昨日もこのブログでオークランドの倉庫の火災について少しだけ触れた記事をご紹介しました。
火災の前に倉庫で何が行われていたかについて説明している記事を見つけましたのでご紹介します。
アメリカでは悪魔崇拝者(或はオカルティスト)が非常に多く存在しているようです。全米に悪魔教会が点在しているくらいですから。
それにしても、インドでは破壊の神のシバ神を拝むヒンドゥ教の信者がたくさんいますが、なぜあのような恐ろしい宗教を信じているのでしょうか。ヒンドゥ教では酷い階級制度があり下層階級の人たちは中々幸せになれない仕組みとなっています。これこそ悪魔教です。世界には多くの悪魔教が存在しています。悪魔が介入している宗教が殆どだと思います。
旧約、新約聖書もペーガン(異教徒)によって書き換えられたと伝えている記事を目にしました。
バチカンの地下では悪魔儀式が行われていますし。。。。
世界を支配しているイルミは悪魔崇拝者であり世界のあらゆる宗教を介して人々を洗脳し誘導しています。
一番良いのは、宗教団体に足を突っ込まないことだと思います。
今後、益々多くのオカルト関連のアニメが流行し、ハロウィンなどのイベントが大々的に開催されるようになるでしょう。

<オークランドの倉庫の火災について、日経の記事から>
http://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040004_U6A201C1000000/
【ニューヨーク=共同】
米西部カリフォルニア州オークランドで2日夜、ダンスパーティーが開かれていた倉庫で火災があり、9人が死亡した。屋根が崩落、少なくとも25人が行方不明になっており、警察当局者は3日、死者が計30~40人に上る事態に備えていると述べた。
3日、米オークランドの火災があった倉庫で作業する消防士ら=AP
          

3日、米オークランドの火災があった倉庫で作業する消防士ら=AP

 
米メディアによると、出火当時、50~100人がパーティーに参加していたとみられる。倉庫は2階建てで、内部はカーテンなどで仕切られ、アーティストが住居や作業場として利用、多くの家具や雑貨が置かれていた。スプリンクラーは設置されていなかったという。

 米テレビは倉庫からの炎が周囲の建物より高く立ち上る様子を伝えた。

 消防当局者は、倉庫の内部構造が原因で「人々の外への避難が難しくなった」と述べた。火災で倉庫の屋根が焼け落ち、現場は焼けた木材やがれきが散乱、消防などによる捜索作業は難航した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<焼失した倉庫で悪魔儀式が行われていました。>
http://beforeitsnews.com/paranormal/2016/12/that-warehouse-fire-what-took-place-in-oakland-was-a-massive-satanic-ritual-wake-up-videos-2519210.html
(概要)
12月6日付け

火災で焼失したオークランドの倉庫では、火災前に悪魔儀式が開催されていました。

 


オークランドの倉庫で大規模な火災が発生。40人が焼死したとみられます。。
焼死した人々は、火災が発生するまでその倉庫で悪魔とダンスをしていたことが判明しました。悪魔とダンスをしていたからこのようなことが起きたのでしょう。
・・・
カリフォルニア州オークランドの倉庫で数十人が犠牲となる大規模火災を発生させたのはサタン(悪魔)だと思います。
倉庫内の様子を撮影した画像を見れば全てがわかります。
魂をなくしたパーティの参加者ら(一部はこの倉庫に住んでいた)は、ヒンドゥ教の破壊の女神=シバ神を崇拝していました。
「オークランドの幽霊船」と題された画像に写っていたのは、炎の下でシバ神と儀式的なダンスを踊っている女性の姿です(1:21~)。
悪魔儀式が行われていた倉庫には煙探知器もスプリンクラー装置も設置されていませんでした。炎が燃え広がったのは炎の下で儀式的なダンスが行われていたときです。

これらの画像は倉庫に火災が発生する前に撮られたものです。画像を見る限り、彼等は悪魔の集会を行っていたことがわかります。彼等は死者の霊魂をもて遊び、悪魔とダンスをしていたのですから、火災の犠牲になるのも仕方ありません。これは遊びではないのです。

グローバル・エリートはこのような悪魔儀式を一般的に広めることで多くの人々を悪魔崇拝者にさせようとしています。
我々の周辺でこのような悪魔儀式が行われていることに気が付いてください。
そうでないと、我々自身も、今世や来世で、悪魔の炎に飲み込まれてしまいます。

オークランドの幽霊船が火災に!



この倉庫に住んでいた人々はエレクトロニック・ミュージックのアーティストらであり、倉庫のマネージャーは、倉庫は安全ではないので住むのに適していないと彼等に警告していましたがそれ以上のことはしませんでした。マネージャーは倉庫の住人らに(寝るだけで)家賃750ドル(毎月)を支払わせていました。多くの人々がこの倉庫を死の落とし穴と呼んでおり、いつかは事故が起きると思っていました。

省略

昨日、ライブストリームで炎に包まれた倉庫の映像を観ていましたが、この倉庫では狂気じみた数例術が使われており、倉庫全体がシバ神などの悪魔儀式の祭壇だったことがわかりました。

火災にあう前の倉庫内の様子はこちらのサイトでご覧になれます。
http://www.oaklandghostship.com/