ビデオの和訳は省略させていただきます。

12月19日の選挙人投票が無事に終わりトランプ氏が大統領になることが正式に決定しました。
しかし、ジョージ・ソロスとその仲間たちはまだあきらめていません。1月20日の大統領就任式を狙っています。彼等はプロ市民を集めてワシントンDCで反トランプ・デモを行わせることで就任式を大混乱に陥れ、その間にトランプ氏を暗殺しようとしています。そのために、トランプ氏側はその日の警備をこれまでにないほど強化させています。
現在、アメリカの軍産複合体と商売重視の富裕層との間の内紛が激化しています。そしてもう死んでもよいほど年老いたソロスが巨額の資金を投入して反トランプ・クーデターをしぶとく続けています。まあ、ソロスは人間ではありませんから。。。トランプ大統領就任後も、軍産複合体やソロスによって、トランプ氏の命は危険にさらされることになります。悪魔崇拝イルミナティの上層部にいる連中はみな長生きです。人間の血や肉を栄養にして生きながらえている人間もどきが世界を支配してきたのですからどうしょうもありません。

http://beforeitsnews.com/alternative/2016/12/cia-coup-against-trump-update-as-the-coup-in-opposition-to-trump-fails-the-threat-against-his-life-increases-3454894.html
(概要)
12月22日付け
反トランプクーデターが失敗に終わったことでトランプ氏が暗殺される危険性が高まっています。

ポール・クレーグ・ロバート氏によると:
トランプ次期大統領をつぶすために業界と企業の売春メディアが行ってきたトランプ批判やねつ造報道が失敗に終わり、票の再集計工作も失敗に終わり、トランプ氏を支持してきた選挙人らを揺るがす脅迫行為も失敗に終わりました。しかしトランプ氏に対する彼等の攻撃はまだ終わっていません。
オバマの命令下でCIAはロシアが大統領選挙に関与(ハッキング行為)したと公式発表していますが、CIAが偽の証拠を提示して情報をねつ造するのはいつものことです。

環境保護活動に批判的なトランプ氏に対して環境保護団体もトランプ氏の大統領就任式を妨害しようとしています。

様々な団体の妨害行為により就任式がカオス状態になればトランプ氏を暗殺する機会が与えられえることになります。


(↑ ビデオの概略)
・・・ジョージ・ソロスはトランプ大統領の就任式に対する妨害工作を計画しています。ワシントンDCのあちこちに、トランプ大統領の就任式を妨害できるプロ市民の募集広告が掲示されています。広告には「最後までトランプ戦おう!」と書かれています。ソロスは、票の再集計のための資金を提供し、トランプに投票しないよう選挙人らを買収し、人を雇ってトランプ支持の選挙人らを脅していました。ソロスは複数州での票の再集計を何度も行わせましたし、メディアを使ってトランプ批判(トランプ氏が選んだ閣僚人事についても)を繰り返し米国民を不安に陥れようとしてきました。トランプ氏の発言内容に関わらず、ソロスは必ずトランプ批判をします。ソロスは彼と深い繋がりのある団体やメディアに巨額の資金を投入し、反トランプ工作を続けてきました。しかし、それらの工作がことごとく失敗に終わっています。

以下省略

トランプ氏自身も彼等の暗殺計画に対して身の危険を感じています。NBCによると、トランプ氏はシークレットサービスや民間警備員を増員させました。

CIAがケネディ暗殺の共犯だったことが分かっていますが、軍事・軍産複合体にとって脅威のトランプ氏も彼等に暗殺される危険性があります。

トランプ氏が雇う民間警備員は反トランプのデモ隊の活動を鎮圧することになります。政府の治安部隊は反トランプデモ隊の活動を鎮圧するつもりはありません。


主要メディアはCIAが準備中のトランプ氏暗殺計画を促しています。

グローバル・リサーチのマイケル・チョサドブスキー氏によると、
トランプ氏が目指している対ロシア平和外交はロシアと商売上の取引を行うことで巨額の富を得ているオリガーキーの思惑と一致しています。
しかし、1兆ドルの軍事予算で潤っている軍事・軍産複合体オリガーキーの思惑とは全く一致していません。
アイゼンハワー大統領が米国民に軍事・軍産複合体オリガーキーには注意しろと警告していた通り、彼等がアメリカを支配し続けてきたのです。そして彼等は影の政府を介してトランプ次期大統領を殺害する可能性があります。

このような連中(軍事・軍産複合体オリガーキー)と戦うには、タフな野郎が必要なのです。トランプ氏よりも弱い男は勝つチャンスはないでしょう。
ダグラス・バレンタイン氏が書いた本には、「CIAは組織犯罪を行う機関であるということは部分的に正しい。トランプ氏の命は明らかに狙われている。」と記しています。

トランプ氏はもちろん聖者なんかではありません。核武装国と軍事・軍産複合体の脅威で危機的状況の中で、必要なのは聖者であるとは言えません。

1949年5月14日にNATOが結成されてから、軍事・軍産複合体は、1955年5月14日のワルシャワ条約に向けて、挑発行為を続けてきました。
このような影の政府、軍産複合体と対決する姿勢の大統領なら我々のサポートを受けるのは当然です。