ノルウェーはアメリカと違います。警察は政治家の手下ではありません。
ノルウェーでは、51人の小児性愛犯罪者(ノルウェー版ピザゲート)が逮捕されています。
ノルウェーの警察は昨年からこの犯罪について捜査を進めてきました。
既にその前からネット上ではカナダやイギリスにおける小児性愛犯罪が明らかになっていましたのでノルウェー警察も捜査を開始したのでしょう。

アメリカやイギリスでは、エリート層(王族や政治家も含む)は警察をも支配しているため彼等が逮捕されることはありません。エリート層は法の上に君臨しています。
ノルウェーでは警察が有名な政治家や弁護士を逮捕できるのですから民主主義が確立しています。
アメリカは中国やロシア(ソ連)と同じエリート層による独裁国家です。
トランプ政権が誕生しても、ピザゲートで逮捕される人はいないでしょうね。

http://beforeitsnews.com/conspiracy-theories/2016/12/pizzagaters-in-norway-go-to-prison-no-fake-news-2478825.html
(概要)
12月12日付け

ノルウェーのピザゲート犯罪者は刑務所に送られます。

CSS-Offical-New-Logo2

 

pizza

 

In Norway, if Pizza is on your menu of perversion, you go to prison. There is no fake news in Norway.  The details in this video are stunning.

 

つい最近、ノルウェー警察はノルウェーにおける小児性愛犯罪についての捜査を行っていると発表しました。

そして警察は既に児童や幼児への性的虐待を行ってきた容疑者(少なくとも51人)を特定しました。そのうちの一人は自分の子供たちに性的虐待を加えていました。
このたび、ノルウェー警察の捜査によりノルウェー史上最悪の小児性愛犯罪が明らかになりました。
警察はこれまでにノルウェー西部で20人の容疑者を逮捕しました。他の31人は他の地域に住んでいます。彼等の多くが有名な弁護士(政府と関係のある弁護士も含まれる)、教師、政治家などです。
この犯罪に対する警察の捜査は2015年から行われていました。加害者らは個人が特定されない闇のウェブサイトを介して犯罪を行ってきました。

面白いことに、ノルウェーでは正式に小児性愛犯罪(ノルウェー版ピザゲート)について捜査できる体制なのです。しかも警察をロシアのスパイだなどと非難する人は誰もいません。
ノルウェーでは、アメリカと違い、警察が児童への性的虐待を行った政治家を捜査できます。誰も、警察がでっち上げているなどとは言いません。
ノルウェーのケースは、アメリカが非常にユニークな国であることを世界に知らしめることになります。
現在のアメリカは1970年代のソ連のキチ害政治に似ています。政府に異論がある人達はみな精神分裂者扱いされます。
アメリカではオルターナティブ・メディアがヒラリーやポデスタ氏野メールをリークすることで彼等の犯罪を暴露しています。しかし主要メディアは彼等の犯罪を一切報道しません。しかもインターネットは監視されておりピザゲートに関する記事が削除の対象になっています。
一方、ノルウェーではプロ(警察)がこの犯罪に対応しています。