大統領就任式が近づいており、ワシントンDCは大変なことになっています。
反トランプ派と親トランプ派のにらみ合いが始まっており、反トランプ派は就任式を妨害するために大規模抗議デモや暴動を起こそうとしています。また、当日、ソロスやオバマが支援するイスラム過激派を使った反トランプ・テロも計画されています。またCIAはトランプ暗殺を計画しています。

一方、親トランプ派、警察、警備隊などは大統領就任式を成功させるために史上最大の厳戒態勢を敷くことになります。しかも全米から集まった20万人以上の親トランプ・ライダー集団が就任式当日にワシントンDCで肉壁となって就任式や市民らを守ることを宣言しました。

オバマ政権は反トランプ派の妨害活動で就任式がめちゃくちゃになっても、米軍による介入ができないよう大量の米軍部隊をヨーロッパに送りこみました。ロシアとの戦争ゲームの準備でもありますが。。。

トランプ次期大統領の大統領就任式がめちゃくちゃにされたなら、アメリカ国内だけでなく世界がめちゃくちゃになるかもしれません。選挙で米国民に選ばれた大統領なのですから、就任式は妨害されるべきではありません。

反トランプ派の動き:
http://beforeitsnews.com/tea-party/2017/01/bikers-for-trump-will-form-wall-of-meat-so-rioters-dont-ruin-the-inauguration-bring-it-snowflakes-2587929.html
(一部)
1月15日付け

米国内で武力を使ったクーデターが進行中です。
トランプ次期大統領は反トランプの政治クーデターを全て打倒してきました。そのため反トランプ派は武力を使ったクーデターを行いはじめました。オバマは航海中だった米海軍の全航空母艦を港に停泊させました!


ジョージ・ソロスの資金と納税者の血税によって運営されている99ものイスラム過激派組織がトランプ大統領就任式に合わせてワシントンDCに向かっています。その目的は、1月20日当日、ワシントンDCで大規模テロ事件を発生させトランプ大統領就任式をめちゃくちゃにすることです。
出生証明書を偽造し不正選挙によって違法に選らばれたオバマ大統領は、就任期間中に数々の反逆行為や裏切り行為を続け米国民を苦しめてきたのです。イスラム過激思想のグローバリストであるオバマは、政権が既にレームダックになってもなお、最後の最後まで、歴代大統領が決してやらなかったような非常に危険極まりない反逆行為を続けています。
これまで、下品で敵意に満ちたオバマは数百件もの憲法違反の大統領令に著名し、米航空母艦を危険な海域へ送り込み、トランプ新政権へのスムーズな移行プロセスを妨害してきました。

民主党全国委員会、ヒラリー陣営そして民主党の作戦部隊が行った大統領選での不正行為に関する証拠は十分そろっています。彼らが行った選挙人に対する妨害行為や脅迫は完全に犯罪行為です。

カリフォルニア州が独立することを宣言しましたがそれは単に口先だけの脅しではないのです。カリフォルニア州の独立は、国境を開放しメキシコから大量の不法移民(テロリスト、ギャング、凶悪犯が含まれる)を流入させアメリカを破壊するという策略の一環なのです。
米海軍の戦力を損なわせるために、米海軍の船をサンディエゴからコネチカット州ニューロンドンの米海軍の軍港に停泊させ、それらの船を襲撃するという計画があります。

今月に入り、メキシコ国境沿いの米領事館がメキシコの麻薬カルテル、ギャング、イスラム過激派に襲撃されました。1月7日に米領事館の関係者が暗殺されそうになり、1月12日には同じ領事館で銃撃戦がありました。これらの事件もメキシコとの国境を共有するカリフォルニア州を介したアメリカ侵略作戦の一部なのです。カリフォルニア州にメキシコからの不法移民を大量に流入させ、アメリカ全土で破壊行為を開始させるのです。

米領事館が襲撃された事件はトランプ大統領就任式と関係があります。

以下省略
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一方、親トランプ派の動きは。。。
http://beforeitsnews.com/tea-party/2017/01/bikers-for-trump-will-form-wall-of-meat-so-rioters-dont-ruin-the-inauguration-bring-it-snowflakes-2587929.html
(概要)
1月15日付け

トランプ次期大統領を支持してるライダー(バイク愛好家)集団が肉壁になって大統領就任式を守ると宣言しました。

bikers for trump inauguration wall of meat

トランプ次期大統領を支持しているライダーたちは、トランプ大統領就任式を妨害しようとしている反トランプ抗議団体にメッセージを送りました。それは「かかってこい!」です。

トランプ次期大統領を支持するライダー集団を結成したクリス・コックス氏は、ライダー集団が肉壁となって大統領就任式と市民らを危険から守ると宣言しました。
コックス氏率いる20万人のライダー集団がワシントンDCに集結します。彼らは大統領就任式が無事に執り行われるよう警察の援護を行うことにしたのです。


コックス氏は「我々は仲間と共に、反トランプ派が警察の防壁を壊し人々に暴力をふるうことができないよう肉壁となって闘うつもりだ。」とFOXニュースで宣言しました。


コックス氏は、「大統領就任式の秩序は警察が維持すると考えていますが、ライダーたちはいつでも警察を援護できる態勢でいる。」と述べました。
ライダー集団(Bikers for Trump)は自警団員ではありませんが、彼らは政治上の一勢力であり、彼らやトランプ次期大統領を怒らせようとする者たちを哀れに思っています。


当日、DisruptJ20を含む複数の反トランプ集団が大規模抗議デモを計画しています。極左の泣き虫マイケル・ムーア氏は大統領就任式を必ず妨害すると宣言しました。

100人のメンバーからスタートしたトランプ支持のライダー集団(Bikers for Trump)は今では全米から20万人以上のライダーがメンバーに加わっています。

彼らは大統領就任式が無事に執り行われることを願っていますが、手に負えない事態になれば、彼らが介入することになります。彼らはトランプ大統領を背後からしっかりと守ります。