米民主党は中国共産党と親密なつながりがありますから、水面下では色々と協力しあっているのだと思います。ロシアもロシア軍をアメリカ国内に駐留させていますから、オバマ政権とロシアは背後で手を結んでいるのかもしれません。
しかし、今回の大統領選でサイバー攻撃を行いヒラリーを勝利させると同時にアメリカの政治体制を混乱させようとしていたのはロシアではなく中国だということが明らかになりました。なぜなら、アーネスト報道官がうっかり口を滑らせてしまったからです。まあ、中国の得意技はサイバー攻撃ぐらいですから。。。
今後、日本に対するサイバー攻撃も注意が必要です。

http://www.thedailysheeple.com/sorry-i-meant-russia-watch-wh-press-secretary-josh-earnest-accidentally-accuse-china-of-hacking-our-elections_122016
(概要)

12月14日付け

earnestfail

ホワイトハウスのアーネスト報道官はつい最近行われた記者会見で、以下の通り、うっかり口を滑らせてしまいました。
「情報コミュ二ティが。。。大統領選の1ヵ月前に。。。非常に信頼おける調査を行い。。。前回一致で。。。中国がアメリカの政治体制を混乱させるために悪質なサイバー攻撃を仕掛けたことが判明した。」と。。

しかし、メディア関係者が報道官の言い間違いを指摘しました。すると報道官は「申し訳ない。中国ではなくロシアです。」とずるそうな目をして訂正しました。



へえ、ロシアがやったってか。作り話さえちゃんと言えないのか。冗談も休み休み言え!

MADAME@MagicRoyalty 12月12日

このビデオは必見です。アーネスト報道間が中国がダイバー攻撃をやったと口を滑らせてしまいました。その後、いやロシアだ、と言い直したのです。この情報を拡散しましょう!