以下のビデオが監視の対象となっているそうです。
アメリカの複数の地域で第二の太陽がはっきりと目撃されています。これまでは、これを二ビルと勝手に呼ばせていただいていましたが。。。二ビルは暗黒惑星であるとも言われていますので暗黒惑星が光るはずがないので二ビル以外の惑星なのかもしれないと思い始めています。
まさか。。。太陽のように光輝く第二の太陽と二ビルの2つの惑星が地球に接近しているということなのでしょうか。2つの惑星は別物のような気がしてなりません。
最初のビデオには、太陽のすぐ上に光輝く惑星が映っています。ニューヨークから見えたものだそうです。
2番目のビデオには、テネシー州から見えた緑色の惑星が映っています。太陽の光に反射しても緑色をしているということは暗黒惑星なのでしょうか?よくわかりませんが。。。

最近、日本でもケムトレイルの量が増えているような気がします。先日、午前中は真っ青な空だったのですが、ほんの2時間後に上空に10本以上のケムトレイルが走っていました。折角、真っ青な空だったのに、ケムトレイルで汚染されてしまいました。そしてケムトレイルに含まれる有毒物質が私達の頭上に降り注ぎます。

アメリカは日本よりも大量にケムトレイルが噴霧されています。欧米は特に酷いようです。ケムトレイルが噴霧されると空に靄ができます。知らない人はきっと雲だと思うでしょう。靄を創り出すことで、空に現れる謎の物体を隠しているのでしょうか?

不思議にも、日本では第二の太陽が見えたという話を聞いたことがないのですが。。。
なぜ、アメリカで頻繁に目撃されているのでしょうか?それともホログラムなのでしょうか?

http://beforeitsnews.com/strange/2016/12/that-is-impossible-what-is-really-going-on-its-now-visible-from-new-york-earthquakes-are-at-100-sources-being-censored-2466032.html
(概要)
12月10日付け

ニューヨークや他の地域から第二の太陽がはっきりと見えるようになりました。世界中で第二の太陽が目撃されています。ただ、不思議にも、第二の太陽の見える場所が次々に変わっています。
奇妙なことに夕方、東の空から第二の太陽が現れます。ただ、それが毎週見られるということではありません。これほと奇妙なことはありません。
第二の太陽は地球からかなり近い距離にあるようです。地震や噴火が頻発しているのは第二の太陽が接近しているからだと思います。

↑ 12月に入ってからニューヨークのロングアイランド上空に第二の太陽が現れました。
  太陽の上に第二の太陽が現れています。地球から非常に近い位置にあると思います。
  ただ、第二の太陽が何なのかはわかりません。益々多くの人々が第二の太陽を目撃しています。


私のサイトが強制的にシャットダウンされました。なぜシャットダウンされたのか。。。この画像を拡散してほしくなかったのです。
いよいよ、惑星Xが多くの人に目撃される時がきたようです。この惑星がどれだけ地球に接近しているのかはわかりませんが。
昨日の夕方、テネシー州の北東部から、Iphoneで、西南西の夕陽の写真を撮影したところ(1:46~)。。。いくつかの奇妙な現象をとらえました。まずは、上空に撒かれたケムトレイルが太陽の光に反射して太陽の周りにいくつかの巨大な光のオーブを創り出しています。なぜ、ケムトレイルによってこのような現象を創り出す必要があるのでしょうか。
そして気が付いたのが。。。(3:08~)画像の上の方に、緑色の惑星が見えています。
夏の間、望遠鏡から見えた惑星と同じものです。
(4:33~)この画像は最近望遠鏡から見えた惑星です。この緑の惑星と私が撮影した画像に写っている緑の惑星は同じものです。惑星の正体はわかりませんが、確実に地球に近づいています。
現在、太陽と地球がぐらつきながら回転しているということを示す科学的証拠があります。また、金星に別の惑星が接近中だということも分かっています。

以下省略