メキシコでは花火市場で大火災が発生していますが、11月には製油所で大火災が発生しました。日本でも強風のせいかもしれませんが東京、神奈川、新潟で大火災が発生しました。
どうなっているのでしょうね。まさかテロではないでしょうに。。。
そして今、メキシコが大パニックです。突然、ガソリン不足に陥ってしまったそうです。来年からは中国からガソリンを輸入するそうです。
メキシコ政府が中国から安い石油を輸入したいためにアメリカからの輸入を止めたとの噂も流れていますが、ジム・ストーンズ氏は、アメリカが戦争を始めるために石油の国内備蓄を始めたからだと伝えています。
トランプ氏を大統領に就任させないためにアメリカの軍産複合体やソロスが戦争を始めるとするなら。。。本当に彼等はこの世から去る必要のある悪魔集団です。

http://beforeitsnews.com/alternative/2016/12/red-alert-war-warning-mexico-suddenly-denied-all-american-gas-jim-stone-3454674.html
(概要)
12月21日付け

編集者のコメント:
今月の初めに、メキシコ北部の州でガソリンが不足しはじめ、ガソリン不足に抗議するデモ隊と警察が衝突しました。
メキシコ南部では、教師らのデモ隊がPremix社の大型製油所の入り口をブロックしたことによりガソリンの搬入が遅れてしまいました。

南部カリフォルニアとワシントン州のガソリン生産ユニットが突然のメンテナンスで生産が停止しました。そのため、西海岸で生産されたガソリンの一部がメキシコに輸出され何とかしのいでいます。さらに11月にメキシコの重要な製油所で火災が発生したため、メキシコの石油不足が加速しました。

・・・・・・・・
ジム・ストーンズ氏の記事より:


やっと、裏ルートのコミュニケーションが監視されている理由がわかりました。それは。。。アメリカは、メキシコに供給し続けてきた石油をストップしてしまったからです。
これは危機的状態だということです。大規模戦争が起きてしまう可能性があります。

今夜、メキシコでは突然ガソリンがなくなってしまいました。しかも何の予告もなく。。。メキシコ政府の政策としては、引き続きアメリカから石油やガソリンを供給してもらうことにしたのです。Pemix社(エネルギー供給会社)が石油の掘削を行っているわけではありませんから。

メキシコでは石油は完全に輸入に頼っています。しかし今日突然、メキシコ中のガソリンスタンドがガソリン不足に陥りました。
アメリカは、戦争の準備として、石油備蓄を開始したためにメキシコへの石油供給を停止したのかもしれません。
メキシコ政府は石油不足について何も説明していません。
噂では、メキシコは中国からガソリンを輸入することになっており、中国からガソリンが届くのを待っている状態だとも言われています。

私とクラウディアが住んでいる街では、どこのガソリン・スタンドもガスがない状態です。
人々はパニック状態でガソリンスタンドに殺到し、わずかに残っているガソリンを奪い合っています。
隣の州ではもう少しガソリンが残っているかもしれないので、(私は古いフィアット車に乗っていますが、蚊が血を吸うように少しずつガソリンを吸ってくれるので隣の州までこの車で往復することは可能でした。)ガソリンを求めに隣の州まで車を走らせました。幸い、最初に見つけたガソリンスタンドではガソリンがまだ少し残って絵いましたので満タンにしてもらいました。その後、私は別の街まで車を走らせ、ボトル水を購入した後に、再び近くのガソリン・スタンドにより、給油をしましたが、そのガソリンスタンドでも私が最後の顧客となりました。それでも1500kmは走行できる量のガソリンを給油できました。その街でも。ガソリン不足に陥っていました。ガソリン・スタンドのスタッフは、メキシコは来年までガソリンは供給されないと言っていました。

次からメキシコにガソリンを供給する国はアメリカではなく中国になるとのことです。

メキシコのガソリン不足に関して、噂によると、製油所の1つが問題を抱えており、設備がボロボロなのだそうです。しかしその製油所が操業停止することはできないとか、ツイッターでは、メキシコ政府がゲームをしているだけであり、価格の安いガソリンを中国から輸入したいだけだとか。政府は大量のガソリンを中国から輸入し価格を上乗せしてからメキシコの人々に販売すれば巨額の利益を得るからです。
ただし、これらの噂では全てを説明できない事実があります。
それは、突然、メキシコからガソリンが消えてしまったという事実です。
多くの車がガス欠になっており、道路脇にはエンストした車が何台も停めてあります。どこのガソリン・スタンドにもガソリンがない状態です。メキシコは危機的状態です。

メキシコのガソリン不足が意味するものとは:
これは、近い将来戦争が起こることを暗示していると思います。アメリカは戦争に必要な石油を全て備蓄し始めたのです。そうでないとアメリカはメキシコへの石油の供給を突然停止するはずがありません。
アメリカ政府はトランプ氏を大統領に就任させないために戦争を始めようとしています。


最後に、あるメキシコ人と話しをしましたが、彼はこのようなことは今まで起きたことがないとのことです。個々のガソリンスタンドが特殊グレードのガソリンが一時的に不足したことはありましたが、メキシコ中がガス欠になることはなかったそうです。これは非常に憂慮すべき事態です。かつてないほど重大なことが起きています。

今ではタクシーまでがエンストしています。まるで何の警告もなしにプラグを引き抜かれたような状態です。メキシコでは誰もガソリンを購入することができなくなっています。
私も、給油したガソリンを大切に使い、1ヵ月間それでしのぐしかありません。ただ、そのうち、道路を走っている車が襲われることになるかもしれません。