今年も、世界の片隅で暮らしている心優しい人たちの善行が報道されました。
世の中捨てたものではありません。彼等はごく普通の人たちです。霊格の高い人は心優しく利他愛に満ちています。そして人助け、動物助けのための行動力があります。
地上の星ではないですが、このような人たちはめだたないところで暮らしています。偉いのは政治家や企業家や教育家なんかではありません。特別扱いされるような人たちではありません。
本当に偉いひとたちは、このように利他愛に満ちている人たちです。一般的には、小さな親切ですら中々できないものです。

昨年3月にこのブログでご紹介させていただきましたが、福島の男性が汚染地域に残り動物たちの面倒をしています。中々できるものではありません。
こちらから:http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51954977.html

さてと、明日は朝からバタバタしておりますので、多分、ブログ更新は難しいかと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://karapaia.com/archives/52231104.html

まだまだ世の中捨てたもんじゃない。2016年、暗いニュースの影でこんなにも広がっていたやさしい世界

top_e

 2016年も衝撃的な出来事や悲惨なニュースが報じられたが、どんな年であろうとも困っている立場にあるものを見過ごさなかった人たちは必ずいるものだ

 自分以外の誰かを思いやり、どうにかして手助けしたい、どうにかして守りたい一心で行動する誰かのひたむきな姿は、ともすると暗いニュースばかりが蔓延しがちなこのご時世を貫く一条の光となって、見失いがちだった何かを照らし出してくれるのだ。

 てことで今年1年、すでにカラパイアで取り扱った記事も含めメディアで報じられた心温まる出来事の一部をざっとご紹介。

 うん、やっぱり世の中捨てたもんじゃない。そんな気持ちを忘れずにまた新たな一年を過ごしたいもんだ。

1. パトカーに作られたハトの巣を守った警官


2_e
image credit:designyoutrust

 パトカーにハトが営巣していることを知った米オハイオ州の警察官たちは、巣が壊れないように雨風よけの傘をかけ、車の周りに侵入禁止のテープを張り巡らせた


2. ホームレスのためにシャワー施設を作った男性


3_e
image credit:designyoutrust

 ある男性が、ホームレスの人たちが体を清潔にして人らしい生活を取り戻せるようにと古い車を移動式のシャワーに改造した


3. 大洪水のさなかに犬たちを救った親子


4_e
image credit:designyoutrust

 米テキサス州ブラゾリア郡を襲った洪水のさなかに30匹もの犬を救った父と子がいた


4. 独り身の元教師の家を修理した人々


5_e
image credit:designyoutrust

 独り身で退職した教師が暮らす古びた家を近所の人たちが無料で修理した


5. サーカスに酷使されたトラが奇跡的に回復


6_e
image credit:designyoutrust

 病気になり毛が抜けてやせ細った状態でサーカスから救い出されたトラは、体重が標準の1/4しかなかったが、幸いなことにその後驚異的に回復した


6. 野良猫たちを寒さから守った男性


7_e
image credit:designyoutrust

 あるイスラム教の指導者がモスクのドアを開放し、野良猫を暖めた


7. 病気の子どもにぬいぐるみを手作りした少年


8_e
image credit:designyoutrust

 12歳の少年が病気の子どもたちのために縫い方を学び、800体以上のぬいぐるみを作った


8. 海外で懐いた野良犬を母国に連れ帰った女性


9_e
image credit:designyoutrust

 仕事で海外に滞在中、1匹の野良犬と触れ合って帰国した客室乗務員が、その犬が現地で自分を待ち続けていたことを知り母国に連れ帰り愛犬にした


9. がん患者のために髪を伸ばした男の子


10_e
image credit:designyoutrust

 8歳の男の子ががんを患う子どもたちが使うかつらのために同級生にからかわれながらも2年間髪を伸ばし続け、ついに今年目標を達成した


10. 戦地となり人が消えた町で猫たちを世話し続ける男性


11_e
image credit:designyoutrust

 戦争で荒れ果てたアレッポからほとんどの人々が避難するなか、現地にとどまり続ける男性。彼は放棄された猫たちの世話をしていた


11. お年寄りと捨て猫を助ける動物保護施設


12_e
image credit:designyoutrust

 行き場のない子猫とお年寄りの両方を助ける老人ホーム付きの動物保護施設


12. ライバルでありながら互いに助け合った2人のランナー


13_e
image credit:designyoutrust

 リオ五輪の陸上5000m予選で、それぞれの足がぶつかり同時に転倒し負傷したものの、互いに励まし合いなんとかゴールした米国のアビー・ダゴスティノ選手とニュージーランドのニッキー・ハンブリン選手。彼女たちの助け合いの姿勢に大会側は2人の決勝出場を認めた


13. 長距離を並走した見知らぬ犬を探し出し愛犬にしたランナー


14_e
image credit:designyoutrust

 ゴビ砂漠を走る250kmマラソンに参加した一人のランナーと並走し、共に完走した野良犬、その後行方不明になるも、そのランナーの懸命な捜索で再会を果たす


14. 野良犬を心配し夜勤明けに検査に連れて行った警官


15_e
image credit:designyoutrust

 首輪の無い犬を見つけた米フロリダ州の警官が飼い主探しをするも見つからず、犬の身を案じた彼は夜勤後に動物病院へ直行し犬に検査を受けさせたのち警察署に連れ帰った。その後犬は引き取り手が見つかり、一件落着したそうだ


15. 貧しい人に家を建てたボクサー


16_e
image credit:designyoutrust

 ボクシング世界チャンピオンのマニーパッキャオが、フィリピンの貧しい人々に1000軒もの家を建てた


16. ホームレスに残りの料理を提供するレストラン


17_e
image credit:designyoutrust

 インドのレストランがホームレスの人々を援助するため、通りに残った料理を入れる冷蔵庫を設置した


17. 新たなくちばしを贈られた鳥


18_e
image credit:designyoutrust

 十代の若者たちにくちばしを折られたオオハシが保護され、彼のために3Dプリンタで欠損箇所を覆うパーツが作られ取り付けられた


18. 大好きなサッカー選手に会えた少年


19_e
image credit:designyoutrust

 サッカー選手のリオネル・メッシの大ファンで、ポリ袋でできたメッシTシャツを着ていたアフガニスタンの少年と本物メッシが会うことに


19. 一人ぼっちの子どもの食事に付き合った有名選手


20_e
image credit:designyoutrust

 中学校を訪問したアメリカのフットボール選手トラビス・ルドルフが、たった一人でランチを食べる自閉症の少年に気づき、一緒にピザを食べた