等を拉致し、臓器摘出をしているとも言われていますが、拉致された子供たちの多くがイルミの餌食になっているのではないかと懸念しています。拉致するのは北朝鮮だけではありません。
ネットで検索してもわかりますが、東京ディスニーランドで行方不明になっている子供たちが多いようです。
参考サイト:http://blogs.yahoo.co.jp/tmtm0918/36372174.html
私は昔からディスニーのアニメも嫌いでしたがディスニーランドも興味ありませんでしたからこれまでに1度しか訪れたことはありません。ディズニーランドはつまらなかったです。
ディスニーはイルミの洗脳マシーンです。犯罪組織はディズニーランドに訪れた子供たちを拉致しイルミに引き渡しているのではないでしょうか。
ディズニーは楽しい場所ではなく危ない場所です。

http://tapnewswire.com/2016/12/worlds-militaries-ally-against-the-satanic-cult/
(一部のみ)
12月6日付け

(↓ 閲覧注意 恐ろしい写真です。)
調理された人間の体がキッチンテーブルに置かれています。テーブルの周りには子供たちが椅子に縛り付けられています。

cannibal-feast-300x300

この写真は私が見た限りホンモノだと思います。例えば、指に白い紙が巻かれていますが、これは指を引きちぎる時に白い紙が巻かれてた方がやりやすいからです。
また、椅子に子供たちがロープで縛り付けられていますが、彼等は食後のデザートとして小児性愛者たちに楽しまれます。
我々は、人食いエリートの犠牲となった(調理されてしまった)この女性や他の多くの犠牲者のために彼等に報復することを誓います。

ヨーロッパでエリートたちの性奴隷になり逃げてきた人々が、驚くべき証拠写真(14歳~16歳の少年少女がヨーロッパの王族たちに(性的暴行のために)追い回されているところを撮った写真)を送ってくれました。


この状況をよく知っているCIAの情報筋曰く:

「ピザゲートや小児性愛犯罪の世界的な地下ネットワークが暴露されるべき時がきた。」と。

アメリカの芸能界では1950年代後半から1960年代に小児性愛犯罪が始まり、それ以降、ずっと続いています。いや、もっと早くに始まったともいえます。
1955年にウォルト・ディスニー氏がディスニーランドを造った主な理由は、彼の親しい友人らを子供が多く集まる場所(ディズニーランド)に招待して子供たちを捕まえ「楽しい時間」を過ごさせるためでした
フランク・シナトラ氏やボブ・ホープ氏そしてイランのシャー国王もディスニーランドを訪れ、単にそこを歩きまわるだけでなく、子供たちを捕まえて楽しい時間を過ごしたのです。


ウォルト・ディスニー氏の友人たちは彼が小児性愛者であることを知っていました。
毎年、アメリカのディスニーランドやディスニーワールドだけでなく、パリや東京のディズニーランドで何人の子供たちが行方不明になっているか知っていますか。

そのような場所で子供たちが行方不明になるのは、世界的な児童人身売買犯罪組織が絡んでいるからです。1955年に始まった有名なMouseketeerが登場するミッキーマウス・クラブのTVシリーズがありますがこの物語には裏があります。
アメリカではこのような人食い小児性愛犯罪者らの逮捕が進んでいます。ペンタゴンによると、先週、スカル・アンド・ボーンズのケリー国務長官は、ローマに行きフランシスコ法王と面会し法王に彼のグループだけは逮捕されないようにと助けを求めたのです。

また、12月2日にハザール・マフィアの血統(ロスチャイルド家、その他)は、カリフォルニア州オークランドの倉庫で悪魔への生贄儀式を行いました。その後、倉庫は火事になり少なくとも33人が死亡しました。

こちらは蛇と悪魔の7人を描いた悪魔儀式用のパンフレットです。


https://i1.wp.com/www.brooklynvegan.com/files/2016/12/15036693_10209641915519148_1683925422975962250_n.jpg