数日前からネット上では複数の専門家が太陽の異変(巨大太陽フレアが放出されているなど)を伝えていました。そのため、地球は太陽フレアにより何らかの影響を受けることは分かっていました。そして以下のビデオによると、現在、、巨大太陽フレア発生によりヘリウム濃度の高い宇宙線が地球に降り注いでいるそうです。そのため、太陽がぴかっと光っているように見えるそうです。
そのためでしょうか?12月後半の今になり台風のような天候に見舞われたのは。昨夜は強風と大雨で睡眠が妨害されました。あまりにも異常な天候だったのでちょっとぞーっとしました。今日もここ関東は非常に暖かです!これも太陽の異変と関係があるのでしょうか?

http://beforeitsnews.com/alternative/2016/12/omg-is-the-sun-is-flashing-and-blinking-cosmic-plasma-radiation-blast-or-something-is-captured-by-webcams-all-over-the-world-3454824.html 
(概要)
12月22日付け
太陽がきらめいています。世界中のウェブカムが宇宙プラズマの放射爆発を捕らえました。


(概要)
太陽がきらめいています。。これをどう説明したらよいのでしょうか。
太陽のきらめき現象が世界中で同時に報告されています。国際宇宙ステーションもその映像を公開しています。
最近では太陽のきらめきが頻繁に起きています。
ウェブカムの一部が閉鎖されてしまいました。太陽がきらめいているのは太陽コロナ内部の放射と関連しています。また、太陽の南極から地球の高層大気に大量の太陽粒子が継続的に降り注いているのがわかります。
また、ヘリウム粒子が太陽の南側から内部に流れ込んでいるのが確認できました。
それと並行して、地球の大気圏でスプライトとも呼ばれる閃光が発生しています。これはヘリウム粒子が酸素と衝突した際に発生するチェーンリアクションです。これは太陽の一角で起きているチェーンリアクション(太陽の表面では水素やプロトンとヘリウム粒子が衝突するため地球の大気圏よりも大規模であり水素爆弾と同じ)と同じです。
太陽からヘリウム濃度の高い宇宙線が地球に降り注ぎ、地表を熱し、氷を溶かしています。
・・・・


ビデオで説明している内容についてはよくわかりませんが、すごい情報を伝えています。
BPアースウォッチによると、銀河波は実在しています。今、非常に激しいプロトン波が地球に到達しています。

これまで収集した情報によると、銀河のグレート・セントラル・サン(銀河の中心にある巨大な太陽?)そして銀河よりも遥かに遠いところ(創造主?)から宇宙プラズマ放射線が地球に降り注いでいます。つまり我々はこの現実の世界と我々自身の転換期を迎えているということです。

大量の宇宙プラズマ放射線が地球に降り注いでいるため、日焼けによる皮膚の炎症、インフルエンザのような症状、DNAの活性化、シータ系の霊界との交流、松果体の活性化、人間の超意識の発動などが起きています。
多分、皆さんは以前よりもエネルギッシュになったと感じているでしょう。エネルギーを得ることを習慣にしている人々は浄化されます。永遠に生きたい人も、臨死体験をしたい人も、穏やかに死にたい人も、全てOKなのです。
創造主側につくか、悪魔側につくか、決めた方がよさそうです。どちらにせよ、ホモサピエンスは死滅します。その代わり、みずがめ座のホモクリストスが生まれています。
・・・