ジョンFケネディの甥のロバートFケネディJr(民主党)は、反ワクチン活動家ですが、トランプ次期大統領にワクチン安全委員会の委員長に指名されたと言っているそうです。
本当にトランプ氏が彼を指名するかどうかはわかっていませんが、彼はワクチンと自閉症の関係を訴えてきたそうです。ワクチンの安全性が実証されたならrトランプ氏もケネディ氏もワクチンには賛成だそうです。
もちろんそうでしょう。ワクチンが安全でちゃんと感染を予防してくれるならよいことだと思います。ただ、今のワクチンには有害物質が含まれていると言われていますから、徹底的にワクチンの調査を行うべきなのです。
トランプ政権下でワクチンの調査が行われれば良いなと思います。その結果、危険性が証明されたなら、ワクチンを根本から作り直すことになるでしょう。
日本政府はアメリカのやり事をそのまま真似するだけですから、ワクチンに関してもアメリカが変われば日本も変わります。

http://nymag.com/scienceofus/2017/01/trump-taps-anti-vaxxer-to-chair-committee-on-vaccine-safety.html
(概要)
1月11日付け
反ワクチン活動家がトランプ次期大統領にワクチンの安全委員会の委員長に指名されたと主張しました。
Friends in high places.Photo: Bryan R. Smith/AFP/Getty Images

ロバートF・ケネディJr氏は、ワクチン対して懐疑的な意見を率直に述べてきた人物ですが、今週火曜日に、トランプ次期大統領は、commission on vaccination safety and scientific integrity(ワクチンの安全及び科学の統合性委員会=直訳)の委員長に彼を指名したと伝えました。

トランプ氏は、大統領選のキャンペーンを行う前からワクチンと自閉症には関係があるのではないかと公然と指摘してきました。これまで公式にはワクチンと自閉症の関係は完全に否定されてきました。

ケネディJr氏はワクチンと自閉症の関係についての著書を出版しワクチンを除外する活動を行ってきました。そのため、彼が委員長に就任したなら、委員会がどのような活動を行うのかは予想できます。。


トランプ氏は現行のワクチン政策について疑問視しています。トランプ氏は、「ケネディJr氏の意見を重視するのではなく、ワクチンについて科学的に調査することが必要だ。私も、彼も、ワクチンには賛成だが、その前にワクチンが安全であることが可能な限り実証されなければならない。」と主張しました。


以下省略